共生                              斉藤 一治


お母さんが、息子に、スーパーから「卵」を買ってくるよう、使いを出しました。

 

その息子、卵の代金を払い終った後、不注意で、買った卵を床に落としてしまいました。

 

そうしましたら、店員さんが走って駆け寄ってきて、 「服は汚れていませんか、靴は大丈夫ですか」と言われ、「大丈夫」と返すと、 

「新たに、同じ卵を持ってきますからね」と言って、新たな卵を渡されたという。

 

この顛末を息子から聞かされたお母さんが、そのスーパーに電話をして、 「息子がお世話になりました、息子が割ってしまった卵の代金を払いますので、これから行きます」と言いますと、 「はい、ありがとうございます。

しかし、改めて、お客様にお支払いいただくことは結構でございます。

お気遣いいただきまして、ありがとうございました」と返ってきました。                                      

 

これは、そのお母さんから、直接、私が聞いた話を簡略にまとめたものです。

ここにあるものは「情け」です。

 

相手を思い、気遣う、そして愛しい者として「慈悲」を共有する情緒に生きている人です。 

これこそ、本来の日本人です。

 

親子の関係に「情け」を感じるのは「哺乳類」だけであり、 親子だけではなく、他人にも「情け」を覚えるのが「人間」です。

 

西洋「文迷」に汚染されるまで、日本人は、まっとうな「人間」でした。

 

日本人の習俗・生活が、「自然の摂理」に適合した共生を実践し、心身ともに健康なものであることは、江戸時代から明治初期に日本に来た多くの「西洋人」が、驚きとともに絶賛していることから知ることが出来ます。

 

彼らにしてみますと、自分たちが失ってしまった「地球遺産」を現実に目にした「驚異」であったのでしょう。

 

更に、彼らは、このような「遺産」を破壊して、日本および日本人を、彼らの支配下にしておかないと、夜も安心して眠れないと決意したのでしょう。

 

1546年「以後よろしく」、ザビエル来日以来、日本は「西洋文迷」に少しずつ、確実に汚染されていきます。

 

明治維新は「維新」ではなく、「西洋」に占領され、その傀儡政権の誕生でした。

 

西郷隆盛(薩摩)は、西洋を「野蛮」と喝破しました。 

大久保利通(薩摩)は、西洋を「文明」と酔いしれました。

 

ご承知のごとく、その後の日本は、「大久保」路線の後継者である伊藤博文(長州)とその末裔による傀儡政権が、今日まで継続されてきています。

 

政権が「このような体たらく」であれば、国民も同様です。

敗戦後は、この「遺産」が根絶させられました。

 

家族制度が否定され、家族という絆さえ捨て去られ、個「人」に分割させられました。

 

男女同権と言い、「雄と雌の区別・役割分担」という「自然の摂理」さえ、踏み躙られ、 結婚制度そのものまで、葬り去られようとしています。

 

これに代わって、登場してきたのが「拝金主義」と言う「悪魔教」です。

 

つまり、ザビエル以降、日本人は「悪魔教」に取り付かれてしまいました。

 

食生活・食べものも「日本人の伝統食」から、大きく離脱して「西洋」の真似ごとに走り、 飽食を謳歌して、栄養失調になり、自然治癒力が低下し、がんを始めとする生活習慣病や精神病に苦しみ、(病気を根治できない)西洋医学という「幻想」にすがり、心身ともに搾取されています。 

そして「ポイ捨て」されています。

 

これこそ「悪魔の連鎖」です。

人々は、運命共同体から切り離された個「人」ですから、 頼る人も無く、絶えず、不安で、イライラし、 自己の正当性だけを主張しなければ、生きてはいけない状況に追い込まれています。

 

しかし、権力には弱く、権力に立ち向かうことができない、その「ストレス」を、自分よりの「弱い立場」にある人たちに爆発させ、ストレスを発散し、自分の正当性を確認して、一人「酔い痴れ」ています。

 

親子にも「情け」は消え、 親は「子」を「溺愛」したり、「お荷物として無視」するかの両極端に走りますが、 子供にとっては、どちらも同じ「仕打ち」であり、本来の「情け」を懇願しているのです。

 

「情け」を取り戻しましょう。 

あらゆる生命は、自分が一番愛しいのです。

 

その自分が愛しいのであれば、まずは「他人」を愛しいと思いましょう、 これが「慈悲」であり「情け」です。

 

人は「人」(人に支えられている)であり、一人では生きていられません。

あらゆる生命も支えられて生きています。

 

「共生」という「自然の摂理」に従順に生きていくことでしか、健康な心身を満喫し、維持していくことはできません。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放