体力                              ‎吉野 一道


体力がなくなると自然治癒力も低下し、生活習慣病を発症するリスクが高まります。

体力は生命活動の基礎となる体を動かす力です。 筋力・心肺能力・運動能力等の総合的な身体能力を指します。

体を動かすスポーツ等で肉体能力に恵まれ成果を出せる者は体力があると評価されます。

病気への抵抗力がある者や過酷な労働に耐え、疲労からの回復が早い者も体力がある者と評価されます。

 

健康に生活するための体力は、体の健康を維持し病気にならないようにする体力を指し、具体的には、インフルエンザにかかりにくい等、感染症をはじめとする病気に対する抵抗力としてとらえられます。

 

体力差は、小学生にはそれほどありません。高齢になると個人差が大きくなります。

早い時期に寝たきりになる人もいれば、若いころからの自己鍛錬によっては、ずっと元気な人もいます。

三浦雄一郎氏のように、80歳になってもエベレストに登る人もいます。

 

高齢期に入ると程度の差こそあれ、移動性・筋力・平衡性等の能力が衰えてきます。

下記の項目をクリアできれば、生活機能は問題なしと言われています。

 

・移動性

①階段を上ったり、下りたりできる。

②階段を上る時に息切れしない。

③飛び上がることができる。

④走ることができる。

⑤歩いている他人を早足で追い越すことができる。

⑥30分間以上歩き続けることができる。

 

・筋力

⑦水がいっぱい入ったバケツを持ち運びできる。

⑧米の袋10kgを持ち上げることができる。

⑨倒れた自転車を起こすことができる。

⑩ジャムなどの広口びんのふたを開けることができる。

 

・平衡

⑪立った位置から膝を曲げずに手が床に届く。

⑫靴下、ズボン、スカートを立ったまま、支えなしにはける。

⑬椅子から立ち上がる時、手の支えなしで立ち上がれる。

⑭ものにつかまらないで、つま先立ちができる。

 

(衣笠隆 中年からの老化予防に関する医学的研究より引用)

 

できないことがあっても落胆しないでください。簡単なことから、できることを増やして参りましょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放