健康へのアプローチ                       健揚


健康の回復・維持・増進のキーワードは東洋医学の「万病一元」、すべての病気の原因は血液にある、です。

その血液の汚れについて、血液のライブ観察(生きた血液細胞の観察)という手法を用いて把握し、食生活の改善を中心にして、血液をきれいにしていくことをおすすめしています。

 

1,今の医療に足りないもの

2,万病一元

(1)すべての病気はお血が原因

(2)お血についての考察

 

3,自然の法則 ~活性酸素を誘発する食品添加物~

4,血液をきれいにする食事のポイント

(1) 丸ごと食べる 【一物全体食】

(2) その土地でとれたものを食べる 【身土不二】

(3) 体に合ったものを食べる 【適応食・人類本来食】

5,心の持ち方でも変わる血液

(1)ストレスって何でしょう?

心のもち方によって汚れる血液/ストレスって何?/適度なストレスは、努力向上心をもたらす/鍛えれば強くなり、怠ければ弱くなる心

(2)ストレスの少ない心の持ち方

生きがいを持つ/責任転嫁をしない/思いやりを持つ。~3種類の喜び~

 

今の医療に足りないもの

 

技術革新とは裏腹に・・・。

近年の医療技術の発展はめざましいものがあります。

CTやMRIによって体の内部まで画像でみることができるようになりました。

内視鏡によって腸壁を観察し、その人の健康状態を即座に診ることもできますし、ポリープなどが見つかれば、手軽に手術もできます。

また遺伝子の解読によって、近年、自分がどんな病気になりやすいか、さらにSNP(スニ ップ)解析といって遺伝子を解析する技術ですが、これにより一人一人の遺伝子にあわせて、薬の種類や量を適切に出すこともできるようになるそうです。

 

科学技術万能・・・。

と思わず言いたくなりますが、しかし、いく ら科学が発達し、優れた解析や医療技術ができあがっても、 それだけで、本当に病気がなくなり、健康で幸福になれると いうわけではもちろんありません。

 

少なくとも、今の日本に目を向ければ、物質や科学技術だけではどうにもならないという現状を目の当たりにできます。

 

年々医師数も増え、 確実に医療技術も進歩しているはずですから、ガンで亡くなる方も減ってよさそうなものです。

しかし結果は、ガンになる方も、亡くなる方も、今のところ増加の一途をたどっており、とどまる様子はありません。

アメリカでは近年、ガン患者が減っているというのにです。

こんな現実をみれば誰だって、今の日本の医療に「何か足りないものがあるんじゃないのだろうか」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

      医師数      ガン死亡者数

1970  11万9977   11万8990

1986  19万1346  19万1645

1996  23万      27万

 

病気の根本的な治療

まず一つ言えるのは、今の日本の医療は、病気という結果の解析方法の研究開発ばかりが先行して、その病気がもたらされた根本的な原因や解決には、あまり目が向けられていないということです。

 

今日、日本人のかかるの病気の9割は、食生活などの生活習慣が積み重なって起きる慢性病であると言われます。

心筋梗塞や脳溢血などの、一見突発的な病気も、5年10年と続く生活習慣や食習慣の乱れによってもたらされるもので、いわば、知 らず知らずのうちに、病気がどんどん進行していたものが、 ある日、突然のように、目に見える病気として現れるだけです。

 

もちろん、それらの慢性病を治すには、原因である乱れ た生活習慣の改善や、正しい食習慣の継続的な指導が必要なのですが、しかし、今の日本の医療は、命に差し障りがあるほど進んでしまった症状の応急処置をする救急救命処置術に偏ってしまっているというのが実状ではないでしょうか。

 

心と病気

そしてもう一つ、目を向けなければならないものがあると思います。

 

1996年、「ガン勝利者の会」が発足しました。

中心とな った人物は、当時NHKのプロデューサーだった川竹文夫さ んで、1990年、ご自身が右腎臓ガンの摘出手術をされた経験を持っていらっしゃいます。

 

1993年には、手術、抗ガン剤、放射線などの現代医療とは別な方法によって、ガンから生還した人たちを紹介する「人間はなぜ治るのか」 という番組を制作し、大きな反響を呼びました。

 

その川竹さんが、前述の「ガン勝利者の会」の第1回のセミナーで、ガンになる原因を説明した、「氷山のイメージ」が、今の医療に足りないものをうまく指摘していると思いましたので、 少し変えて引用させていただきます。

 

興味深いのは、よくガンの原因として指摘される喫煙や、食事、生活習慣の乱ればかりでなく、その人が生まれてからガンになるまでの心の問題を取り上げているということです。

 

さらに、川竹さんは、ガンと知らされた後の心の持ち方が非常に大事で、生活習慣だけを変えても、その後の価値観や心の持ち方を変えるように努めなければ、ガンも克服しにくく、また治っても再発しやすいのではないかと指摘していらしゃいます。

 

この話からも分かるように、つまり、今の医療に足りないもう一つのものとは、心の問題です。

 

このことに関して専門に研究しているのが、最近注目を集めている精神神経免疫学です。

これは、心と免疫の関係を解明しようとするもので、それによれば、「恐怖、不安、悲しみ、絶望な どの否定的な心理状態は免疫機能を著しく低下させ、病気を治りにくくするばかりか、悪化させてしまうことさえある。

反対に、安心、喜び、希望、愛などの肯定的な心理状態は、免疫機能を速やかに上昇させて、病気を回復に向かわせる。 」

 

これはガンに限らず、ウイルス性の病気(もちろん当てはまらないものもあります)や、心臓病や胃腸病などの病気にあてはまると思います。

 

医療が医術になっている

代替療法に関わっている医師の方が言っておられました。

「医療というのは、本来、医師と患者の心が通い合ってはじめて効果的な治療が可能になる、文系的な要素の強いものなのに、今の病院は、医者が医術を施しているだけの理系的なものになっている」

 

確かに、もし、今の多くの病院に医者と患者との心の通い合いがあるなら、激しい副作用を伴うわりに、実際にはそれほど治療効果の上がらない薬物や放射線などの化学的な療法が、なぜ用いられ続けるのだろうかと疑問に思ってしまいます。

苦痛や不安を訴える患者に、もっと苦痛が少なくて希望の持てる療法はないものかと、心を重んじる医師であれば、探し回るのではないかと思うのですが・・・。

これを読まれた方はどう思われるでしょうか。

 

私たちがどうすれば、自分の健康を守っていけるのか、また病気になったとき、どうすれば効果的にその病気を克服することができるのかを考えていきたいと思います。

 

人間の体には、全長10万キロメートルといわれる血管があります。

そのうちに約90%は、毛細血管(直径1000分の5ミリメートル)を含む微少循環(同1000分の30~40ミリメートル)といわれる細い血管です。

といっても毛細血管などは、体の表面では、皮膚の直下にある真皮層(しんぴそう)に網の目のように張り巡らされていて、管というよりはむしろ面といった方がよいようです。

いずれにしても、血液は、この全身に張り巡らされた血管を通じて体中を巡ります。

そして各臓器や体壁、皮膚表面などの細胞を行き来して、酸素や栄養を届け、老廃物や二酸化炭素などのガスを回収しているわけです。

 

たとえれば、血管は全国に張り巡らされた大小の交通道路網、もちろん、全国というのは私たちの体です。

そして血液は、全国の顧客(全身の細胞)に荷物を運んでいく宅配便業者であり、同時に、各家庭で毎日出されるゴミを回収するゴミ清掃業者でもあるということです。

 

この宅配と清掃(人間でいえば代謝活動)がうまくいっていれば問題ないのですが、しかし、うまくいかなくなることもままあるわけです。

届くはずの荷物がいつになっても届かなかったり、朝のうちにやって来るはずの清掃車が昼になっても来ないということがあったりするのです。

 

たとえば、渋滞して交通の流れが悪くなったり(糖分や脂肪の摂りすぎで血液が汚れ、赤血球同士がくっついて、血液の流れが悪くなるなど)、整備不良でエンストしてしまったり(栄養不足で形の崩れた赤血球になったり、元気がなくなって十分に働けない赤血球など。整備不良とは悪い食生活です)、時には、事故にあったり、大地震に見舞われて道路が寸断し、車が大破する(私たちの体言えば事故やけが、捻挫や打ち身、手術など)といったようなことがおこったりするわけです。

 

こうして毎日のように、道路をスムーズに流れることができない、エンストした欠陥車がでてくるわけですが、これが、つまり血ということです。

正常な血液の流れから取り残された欠陥血液です。

そして、その欠陥血液、血が原因となって二次災害、三次災害が起きたりします。

障害物がある道路では事故が起こりやすいように、流れの滞った血がある血管付近では、正常な血液の流れも阻害されて、さらに血が増えたりするのです。

 

3,自然の法則 

~活性酸素を誘発する食品添加物~ 

 

きれいな血液を作るのに、一番大切なのは食生活です。

人を良くすると書いて「食」という字になりますが、私たちの身体も精神も、何を食べたかによって強く影響されます。

 

その食べ物の取り方に関して、心がけたいのは、なるべく自然なものを自然な形で食べるということです。

 

飽食の国の落とし穴

現在、日本は飽食の国と言われています。

スーパーやデパートに行けば、日本中、世界中のありとあらゆる生鮮品や珍味が並べられており、お金さえ出せば誰でも手に入れることができるようになりました。

また、わざわざ調理しなくても、温めるだけで簡単に食べられるインスタント食品、レトルト食品など加工食品の品数も大変豊富になりました。

 

この一見便利な生活を可能にしたのが、大量生産、大量輸送、そして食品添加物と農薬ですが、問題なのは、その食品添加物と農薬の毒性です。

 

チリも積もれば・・・。

一般に、一つの食品から摂取される食品添加物は微量で、それにより、病気になるとは考えづらいと言われているようです。

しかし、長い間食べ続ければ、体に蓄積されて病気を引き起こします。

「セルフケアのすすめ」のところでも書きましたが、人間が一生のうちで体内に取り込む食品添加物の量はドラム缶一本分を越えると言われています。

 

国民全体で人体実験

そして少なくとも、このような毎日食べる食品から多量の科学物質を摂るようになったのは、人類史上においてはここ数十年です。

いくら厚生労働省等が「それほど危険がない」と言っても、客観的に考えればまるで説得力がないことが分かります。

厚生労働省の出しているデータは、たかだか何年間かの動物実験が元になっているに過ぎませんし、様々な食品から複数の食品添加物を同時に摂取した場合、体内でどのような科学変化が起きるのかということは、調べてきれるはずもありません。

 

ちょうど今、日本人は、国民全体で人体実験をしているようなものです。

その結果が、そろそろ出始めています。

小児ガンやアトピー性皮膚炎、その他のアレルギー疾患の増加は、食品添加物との因果関係がかなり深いと言われています。

 

活性酸素の問題

ガンをはじめ、いろいろな病気の原因と考えられ、問題視されているもに活性酸素があります。

ガンで言えば、活性酸素が細胞のDNAを傷つけ、その傷ついた遺伝子をもった細胞がガン化していくということです。  

実はこの活性酸素を生み出す原因の一つが、食品添加物などの化学物質なのです。

 

活性酸素は、私たちの体内にウイルスや異物が入ってきたとき、それらをやっつけたり解毒するために、白血球などによって作られます。

ですから、生きていく上で非常に大切な役割を担っているわけです。

 

しかし、体内に入ってくる化学物質などの異物が、今は、食習慣や住環境の変化で非常に増えています。

そのため体内では、数十年前に比べて、かなりの量の活性酸素ができていると言われます。

生体には本来、活性酸素を消去する酵素や栄養分がありますが、現在はその能力が追いつかなくなっている状態であるということです。

 

人工的なものは活性酸素を生み出す。

長年にわたって食品添加物の研究をしてこられた同志社大学の西岡一先生が、活性酸素を誘発しやすい食べ物として示されたものに、たとえば、スポーツドリンクがあります。

 

スポーツドリン