健康回復                            工藤清敏


病気を治す、その別の言葉。

 

少し意味合いは違う。

病気を治すことが目標ではなく健康を回復すること

 

ほとんど同じ意味合いだが

この宇宙で生きていくこと、そのことまで含めて健康と病気を考えてみる。

 

とても大きなテーマだが僕には合っている。

 

痛みが止まったり怪我が治ったりすれば、それでいいのか

その疑問がある。

 

感染症や肺炎で亡くなって、大殺菌、大清掃でよかった、よかったでいいのか

 

ガンになって、攻撃、攻撃、殺菌、殺菌でいいのか

 

アトピーで、殺菌クリームを塗って塗ってそれでいいのか

 

高血圧で、クスリで下げてそれでいいのか

 

僕の視点からは、論理的でない、科学的ではないとんでもない治療に思える。

 

まずは、原因にアクセスしないから。

原因を見ずに、殺菌か、身体化学反応をいじるかだけ。

 

原因に対応しない医療って、医療って言えないのでは

 

現代医学だけが他の学問から遅れている。

遅らされている。

物理学や細菌学 などで新しい知見があり、波動や細菌のサポートで身体は物理的に治すことができる。

 

しかし、あくまで化学精製薬から抜け出せない。

それを使い続けるための医学そしてその治療システム

 

この誤魔化しが効かないところに、時代はきつつある。

ほとんど意味のない治療をしていたなあって笑う時が来るだろう。

 

生活習慣病においての話ですが。

 

多くの病名で人を惑わすが、それは化学物質の種類と人間がつくるホルモンの種類との掛け合わせ。

 

人が持つ免疫システムと自然治癒力を活用しない的外れな医学が現代医学だ。

 

その的外れな医学だが、その利権者がその中心にいることから、そこから外れることができない。

 

その利権者に連なる賢い人が国民保健システムを支える。

 

僕らは9割引や7割引で治療が受けれる。

 

日本の国民医療保健が外国より優れているという僕らの常識は植えつけられたものだ。

僕らはしっかり教育されて、その無駄に気づかないようになっている。

 

みなせっせと健康保険料を払い、そのお金は誰かに吸われている。

 

塩の大切ささえ理解できない。

テレビや新聞でお医者さんや学者さんが言うことを信じる。

9割の人は未だ塩の重要性に気づけないでいる。

そういう僕も何も知らずに30歳になり、縁があって塩の大切さが少し分かった。

 

少し分かっても行動は控えめだった。

結局僕がしっかり「増塩」行動するまでは10年以上かかった。

 

洗脳が解けるには時間がかかる。

 

どうか周りの人が、増塩しないからといってイライラしないでね。

 

健康回復 それは魂、心、肉体の全てにおいて。

 

痛みや痒みやだるさや腫れは、全て自然治癒反応。

 

胃に穴が開くのも、開いたから痛い、痛いからどうするか考え行動する。

天が教えてくれる細胞さんや菌さんが教えてくれる

 

学びや気づきがないと痛みは続く、痒みは続く。

 

身体が治っても、心が変わっていないと同じことが起こる。

 

退院しても同じ家、同じ職場、同じ旦那では治らない 再発する。

 

同じ距離、役割なら治らない。

 

その人の魂、心が変わってこそ回復が始まる。

 

食事が変われば治る人もいる。

その食事さえ変えられない人も多い。

 

食事を変えても治らない人もいる。

そういう人は、生き方も変えなさいという天啓に預かっている。

 

病気を治す そこにこだわらない、それが健康回復の考え方。

 

自然な食事をきちんと一年実行すれば2人に1人は良くなる。

それでも治らない人は、生き方も180度変える。

生き方を変えても治らない人は、諦める。

 

いつ死んでもいいわ と腹をくくる。

 

たとえ30歳でも、ここまで生きてこれただけでもありがたい!

そう思えばいい。

 

どれだけ人が死んでいることか、動物だってどんなに死んでいるか

 

どれだけ他の命を食べてきたことか。

大して感謝もせず。

 

病気にフォーカスしない、病名を信じない

ただ、心と血液をきれいにするだけ。

もっと自由に生きること

もっと創造的に生きること

もっと楽しく生きること

 

そこにフォーカスする。

 

事故や怪我でもない限り、病院とは、おさらばすること。

クスリは3ヶ月以内に辞めること。

 

健康回復は、自分を自由にし、創造的に生き、自分を信じて褒めて笑うこと。

 

 

健康回復はひょんなことから始まる。

 

慢性病に悩んでいる人は多い。

 

慢性病だって。

 

これも現代医学がつくりあげた妄想だ。

 

言葉でだまされる。

 

 

そもそも慢性病にしたのは、あなたの治療のおかげですからね。

 

何年も何十年もクスリを飲み続けさせる悪しき治療システム、その医学は利権のかたまり。

 

普通に新聞読んで、テレビを見ていたら、誰もが教育させられる。

減塩して、太陽光線を気にして。

プシュっていってビールもどきを飲んで化学アルコール飲んでアミノ酸という名の化学物質と巧妙な保存剤のつまみで。

 

慢性病は、生活習慣病に名前を変えた。

 

これは僕から言えば進歩だ。

 

しかし医学も病院も生活習慣を本気で治すように指導はしない。

 

そこに保険点数をしっかり中央審議会がつけないので病院はそれを診療の核にできない。

薬を出さずに、手術は最低限にしたら経営できない。

理想を掲げたら、1/10の給料かもね。

 

ガンの三代治療じゃダメだなあとお医者さんは思っても、だからといって他の治療法を勝手にやれるもんじゃない。

 

やってとがめられた医師もいる。

 

ひどいのは事件をつくって医師の資格を取り上げる場合もある。

 

まるでテロと同じ。

 

水道に塩素を入れるためにときどき事故をつくるようなもの。

温泉に塩素を打ち込むためにときどき事故をつくるようなもの。

生肉食べて食中毒事故を仕掛けるようなもの。

 

あっちは徹底している。

 

 

心の深い部分 魂というか 死の概念も大して意味がない、しかし生きる意味は大切なこと

 

そもそも病気自体が生き方の再転換のメッセージと考える。

 

死にとらわれない、怖れない

 

身体自体が天からの贈り物 借り物、そう思って生きる。

 

穏やかな精神、平和な精神、自分を自然の一部として客観的に見る 川を流れる一滴の水のように川全体になっている。

僕は流れている。やがて海に流れ込む。

川を流れている間が今世で、海に流れ込んでそしてあの世となる。続いている。

ガンになって第4ステージでも、それは現代医学の数値のくくりだ。

 

変な宗教に引っかかってもいい。

財産は取られたりするが 転地療法もいい。

そんな場所作りも最近取り組んでいるが。

 

出会いや旅で、心がひっくり返ることもある。

大切なことは、自分の考え方が変わることだ。

同じ視点では、健康は回復しない。

 

たまたま出会った治療が縁で、人生がどんどん変わることもある。

学びや気づきで視点が変わると同じ世界なのに、違う世界が見えてくる。

 

肉体、ボディワークで変わっていくこともある。

血流が良くなって、前向きになることもある。

 

塩一つで変わることもある。

滞っていたエネルギーが動き始める。

 

魂と心と肉体 総合的なアプローチが望ましいがどこから入っていってもいい。

 

自分で自分を健康回復させるには、入り口は広い。

 

しかしそこは深い。

 

つらいだろうが、つらい今をどこかで楽しむ精神が必要だ。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放