傷を消毒してはいけない                     平沼 載彦


消毒薬や消毒液は「使わなくてもいい」のではなく、「使ってはいけない」のです。

 

怪我に対しての消毒は禁忌行為なのです。

 

人間というのは、自分から分泌される物質で自己治癒していく能力を持っていて、消毒薬は「その力を阻害する」ことになってしまいます。

 

消毒薬は、人体の傷口を修復する有用な細胞まで殺してしまうのです。

 

これは、抗生物質が人体内にある有益な細菌までも殺してしまうことと似ていることかもしれません。

 

人間の持つメカニズムは、傷の修復に対しても強力なメカニズムを持っていて、それを助ける方法が真実の怪我への対処です。

 

あと、広くおこなわれている「傷口を乾かす」のもしてはいけないことです。

 

消毒液を使うと、傷の治りが遅くなり、また、そこに、傷口を乾燥させることが加わりますと「傷痕が長く残りやすい」です。

 

これは、「パラダイムシフトは専門家や指導者たちによってなされるのではなく…」という記事で少しふれたことがありましたが、自分で怪我をして調べている時に初めて知ったものです。

 

しかし、意識して向かい合えば、実は「常にアドバイス」は存在していたのです。

 

たとえば、バンドエイドに「キズパワーパッド」という、直接、傷を治すタイプの絆創膏があります。

 

その説明書には、以下のようにあります、これは、ウェブサイトの「使い方」というページにも書かれています。

 

正しく効果を得るために

 

・キズは水道水でよく洗ってください

 

・消毒剤やクリームなどは塗らないでください

 

・ケガをしたらすぐ使ってください

 

あるいは、医療用の止血剤入りのパッドである「ヘモスタパッド」の説明にも、注意書きとして「消毒剤は使わないで下さい」とあります。

 

傷を治すためには消毒薬はむしろ良くないものなのです。

 

もう少し具体的に書きますと、名古屋のさかえクリニックという病院の院長さんが書かれた「早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療」から最初の部分だけを抜粋します。

 

1:傷は消毒しない。

 

2:傷には、直接ガーゼを当てない(被覆材の上からはOK)。

 

3:傷はすぐに水道水で洗う(できる限り異物を除去する)。

 

外科医の夏井睦さんは、傷の治療について今の医療や治療についての「間違った常識」として、ウェブサイト上で以下を上げています。

 

間違った傷への対応

 

1. 傷は必ず消毒する。消毒しなければいけない。

2. 傷は消毒しないと化膿する。傷が化膿しないように消毒している。

3. 傷が化膿したので消毒する。

4. 傷にはガーゼをあてる。

5. 傷は濡らしてはいけない。縫った傷は濡らしてはいけない。

6. 痂皮(かさぶた)は傷が治るときにできる。痂皮ができたら傷が治る。

 

これはすべて「間違っている」のです。

 

正しいのは、すべて上の逆で、

 

正しい傷への対処

 

1. 傷は消毒してはいけない。消毒は,傷の治癒を遅らせ妨害しているだけの無意味な行為である。

 

2. 消毒しても傷の化膿は防げない。傷の化膿は別のメカニズムで起こっている。

 

3. 化膿した傷を消毒しても,治療効果は全くなく無意味である。

 

4. 傷にガーゼをあてるのは,創傷治癒を遅らせる行為である。

 

5. 傷はどんどん洗ったほうが良い。傷の化膿の予防のためにも,治癒を促進させるためにも最も効果がある。縫合した傷も洗ってよい。

 

6. 痂皮(かさぶた)は傷が治らないときにできる。痂皮は創治癒がストップしているからできている。痂皮は創治癒の大敵である。

 

これまで医療で常識としておこなわれてきた方法は「ほぼすべて逆だった」ことがわかります。

 

私は小学生の時に転んだ時の膝の怪我の「傷跡」が長い間、黒いままで、大人になっても残っていました。

学校で処置を受けたのですが、今でも覚えていますが、赤い消毒液をつけて、傷口にガーゼをつけて、止血した後は傷を乾かす、ということになっていたと思います。

何十年も傷跡が残り続けたのは、これが原因だったのだと思います。

 

消毒がなぜいけないのかということについて理論的なことをお知りになりたい場合は、夏井医師の「生物学的な観点から消毒法,消毒薬を俯瞰すると」というページに、膨大な検証と理論が書かれています。

 

ちなみに、日付けを見ますと、そのページがアップされたのは 2001年のことで、今から 15年前にはこの「正しい傷への対処」がこの世に存在していたことがわかります。

 

しかし、今でもなお、病院でも学校などでも「傷を消毒する」という一番してはいけないことが続けられています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放