体内時計                             川嶋朗


エジソンが白熱灯を発明してからわずか100年しかたっていません。

明かりの下で生活できるようになったのは、人類の歴史からみれば、ごくごく最近です。

 

それまでは日の出とともに起きて、日の照っている間は働き、日没とともに休むというリズムで1日を過ごしてきました。

そのため、このリズムが私たちの身についています。

 

つまり、地球の自転に従った周期が身についていて、朝になると自然に目がさめ、昼間は活動し、夜になると眠くなるというリズムができあがっています。

 

1980年代に時計遺伝子なるものが発見されました。

全身の細胞に備わっている遺伝子タンパクで、砂時計のようにタンパク質が増減することで、時を刻んでいることがわかったのです。

ところが、体内時計は24時間より少しだけ長く設定されています。

そのズレをリセットするのが太陽の光です。

 

朝いちばんに目の網膜から太陽の光が入ってくると、24時間より長い体内時計のリズムがリセットされて、そこから地球の自転に合わせたリズムが、あらためて刻まれるというわけです。

 

また、朝の光を浴びると、脳の中でセロトニンという神経伝達物質が合成されます。

セロトニンというのは、やはり神経伝達物質であるメラトニンの材料になる物質です。

 

私たちの体内では、朝起きてからおよそ15時間後にメラトニンの分泌が始まり、その結果、睡眠が促されることがわかっています。

 

セロトニンがなければメラトニンがつくられないわけですから、朝の光を浴びることはとても大切です。

 

日中は交感神経を優位にさせて活動的に過ごし、夕方から夜にかけて副交感神経系のスイッチを入れて休息の準備に入ります。

体内時計のリズムは、そのまま自律神経のリズムといっていいでしょう。

 

日の出とともに起きて日没とともに休むという、もともと人間が持っている生体リズムを取り戻すと、自律神経のバランスが整ってきます。

 

このように自律神経のバランスを整えるための条件の1つが、早寝早起きなのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放