健康を意識しない                        斉藤 一治


生命には、自然治癒力という恒常性維持機能があり、生命一つひとつが共生・共存の基で大調和の世界に生きています。

人間も同じ生命ですから、自己防衛本能が存在しています。

人間という固体に、自分以外の物が入ってきましたら、自己防衛本能が作用して、異物・毒物と判断し、抗体を作り、これを排除して、恒常性維持を維持しようとします。

これが自然治癒力としての拒絶反応です。

 

例えば、食べものも自分ではない「異物・毒物」ですから、排除しようとします。

これですと、生命を維持していくことができません。

そこで、私たちの生理(自然)は、巧妙な仕掛けを用意していただいています。

つまり、食べものをいただくときに、良く噛みますと唾液が分泌され、この唾液(自分)と細かく砕かれた食べものがグチャ混ぜ状態で、胃や腸に送られますと「これは異物でなく、自分だ」と判断されます。

これで腸内での消化吸収がスムーズに進行されていきます。

 

食べものでさえ、唾液と塗して送って差し上げないと、腸様に拒絶され、排除されてしまいます。

まして、他人の血液を自分の体内に輸血いたしますと、完璧に拒絶されてしまいます。

今の医学は、一時的に、緊急事態の場合に、血液が大量に流出してしまいますと「適合性のある」他人の血液を補充いたします。

 

以下、「血液と健康の知恵」(千島喜久男著)から引用させていただきます。

だから他人の血液を輸血されると霊妙な人体の働きで直ちにそれは異物、有毒物として肝を刺激し、血液がそこへ集中して肝炎を起こし、集中した赤血球が白血球を経て肝細胞に変わり肝は腫大し、それが慢性になると結合組織に変わり、肝硬変になったり、場合によっては肝臓ガンにも変わるわけである。

最近肝炎が急増しているのは、その大半は輸血によると云う学者もある。(中略)

自然や神は生体に生きるためのあらゆる知恵や本能を与えている。

失血すれば、それを補うために体の総ての組織や細胞は直ちに動員されて、その失血を補充するための活動を始める。

それには、一定の時間が要するが、それが自然治癒力というものである。

即ち脂肪や組織から血球に逆分化して失われた血液、血球を自然に補う仕組みになっている。

それを人間の浅知恵で、1リットルの血液を失えば、それだけ輸血によって補おうとするのは、不自然、即ち神の掟に反する行為なのである。

引用以上

 

つまり、食べものが腸内で血液になり、この血液が細胞となり、細胞が体(体組織)を作っています。

出血した場合には、この細胞(脂肪や体組織)が血液に戻っていくということです。

現代医学は、この可逆性を信じていません。

 

地球の科学の特徴は「生命を知らない」ことです。

そこで千島博士は、(海水と等しい)「0、8%の食塩水」を飲むのが「一番自然な失血に対する治療法である」と記述しています。

続けて、「もしもっと早く、恢復させようとする場合には」リンゲル氏液(リンゲル・ロック液)を勧めています。

更には、生きている人間の腎臓を買って、自分に移植(させる)手術をさせた医師が臓器移植法違反で逮捕されました。

そもそも、臓器移植など「人間の浅知恵」で「不自然、即ち神の掟に反する行為」です。

 

私たちの体は、自動車のような工業製品ではなく、天からの預かりものですから「部品の交換」など出きるはずがありません。

決して、傲慢や奢りを持ってはいけません。

 

私達は心臓ひとつ管理することさえできません。

すべて「天の采配」にお任せするしかありません。

天、神佛、大自然に大して畏敬の念を持つと同時に、従順になり、心から感謝してまいります。

 

人間以外の生き物は、この「法則」に従って生きていますので「健康」を意識することなく、病氣になることもなく、介護の世話にもなりません。

生命として先輩であります皆様に素直になって、学びます。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放