健康食情報                          本間真二郎


<食事法>

不食、断食、フルータリアン、ビーガン、マクロビオティック、糖質制限食、ケトン食、MEC(肉・卵・チーズ)食、PUFAフリー、

グルテンフリー、ローフード、分子整合医学的な食事・・・ 

 

<◯◯が身体に良い・悪い>

玄米、菜食、小麦、穀物、雑穀、肉、牛乳、大豆、砂糖類、多糖類=炭水化物、動物性たんぱく、植物性たんぱく、動物性の油、

植物性の油、ω3・6・9・・・

 

次から次へと食事法、健康法、栄養学が出てきています。

勉強すればするだけ何が正しいのかわからなくなります。

これらの中にはお互いにまったく正反対な意見のものもたくさんあります。

 

それぞれの本や記事の中では、あたかも自分の意見・理論が正しいかの様に、一見理論的に、整合性をもって書かれているのに、なぜ、こんなにもたくさんの相反する意見が出てくるのでしょうか。

 

食事は健康と関係ないという極論すらありますが、これは全体が観れていない短絡的な考えです。

人の身体は食べたものでできていますので、やはり食事の内容は最重要だと思います。

また、何を食べるかは、自分だけではなく他のもの(生き物や環境)にも影響を与えていくからです。

 

さらに私は、食をどうするかが、最も人間性の出るところだと考えています。

食は命を頂くことであり、世界(全体)に対して自分(部分)がどのようなスタンスであるかの表現です。

食を見ればその人がわかる、まさに縮図なのです。

 

人は自分の考えや理論に沿うものを集めやすいという傾向があり、自己正当化バイアスと言います。

このバイアスを外す方法はいくつかありますが、最も重要な方法は、理屈(理論)ではなく「事実だけ」を見ることです。

 

現代では、ほぼ無限にどのような情報でも得られますし、その情報をどのようにでも解釈できる時代です。

重大な事実を無視して、自分の考えに合う枝葉の情報を組み合わせれば、どのような理論でも組み立てられてしまいます。

人の思考やそれを組み合わせた理論や理屈には、必ずこの自己正当化バイアスがかかります。 

 

かくいう私の意見にも自己正当化バイアスがかかっていますので、私の判断基準(バイアス)をはじめに明確に宣言しておきます。 

 

私の場合は、何かを判断する場合、自然に沿っているかどうかで判断しています。

自然の法則は人だけに当てはまるシステムではなく、動物にも植物にも微生物にも環境にも当てはまるのです。

 

すべてはつながっていますので、どこかに負担をかけることは、最終的にはすべてにとって(人にとっても)よくありません。

「物事を広くみる」とはこのことを言うと思います。

 

つまり、私のお勧めしているすべての食や健康法は、自分のみならず、家族も、他の人達も、人以外のすべての生物も、環境も良くなる方法なのです。

そうでないものは、自己正当化バイアスがかかった思考の産物であり、必ずどこかが間違っているのです。 

 

では、食事と健康に関する「最も重大な事実」を見てみましょう。

 

戦後の日本の3大栄養摂取量と現代病(がん、アレルギー、自己免疫疾患、高血圧、糖尿病、肥満、うつ、自閉症・・・など)の

激増(うなぎのぼりに増えています)の関係を最も単純に、あらゆるバイアスを外して事実だけをみます。

 

もちろん、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、様々な汚染物質(公害、農薬、添加物、重金属、抗菌グッズ、薬、ワクチン、精製塩、

塩素、フッ素、遺伝子組み換え、放射能・・・など)、さらにはメンタル(心)の影響もとても大きく、考慮する必要がありますが、まずは何はともあれ、最も重大な部分である3大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)をみます。

 

①総糖質(炭水化物を含む)は減少

このうち単糖類、二糖類は激増、多糖類は激減、食物繊維は激減

 

②総タンパク質は横ばい

このうち動物性は増加、植物性は減少

 

③総脂質は激増

このうち動物性は激増、植物性は増加、植物性ではω6は増加、ω3は横ばい 

 

 

これらからわかる結論は・・・

①総摂取量を見ると糖質、タンパク質よりも脂質が最も重要かもしれない

 

②脂質のうち、動物性(飽和脂肪酸)と植物性(不飽和脂肪酸)のどちらが悪いのかはこれだけではわからないが、おそらく動物性の方が悪い

 

③植物性脂質の中では、植物性全体の摂取も増えており、ω3/ω6のバランスから考えると、ω3を増やすよりもω6を減らすことが重要

 

④糖質が問題あるなら精製糖(単糖類、二糖類、さらに白米などの精製された炭水化物も)、タンパク質が問題あるなら動物性の方

 

 枝葉の話はさておいて、まずはこれらが食についての基本で、あらゆることに優先する「事実」になります。

 

 

 次々と健康論、栄養論、食事論・・・が出てきますが、ここから大きく外れるものは、どんなに論文を引用しても、どんなに理論的であっても、どんなに言葉巧みに誘導していても「事実」からはズレていることになります。

 

つまり、自己正当化バイアスにより捻じ曲げられた理論になります。

 

 以上が、食に関する情報を判断する時に枝葉の部分ではなく、まずはもっとも大切で基本的な事になります。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放