何を食べないか                          内海 聡


「何を食べるか」ではなく、「何を食べないか」のほうが重要

健康になるために、長生きするために、何を食べたらいいのか。

 

つねに、人の心をとらえて離さないテーマではないでしょうか。

でも、本当に大事なのは「何を食べるか」ではありません。

 

私はつねづね、「健康を求めるほど不健康になる」「健康オタクが一番、不健康」といっています。

上っ面の知識ばかり求めて、本質が見えてない場合が多いからです。

食についても同様です。

 

人の体は千差万別であり、食べ物との相性も人それぞれです。

「これさえ食べれば、誰もが元気で長生きできる食べ物」など存在しません。

そんなものを探すこと自体、私にはバカげているとしか思えないのです。

 

ところが世間では「健康長寿をかなえる食事法」が、いろいろと取りざたされています。

「○○を食べれば健康長寿になれる!」といった煽(あお)り文句は、手を変え品を変え毎日のようにテレビや雑誌をにぎわせています。

テレビで紹介された〝健康長寿食品〟が、翌日にはスーパーで売り切れになったという話も、よく聞きます。

炭水化物をとらない「糖質制限食」を薦める人もいますし、偏狭な菜食系の食事ばかりやっている人もいます。

 

このように食と健康というテーマは、つねにホットな話題であるがために情報ばかりあふれ、混沌を呈しているように見えるのは私だけでしょうか。

おそらく、それぞれに「体にいい効果」を実感している人がいるのでしょう。

だから、みな「自分が実践している食事法が一番正しい」と主張します。

人の体はそれぞれ違うというのに、どうしてそう言い切れるのか、はなはだ疑問を禁じ得ません。

 

最初にいったように、本当に大事なのは、「何を食べるか」ではありません。

大事なのは「何を食べないか」。

 

つまり、体に明らかに有害なものを、できるだけ食べないようにすることなのです。

これは「昔はなかったもの」といいかえてもいいでしょう。

 

食べ物本来の栄養を奪い、日本人を「カロリーオーバーなのに重大な栄養失調」にしてきた元凶ともいえます。

今、現代人が何より恐れ罹患しているのは、すべて昔はなかった病気です。

 

ということは、昔はなかったものが根本原因と考えるのが自然でしょう。

私たちは、自分たちが新たに作り出した毒によって、みずから栄養状態を悪くし、健康を損ない、新しい病気を生み出してきてしまったわけです。

 

「不自然なもの」「昔はなかったもの」――この考え方に基づけば、「何を食べるべきでないか」がはっきりと見えてきます。

 

代表格は現代の砂糖や人工甘味料や添加物たっぷりのスイーツやお菓子、工場で生産され化学物質やトランス脂肪酸およびクスリだらけのジャンクフード、同じくコンビニなどの食品類、過剰な小麦食あたりでしょうか。

これにコーラやスプライトなどのジュース、内部被爆してそうな危ない食材など、書きだすとこれも長くなりますが、ちょっとしたものを避けるだけで劇的に違ってきます。

 

これは美味しいものを食べるなといっているわけではなく、このような食品群こそ本当は美味しくないのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放