低体温                             吉冨 信長


低体温の人は夏こそ体温を上げていきましょう。一般に、発熱とは37.5℃以上であり、37℃前後は正常な体温になります。現代は低体温の人(特に女性)が本当に多くなっています。日々の健康や将来の無病を考えるのなら、この体温を維持するのが良いと思われます。(個人差あり)

 

1950年代の日本人の平均体温はおよそ36.89℃あたりだったそうです。言うまでもなく現在の平均はこれよりはるかに下回っています。

 

冬になると出てくる冷え性は、正確にいうと低体温とは違います。冷えとは、平熱の温度にかかわらず、手足の先が冷たくなる症状のことです。そして、低体温とは平熱が35℃台のことです。

 

冷えが起こる主な理由は筋肉量が少なかったり、慢性的な栄養不足、腸の慢性的な炎症、褐色脂肪細胞の減少などにあります。そのため、体(ミトコンドリア)は熱をあまり生みだせないので、深部の体温を外に逃がさないように、生体防御の一環として手足の先の血管を収縮させ冷えを起こさせます。こうして冷えが発生します。夏場は暖かい外気温によって冷えの自覚症状がありませんが、冬になると靴下・手袋がはずせなくなるほど寒い思いをします。

 

最近では、この冷えに加えて、同時に低体温である人が多くなりました。特に女性で見られます。この冷えを解消する手段はいろいろありますが、体温を上げるためにはまず遅筋をつけることが大事です。

 

平熱37℃(またはその近くまで)を維持する理由は、下記です。

 

・体内の酵素が最も働く温度である

・健康を維持できる腸内細菌叢の適した温度である

・侵入してきた病原菌の多くを死滅させることのできる温度である

・免疫力の要となる白血球が活発化する温度である

・血行を良くする最適な温度である

・血液の老廃物がデトックスできる最適な温度である

・基礎代謝が活発化する温度である

・ホルモンが正常に働くのに適した温度である。

・抗酸化作用が働きやすい温度である。

・エネルギー産生ではミトコンドリア系が優位になりやすい

・低体温だと解糖系のエネルギーが優位になり良好にいかない

・ストレスが緩和されている証拠でもある体温

・早期のがん細胞を増殖させない温度である

・卵子が成熟する最適な温度である(精子はこれに当たらない)

など。

.

35℃台という低体温では血行が悪くなるため、老化のスピードが早くなり若さを維持できません。そして免疫力が3~6割は下がると言われているそうです。通説では体温が37℃より1度下がるにつれ免疫力が3割ずつ下がるそうです。

 

また、体温が1度下がると、基礎代謝もさがります。肥満の方が低体温であると、脂肪燃焼を促す酵素の作用を低下させますので、なかなか痩せにくい体質になってしまいます。これを改善しようとすると、かなりの時間がかかることでしょう。

 

肝臓や腎臓における解毒作用も体温によって左右されます。低体温だと、血流が悪いため、タンパク質の代謝(分解や合成)がうまくいかなくなり、老廃物の処理が働かなくなります。

 

ここで低体温を解決するヒントを並べてみます。主には食事が基本になりますが、個人差も当然ありますので参考程度にしてください。

.

・肉・卵・魚・チーズなどの高タンパク質食品を積極的に食べる。一物全体食を意識し、さまざまな部位を食べる。ただし良質なものを選ぶ。

・肉にはラム肉、鹿肉、猪肉を取り入れてみる。

・味噌やぬか漬けなどの発酵食品を取り入れる。習慣化する。

・油は飽和脂肪酸系(ラード、ヘッド、バター、ギーなど)かオメガ3系を使う。

・青魚やクジラ肉を食べる。オメガ3が体温の上昇に貢献する。

・リノール酸油を避ける。

・鉄分の多い食品を積極的に摂る。

・糖質の多い食品を避ける。

・お米を主食にしている人は白米を避け、玄米か分づき米にし、雑穀を取り入れる。

・冷たい飲み物を避ける。水は腸に届くまで数秒。低体温は腸から始まる。

・添加物や農薬をできるだけ避ける。活性酸素を生むから。

・生姜・香辛料は短時間で体温を上昇させることができる。

・海藻類を適量習慣化して食べる→腸内環境を整い、さらにデトックス効果がある。

・薬味と呼ばれる野菜(にんにく、生姜、ネギなど)を使う。

・東洋の陰陽五行を参考にしてみる。

・適度な有酸素運動をする。裸足ランがおすすめ。合間には無酸素運動を取り入れる。

・日々、しっかり湯船につかる。

・自然(森林・山の川・海)のあるところに行く。

・定期的なファスティング・断食を行う。

・よく笑う。

など。

.

低体温をまず改善して体調を変え、冬に備えたこの夏秋こそ体温を上げる意識をすべきです。

 



身体が冷えてしまうと


近年、日本人の平熱は下がってきていると言われています。「身体を冷やしてはいけない」ということはよく言われて知っていますが、冷やしてしまうとどんなことが起こるのでしょうか。

 

人は熱が出た場合は体調の異変をすぐ察し下げるように努力しますが、熱が低いことをそんなに気にしない方が多いようです。しかし、身体が冷え、平均体温が下がってしまうと様々な弊害がでます。

身体が冷えている時、血管が縮んでしまい血行が悪くなって毛細血管の隅々にまで血が流れなくなってしまっています。そうすると心臓から遠いところの手先、足先が冷たくなってしまいます。 

 

血液がスムーズに流れなくなってしまうと、栄養や酸素もうまく運ばれなくなってしまいます。

そして血管はますます縮み、細胞機能も働かなくなってしまい、新陳代謝も低下します。

そうなってしまうと、めまいや頭痛、肩こりや腰痛、関節痛、アトピー、婦人病の悪化、さらには脳梗塞や癌を引き起こす要因にもなりかねません。ちなみに35度台は癌細胞が活発になる体温と言われています。

血液の循環がきちんとされ、新陳代謝が活発に行われないと様々な症状を引き起こしてしまうのです。

 

冷え性と低体温の違い

低体温とよく間違われるのが冷え性です。冷え性と低体温はまったく異なったものとなっております。冷え性は身体の末端が冷える症状で、どんなに手足が冷えても体温を測ると正常なことがほとんどです。しかし、低体温とは身体の中枢の深部(内臓)体温が低くなることをいいます。医学的には、37度あるはずの深部(内臓)体温が、35度以下になってしまうと低体温だとされています。深部(内臓)体温はわきの下よりさらに低い温度になるので、わきの下の平均体温が36度以下の方は低体温である可能性が高くなります。

 

低体温の恐ろしさ

低体温の恐ろしさは自覚しにくいことにあります。冷え性の場合、実際に手足や下腹部が冷えるので自覚症状がありますが、低体温は内臓が冷え、表面に分かるように現れないので自覚しにくいのです。

身体の深部である内臓の温度が下がってしまうと、心臓、肝臓、腎臓などの働きが鈍くなってしまいます。さらに、がんは35度前後の温度を好むとされていますので、注意が必要になります。

 

低体温の原因

 

低体温になる原因は、体温調節機能の低下が考えられます。体温調節機能の低下は、過剰なアルコールの摂取、老化によるもの、脳血管障害などによって引き起こされます。また、甲状腺機能低下症、下垂体機能低下症などホルモン分泌の異常が原因となることもあります。他には、海や山での遭難など長時間寒さにさらされた際にも低体温になりやすくなります。乱れた食生活や不規則な生活、ストレスなどの生活習慣による低体温も最近は増えています。

 



体温                                                腎臓をまもる島プロジェクト


体温の安定は健康維持には欠かせない重要なポイントです。

しかしストレスや疲労などが原因で自律神経が乱れてくると、血流が悪化し身体で熱がうまく伝わらなくなり、「低体温」の状態になってしまいます。

低体温が慢性化すると、食事からの栄養摂取率も低くなり、からだの活力が失われ老化を促進させてしまう恐れもあるのです。

では、低体温から脱却するためにはどうすればいいのでしょうか。

 

1.早寝早起きが自律神経を整える

元来、昼間に活動し、夜は寝るように設計されていますが、ストレスにさらされることの多い現代人は、交感神経がもっぱらはたらき続けている状態にあるため、自立神経が乱れやすくなっています。

本来、休んで睡眠を取るべき夜間に起きていると、副交感神経のはたらきが抑制されてしまい、疲労や老廃物がたまってしまいやすくなります。

少しずつでいいので、早寝早起きに変えていくようにしましょう。

コツとしては、いきなり極端な早寝早起きにしないことです。急激な変化は脳が最も嫌うことですので、すぐに拒否反応がおきて、続けられなくなります。

毎日の寝る時間を5分早めるとか、起床時間を10分早めるなど、無理なく続けられるペースで、少しずつ変えていくことが大切なポイントです。

寝る前のほどほどのお酒もいいでしょう。副交感神経をうながし、眠気を誘ってくれます。もちろん飲み過ぎはNG。逆に交感神経が活発になってしまい、眠りも浅くなってしまいます。

 

2.お風呂に浸かりからだを温める

お風呂にはさまざまなメリットが有ります。

からだが温まることで結構が良くなり、栄養素の吸収率が上がって、回復力が促進されます。

代謝もよくなり、老廃物の排出機能も高まり、コリやむくみの解消にもなります。

早寝のためにもお風呂は効果的。副交感神経が働いている状態で、お風呂からあがり、1時間ほどたてば、気持ちの良い眠気がやってきますよ。

あくまで、目安ですがお風呂の温度は38度くらいが適温です。ぬるめのお湯にゆったり浸かることで副交感神経が優位にたち、筋肉や関節もほぐれてリラックスできますよ。

 

3.適度な運動はラジオ体操やウォーキングがベスト

軽く汗ばみ、気持ち良い程度の運動が自律神経を整えて、副交感神経を高めてくれます。

誰かと勝ち負けを競う必要はありませんよ。ご自分のペースでのんびり、でもできれば毎日適度に運動することが、体の調子を整えるコツです。

また、運動は筋肉を動かす事にもなり、体内の発熱を促して低体温の解消に一役買ってくれます。

 

4.積極的に太陽の光を浴びてミトコンドリアを活性化

われわれのからだは2つの方法でエネルギーを作り出しています。

①.解糖系

  糖質のみを分解してエネルギーを作り出しています。

  酵素を使わずに糖のみであるため、生成されるエネルギー量は非常に少ない。瞬発力や分裂に主に使用される系統です。

 

②.ミトコンドリア系

  酵素を活用し、糖質だけではなく、たんぱく質や脂質も原料として使います。

  また解糖系で分解された栄養素も使うことが出来ます。そのため、得られるエネルギー量が大きく、しかも安定して得られるのが特徴です。

 

日常生活でストレスを受け続けていると、交感神経が優位に立ち緊張が持続します。

そのせいで血管が収縮して血行が悪化し、低体温の状態になります。低体温では、上記の解糖系のみがはたらくことになり、体内のエネルギーの絶対量が不足し、低体温を慢性化させるという悪循環に陥ってしまうわけです。

 

それを防ぐためにも、体内のミトコンドリアを活性化させる必要があります。

ミトコンドリアは太陽の光とそれによってもたらされる温熱によって最も活性化されます。

日差しのやわらかな朝の日差しをあびる習慣を身につけて、ミトコンドリアを活発にしましょう。

 

5.野菜スープを毎日飲んでフィトケミカルを増やそう

フィトケミカルとは、植物などがもともと持っている自らをまもるために作り出す天然成分のことです。

このフィトケミカルは、普段良く見るキャベツ、人参、かぼちゃなどの野菜に含まれています。

このフィトケミカル。実は、切ったり潰したりしても、野菜のかたい繊維質でできた細胞壁の中に隠されていて、摂取できません。この細胞壁は加熱することで、簡単にこわすことができます。一番手っ取り早く簡単なのが野菜スープです。

 

 

フィトケミカルたっぷり野菜スープ

<材料>

  キャベツ・・100g

  たまねぎ・・100g

  ニンジン・・100g(できれば皮付き)

  水   ・・1リットル程度

 

<つくりかた>

  ・よく洗った材料をそれぞれ一口大に切る

  ・すべての材料が余裕をもって入る大きさの鍋に入れ、水を入れる

  ・一旦強火にかける。沸騰したら、弱火にしてフタを閉めて20分ほど煮込む

  ・出来上がったスープをそのまま飲む

 

※調味料などでの味付けはしないことをおすすめします。

フィトケミカルをできるだけ効率よく摂取したいので、吸収のじゃまになる添加物を含む調味料はできるだけ使わずにそのまま飲むようにしましょう。

野菜から旨味や甘味が出ているので十分においしくいただけます。

 

食事の前の空腹時に飲むと、フィトケミカルの体内への吸収率はより高まりますよ。

 



体温                              内海 聡


現代人の問題点の一つが低体温です。

たとえば昭和30年までの正常体温は0~6歳は38度台・6~12歳は37度台・12歳以上は36度台であったのですが、最近は35度台の人が増えましたね。

37度あると微熱がある、38度台あると病院に駆け込んだりしてるアホ親だらけですが、本来はそれが子どもの正常な数字です。低体温だとウイルスや細菌がはびこりやすく、その対抗策のために免疫機構が完成していない子どもは体温が高い傾向にあるわけです。

 

39~40度の発熱でも、子どもの意識がしっかりしていて元気であれば何の心配もありません。

問題はその熱よりも解熱薬や下痢止めや咳止めの方です。

そして低体温になる原因はいろいろありますが、一つは社会毒、一つは夏物の野菜ばかり食べていること、一つは小麦モノばかり食べていること、一つは空調の使い過ぎ、そして最後は厚着になります。

は暖衣飽食は病の元といい薄着の価値が言われていました♪。そもそも野生動物は服など着ないし、本来は人間も防御ばかりしていれば体は弱くなるのです。

 

別に裸でいろと言っているわけではありません。ただ寒いときには寒いと感じるくらいのほうが体は適応しやすいのです。現代人は文明や便利に溺れており、それが自分たちの病気を作り出していることに気づきませんが、筋肉を使わなくなると筋肉が委縮していくのに似ています。

夏だからといってひたすらクーラーをかけ熱中症を防ぐとばかり言い、冬はひたすら暖かくして暖房をつけ重ね着をする、それが何をもたらすか人間はちっとも考える気などないのでしょう。

 



冷えは諸悪の根源                             川嶋朗


がんの人もEDの人もうつの人も、ほとんど全員の体は、冷えています。

身体的な病気の人の体が冷えているのはまだわかります。

 

しかし心の病の人も、体は冷えきっているのです。体が冷えることによって、心まで冷えてしまう人がいます。

 

肉体的な「冷え」からうつ病になったり、精神的に不安定な状態になってしまうケースは少なくありません。

心が冷えてしまったことで、体まで冷えてしまう人もいます。

 

ストレスが体を冷やしてしまうように、強い不満や怒り、情緒不安定が原因で身体的疾患を招いてしまうのです。

ニワトリと卵の関係のように、体が冷えれば心が冷え、心が冷えれば体も冷えます。

 

どちらにしろ、冷えて凍えて固まってしまっては、良いことはひとつもありません。

 

うつ病の患者さんでも、体を温めるだけで症状がかなり軽減する人がいます。

 

がんや不妊症など体の不調も、ストレス源を取りのぞき、温かい心を取り戻すことで、改善されるのです。

 



「冷え」体質の判定方法                          川嶋朗


自分が冷えか否かを知る簡単な判断基準

 

「体温が低い」ということと、手足やお腹や腰まわり、お尻がいつも冷たい、またはヒンヤリと感じるかどうかです。

 

今、自分の体を触り「大丈夫、温かいよ」と言われる方、翌朝起きたときに、もう一度、

以下のテストを行ってみてください。

 

目覚めたらすぐに、脇の下に手を挟み込みます。その温かさを覚えてください。

次に同じ手を、お腹の上に置きます。

このとき、お腹のほうが温かいですか?冷たいですか?

 

「冷たい」と感じられたら、やはりあなたの体は冷えている、と言えます。

 

また、寝相のよい人も、実は冷えている可能性があります。

本来、人間は寝ている間に、体のこりや疲れをとろうと無意識にいろいろな姿勢をとります。

 

就寝中は体温によって布団が温められるので、その暑さから逃れようと寝る位置を

たびたび移動しているのです。

 

ところが寝相のよい人の体は、寝返りをうとうとすると体が冷たい部分に触るため、

自然に元の位置に戻ってしまう。

だから寝相がよいのです。

 

小さな子どもを見てください。

彼らの体は、細胞も若く、元気ハツラツ。いつでも熱パワーがあるので寝ている間も布団の上をゴロゴロ移動しているでしょう。

ふと夜中に目を覚ますと、横で寝ていたはずの子どもが頭の上にいた、という経験は、世のお父さん、お母さんには多いと思います。

 

姿勢を変えたくても変えられないのは体にとって、相当なストレスです。

 

「何時間眠っても、なぜか疲れが取れない」という人は、冷えで寝返りが打てないことが原因かもしれません。

 



体温をあげる方法                         内海 聡


低体温が病気のリスクであり、癌その他の入り口になることは知っていることでしょう。しかし実際に体温をあげる方法となると悩んでしまうものです。実は簡単なことですが一般人は気付いていないようなので、その方法や食べ物を考察してみましょう。

 

1.砂糖や精製穀類などの精製物をやめる

これらはやってみるとすぐにわかりますが、砂糖は麻薬の言葉通り一番難しかったりします。また砂糖は止めれたけど精製穀類は止めれないという人がたくさんいますが、GI値も高く砂糖に近い組成なので要注意です。

 

2.筋肉量を増やす

これはイメージはわきやすいでしょう。スポーツ選手やむきむきキン肉マンで低体温の人はまずいません。筋肉は発熱機関であり第二の心臓でもあります。内側の筋肉を鍛えなさいなんてよく言いますね。

 

3.添加物や農薬や経皮毒類など化学物質を遠ざける

これも分かりやすいでしょう。これらは抗生物質やクスリに近い作用があり、ホルモンを乱し体温を下げる傾向があります。コンビニやジャンクばかり食べていれば病気になりやすいのは当たり前。

 

4.動物性食品を食べる

動物性食品は悪いという人がいますけど、人類の歴史は動物性食品摂取の歴史であり、質を選べば悪いということはありません。多種な栄養素とタンパク質を含み体を作るのに役立ちます。肉にこだわらず魚貝や卵も重要です。

 

5.野菜は要注意

野菜=ヘルシーと思っている人がいますけどこれも要注意です。野菜には特に旬がありますので体を冷やすモノがあると東洋医学では教えます。にんじん、ごぼう、大根などの冬野菜や根菜は体を温めるといい、ナス、ピーマン、トマト、ゴウヤなどは体を冷やすと教えます。ただ、だからといって夏野菜が悪いわけではありません。

 

6.温めなさいでよいのかどうか

よく温泉に入りなさい、半身浴しなさい、服を何枚も着なさいというのがありますけど良いとばかりいえません。これらは外的に温めている部分が強く、体がそれに適応してしまう可能性があります。野生や生物の原則から考えれば着すぎは問題です。暖衣飽食病の元という言葉もありますから要注意。ちょっと寒いと思えるくらい一枚減らすことを私は勧めています。

 

7.冷暖房を使い過ぎない

これも同様の考え方で要注意です。ヒートアイランドの都会では必要かもしれませんが、昔は冷房がなくても脱水になどなりませんでした。季節を感じられないほどの空調は体を壊しますので要注意です。

 

8.常在菌を多く保つ

これは腸内細菌を多くするという意味と、皮膚や口の中の菌を殺菌しないという二つの意味が含まれます。アレルギーは清潔病であるという藤田紘一郎氏の有名な言葉もありますね。

 

 

*NPO法人 薬害研究センター 理事長、Tokyo DD Clinic 院長、NPO法人 薬害研究センター 理事長

 



体の冷えは万病の元              がんを克服するための新常識


健康な状態にある人の腋化温度(わきの下の体温)は、平均で約36.5℃です。36.5~37.0℃であれば健康体で免疫力も旺盛です。

これを1℃下回るだけでも、内臓の働きが低下し、免疫力は約30%も弱まり、ガン細胞が活発に増殖したりすることが知られています。

 

免疫力は、血液の流れと密接な関係があります。その免疫力の中心となって働くものが、血液成分の一つである白血球です。体が冷えていれば、血液の流れが悪くなり、リンパ球が体内で十分な活躍ができなくなり、免疫力が下がり、ガンをはじめいろんな病気にかかりやすくなるのです。

 

また、血流が悪いと脳や内臓などの働きが衰えるために、頭痛や肩こり、耳鳴り、便秘、下痢、手足のしびれ、うつや慢性疲労といった症状が出やすくなったり、心臓病、糖尿病やアトピー性皮膚炎などを招いたりすることも考えられますので、「体の冷えは、万病の元」といっても過言ではありません。

 

例えば、睡眠時間が短かったり、眠るべき時間に起きたりしていると、自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配する神経)が乱れてしまいます。

 

自律神経には、活動時に働く交感神経と、休息時に働く副交感神経の2種類があり、2つの神経は交互にバランスを取りながら、からだの働きを調節しています。

ところが、夜更かしや睡眠不足、過度のストレスがかかると、自律神経のバランスがくずれ、交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、心身を緊張させるので筋肉がこわばって、血流が悪くなり冷えを招いてしまいます。

 

さらに、冷たい物をとり過ぎたり、早食いしたり、栄養バランスの悪い食事を続けるなど食生活の乱れも、体を冷やす要因になります。

これは、必要な栄養の吸収が悪くなったりして、体温を作り出すエネルギー不足が起こるからです。

 

からだの一個所でも温度の低いところがあったら、体が冷えていて、内臓の働きや免疫力が低下していると考えた方が無難でしょう。

 

そこで、筋肉を動かして熱を発散することは、体温が上がり体にとても良いことです。筋肉を鍛えると毛細血管が発達して、血流が良くなります。

 

ちなみに、歳を取ると高血圧の患者が増えるのは、下半身の筋肉が衰えて上半身に血液が集まり、全身の血流が悪くなるからだと言われています。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放