健康の異常は全て炎症                  Dr. Mercola


肥満,インスリン抵抗性、2型糖尿病、歯周病気、脳卒中、心臓病気等多くの健康の異常は全て炎症が病気の一部をなします。

 

大多数の炎症病気は腸内で始まります。

 

腸内の慢性的炎症は多くの身体機能障害の原因です。

特定の細菌種と体脂肪の間には炎症応答を高め、炎症プロセスを促す関連性もあるようです。

 

例えば、ブドウ球菌等の病原体が生産する超抗原?毒性分子が脂肪細胞に作用して2型糖尿病の発病に当たって機能を果たしていることを近年の研究が示しています。

 

炎症による「完璧な嵐」が糖尿病を促す

肥満な人は痩せた人と異なる腸内細菌を持っていることを以前の研究が示しています。

スマートな人は病原体細菌のコロニーが拡大する傾向のある肥っている人より種類が多く健康的または善玉細菌を持つ傾向があるそうです。 

 

例えばヒトアデノウィルス-36 (Ad-36) --

呼吸器感染や伝染性結膜炎の原因  が 成人幹細胞を脂肪細胞に転換しこれがさらに脂肪を堆積させることで肥満を促しているようです。

 

ブドウ球菌や大腸菌等特定の腸内細菌や脂肪細胞に炎症サイトキンの生産を開始させることも研究からわかっています。

研究者らはこの相互作用が肥満の周知の「副作用」である糖尿病を発病させることを示しています。

 

ブドウ球菌は特に糖尿病で主要な機能をしているようで、今回の特集記事によると、これには2つの主な原因があります:

 

肥満な人にはブドウ球菌のコロニーが大量に発生しやすい

ブドウ球菌は糖尿病による足潰瘍に最も普通に見つかる細菌

ブドウ球菌と大腸菌(両方とも超抗原を生産する)が共存すると、脂肪細胞内の炎症サイトキン応答が増幅し、糖尿病のリスクを高めることを発見しました。

 

以前の研究も同じ結論に至りました。

ビフィズス菌(善玉菌)が多くブドウ球菌が少ない赤ちゃんは余分な体重増加から保護されているようであることを発見しました。

 

ビフィズス菌は母乳で育った赤ちゃんの腸内で繁栄しているので、母乳で育つ赤ちゃんは肥満になりにくい理由の一つであるようです。

 

歯周炎と心臓の健康の関連性

慢性的病気の発病において炎症が機能していることに関連するあるニュースの項目さらに焦点を当てました。

研究者らが口内の健康は心臓血管と心臓の健康に大きく影響することを発見したのはこれが最初ではありません。

 

例えば、2010年のある研究は口内衛生が最悪の人は心臓病になるリスクが1日に2回歯を磨く人より著しく70 %も高いことを発見しました。

 

この予測研究では、歯茎の健康がよくなるとアテローム性動脈硬化(心臓病気、脳卒中、死亡のリスクを高める動脈内のプラーク堆積)の進行を大幅に遅くしました。

 

ここで特定の細菌がコロニーを口内に形成することから歯周病が起きるので細菌に重要な機能があります。

ところでこの細菌特性は腸内の善玉菌と病原体のアンバランスともつながっています。

発酵野菜を日常の食事に追加してから数か月後、私は歯のクリーニングのためにクリニックに行く頻度が毎月から3か月に1回へ減りました。

 

私は長年歯垢が着きやすい問題があったので、発酵食品も食べるようにしたら、この問題を解決するのによい必須の欠乏栄養素であることがわかりました。

歯周病は骨とこれと接触する組織に発生することを把握しておく必要があります。

 

この接触のため、細菌や毒性炎症化合物が容易に血流に入ります。

血流に入ると毒性化合物は血管内壁を損傷し、これが脳卒中や心臓発作につながります。

 

従って、炎症軽減は健康に欠かせないので、歯を規則正しく磨くことは体内の慢性的炎症と闘う1つの方法なのです。

 

 

心臓病は健康的ライフスタイル --

歯を規則的に磨いたり歯周病を予防し、健康的細菌が繁栄して病原体を抑制できる食品を食べることっで腸の健康を最適に保つこと等、簡単なことから成ります -- で過ごしていればたいていは予防できる異常であることについて、こうした研究等の発見した事実が確固たる証拠です。

 

食生活と環境要因が腸内細菌叢に影響する

善玉細菌で身体に「種を植えなおす」ことは概して賢い選択であると私は長年言ってきました。

これには滅菌処理していない伝統的に発酵させた以下のような食品を日常食べるのが最適です:

 

発酵野菜

ラッシー(温度のヨーグルトドリンク)

ケフィール等の発酵乳

納豆(発酵した大豆)

 

発酵食品がそれほど有益であることの理由の1つは、これらの食品には乳酸を生む細菌が含まれているからです。

乳酸はその他多くの善玉菌とならんで減量に特によいことが実証されています。

 

いろいろな発酵食品を食べ細菌の豊富な種類を最大化するのが最適です。

理由を問わず発酵食品を食べないことにした方には、高品質のプロバイオティクスのサプリメントはお勧めです。

 

残りの食生活が極めて貧弱なら発酵食品を食べるだけでは不足します。

腸内菌は身体の活性化された基幹部分をなしており、全体的なライフスタイルに非常に左右されやすいものです。

加工食品が多い食生活の場合、腸内細菌叢が壊され、悪玉菌やイーストばかりに栄養が吸収されて、健康的な腸内細菌叢は壊れてしまいます。

 

腸内細菌は以下のような要因のどれにも極めて弱いです

腸内細菌叢を最適に保つためには可能な限りこれらをすべて回避してください:

 

抗生物質、工場畜産肉や動物性産物の肉に残っている残留抗生物質を含む

農薬、特にグリフォセート

塩素処理水

抗菌ソープ

汚染

 

慢性的炎症を軽減するには食生活がカギをにぎる

よくある健康の異常(肥満や糖尿病から心臓病、脳卒中まで)に共通する基線はご想像がつく通り、慢性的炎症です。

口内の衛生に注意することは明白に重要な一歩ですが、体内の慢性的炎症を軽減するための真のカギは食生活です。

 

食生活は健康的ライフスタイルから得られる健康へのメリットの約80%のウェートを占め、炎症の抑制はこうしたメリットの重要な部分を占めます。

食事の内容によって炎症を起こさせるかその根本を体内に生じさせなくするかいずれかに作用することを念頭においてください。

 

例えばトランス脂肪や果糖を中心とする糖分は炎症を進行させますが、オキアミ油に含まれる動物性のオメガ3脂肪や必須脂肪酸γ-リノレン酸(GLA) 等の健康的脂肪を食べると軽減するのにプラスです。

 

Scandinavian Journal of Gastroenterology に掲載されたある研究でも、オキアミ油のサプリメントを食べると炎症や酸化性ストレスが効果的に減少することが再確認されています。

炎症を減らすには以下のような食生活の共犯者を避けることが必要です:

 

糖分/果糖さらに穀類(空腹時インスリン濃度が3未満でない場合、インスリン抵抗性は慢性的炎症を促すのでインスリン濃度が最適になるまでは穀類や糖分を一切止めることを検討すべきです)

酸化コレステロール(加熱しすぎのスクランブルエッグ等腐ったコレステロール)

高温で調理した食品

トランス脂肪

 

加工食品ではなく自然食品、最適なのは有機食品を食べると、特に食品の大部分を生で食べるようにすると、こうした要因の大部分を解決できます。

これと同じく重要な点は、定期的に腸内に善玉菌を蒔きなおすようにしてください。

 

繰り返しになりますが、最適な方法は種類豊富な滅菌処理していない伝統的発酵食品を日常食べることです。

ビタミンD濃度を最適に維持することも腸の健康や免疫力を最適化するために欠かせないもう一つの側面です。

 

近年のある研究によると、クローン病や潰瘍性大腸炎等の炎症性腸異常に対抗する際、ビタミンDが動物性オメガ3脂肪と同様の効果を持つらしいことが示されています。

この理由の1つはビタミンDが200種類を超す抗菌ペプチドの体内生成を促し、あらゆるタイプの感染から防御していることです。

 

一言で言うと、ビタミンDが不足すると免疫系が本来の機能を発揮できなくなります。

ビタミンDは免疫応答を変調(バランス)するので、炎症というかたちでの過剰な反応を予防できます。

 

グラウンディング?あまり利用されていない抗炎症ライフスタイル戦略

慢性的炎症の予防に役立つもう1つの簡単なライフスタイル戦略はグラウンディング(アージング)です。

最も簡単に言うと、アージングは単に裸足で歩き、身体を接地することです。

 

一般的にいうと皮膚は優れる導体なので、皮膚のどの部分でも地球とつながることができますが、様々な部位を比較すると足裏の拇指付け根のふくらみの中央が特にその力がある部位で、鍼では腎臓1 (K1)というつぼです。

 

この点は鍼の全つぼと導電的につながっているよく知られている点で、身体の隅々とつながっています。

 

グラウンディングしているときに何が生じるかを見ることで、慢性的炎症がなぜこれほど広まったのかということとその予防のために何が必要かへの回答がわかりやすくなります。

グラウンディングしているとき、大地から体内へ自由電子が転移します。

これらの自由電子こそ人間にとってもっとも強力な抗酸化剤です。

 

この抗酸化剤がグラウンディング実験から得られる脈拍の改善、血圧の正常化、皮膚抵抗の現象、炎症軽減等の臨床的によいことに役立っています。

さらに、研究者らはグラウンディングすると血液がさらさらになり粘度が低くなることも発見しました。

 

この発見によって現在世界で最大の死因である心臓血管病に深く影響があります。

心臓血管病のほぼ全ての側面は血液粘度の増加に関連しています。

 

グラウンディングすると、ゼータ電位が急速に上がり、赤血球の表面電荷が増すので、相互に反発し合うようになります。

この活性が血液をさらさらにするということです。

また、血圧も下がります。

 

相互に反発する赤血球は癒着して血栓を形成しないようになります。

グラウンディングすると得やすい効果であるゼータ電位が高い場合、心臓病リスクが下がるだけではなく、脳内に微小な血栓が発生することで脳組織が失われていく多発梗塞性認知症のリスクも下がります。

 

最適な健康のためには慢性的炎症に対処して回避する

消化管の中に生きている微生物が健康の無数の側面に影響する極めて重要な「体内エコシステム」を形成することを覚えてください。

 

具体的にいうと、腸内にいる微生物の種類や数は身体と相互に作用して慢性的炎症を予防するか促し、この炎症こそ心臓病気や糖尿病等多くの病気の核心です。

 

細菌叢の構成は減量が簡単にできるための決定要因です。

 

抗生物質(病気のために飲むのと汚染された肉類から食べるのを含む)、塩素処理水、抗菌石鹸、農薬、汚染等腸内の善玉菌が壊れる要因に私たちは暴露されているので、腸内細菌のバランスを維持することは継続的プロセスと考える必要があります。

 

生牛乳ヨーグルトやケフィール、一部のチーズ、発酵野菜等の熟成食品は自然で健康的な細菌のよい摂取源です。

熟成食品や発酵食品を日常よく食べるようにするよう私は強くお勧めします。

こうすると善玉菌を最適化するための第一歩になります。

 

日常発酵食品を食べない方は高品質なプロバイオティクスサプリメントを飲むのが賢い決定ではないか思われます。

それに加えて、加工食品、糖分/果糖、穀類を止め、自然食品を食べるようにすることは慢性的炎症に対処するために欠かせない第一歩です。

 

ビタミンD濃度の最適化と動物性オメガ3脂肪を豊富に食べることも炎症を抑えるためにグラウンディングとともに重要です。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放