何故苦しむのか                            吉野 一道


釈迦は「悪因悪果。苦しみのタネをまいているからだ」と教えます。

釈迦は数ある苦しみのタネまきの中から、心と口と体の3つの面から10の悪として教えています。

 

心が作る苦しみのタネまきは「貪欲(とんよく)」「瞋恚(しんい)」「愚痴(ぐち)」の3つ。

 

①「貪欲」は底知れない欲の心。

金が欲しい、物が欲しい、褒められたい、認められたい・・・

欲の心に際限はありません。

自分の欲を満たすために他人を騙したり傷つけたり、戦争や紛争さえも欲の心が産物であると言われます。

欲の心が妨げられると出てくるのが瞋恚です。

 

②「瞋恚」は怒りの心。

あいつのせいで儲け損なった。

こいつのせいで恥をかかされた。

自分の欲が妨げられると怒りの心が燃え上がります。

燃え上がれば冷静さを失います。

車の警笛一つが殺人事件に発展することさえあります。

そして、怒ってもどうにもならない相手には愚痴の心が湧いてきます。

 

③「愚痴」は妬みや恨みの心。

腹が立っても会社の社長を怒鳴り付ける訳にはいきません。

こんな場合、怒りは妬みや恨みに変わります。

自分より優れた人を妬む。

他人の不幸を蜜の味とほくそえむこともまた愚痴の心と言われます。

 

 

私たちが苦しむのは、

欲しいものが手に入らない時、

腹が立って仕方がない時、

相手を妬んだり恨んだりする時

であると言われます。

 

そうであれば、欲の心、怒りの心、妬みや恨みの心が私たちの苦しみを生み出していることになります。

 

口が作る苦しみのタネきは「綺語」「両舌」「悪口」「妄語」の4つ。

 

④「綺語」は心にもないお世辞を言うこと。

お世辞を言うのは自分が気に入られたいから。

そして、相手を自分の都合の良いように動かそうとします。

 

⑤「両舌」は二枚舌で、仲の良い人の間を裂いて仲違いをさせるようなこと。

多くの場合、妬みの心が言わせます。

仲の良さにヤキモチを焼き、亀裂が入ることを言いたくなります。

 

⑥「悪口」は非難や中傷のこと。

相手の態度に腹が立つと些細なことでも針小棒大に感じられ、非難や中傷に熱が入ります。

 

⑦「妄語」は嘘をつくこと。

正直に謝れば済むところを嘘をついて誤魔化そうとする。

嘘がばれないように更に大きな嘘をつく。

嘘の連鎖にはまったら抜け出せません。

 

体が作る苦しみや悩みのタネまきは「殺生」「偸盗」「邪淫」の3つ。

 

⑧「殺生」は生き物を殺すこと。

 

⑨「偸盗」は他人の物を盗むこと。

 

⑩「邪婬」は邪な男女関係のこと。

 

以上、釈迦は苦しみのタネまきを10の悪として纏めてくれました。

 

私たちの口や体を動かすのは心です。

心で思わないことは言いません。

心で思わないことはやりません。

 

そこで、釈迦は「自分の心の姿をよくみつめなさい」と特に心が大切であることを教えています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放