体の「酸化」、「還元」


体の「酸化」とは、体がサビつくこと。

体の「還元」とは、体のサピが取れること。

 

私たちは中学生の理科で「酸化」と「還元」について学びましたが、わかりやすい身近な例でみてみましょう。

作りたてのピカピカの10円玉が、時間がたつと薄汚れてきますね。

10円玉は、10円銅貨といわれているように、材料は銅で作られています。

この銅に空気中の酸素がくっつくと、サビができ、薄汚れてきます。これが「酸化」です。

では、この10円銅貨のサビは、どうすれば取れるのでしょうか。

答えは簡単です。中学教科書の還元の説明のように、水素ガスの中に入れてやればよいのです。

サビついた10円玉のサビが取れて、元のピカピカの10円玉に戻ります。これを「還元」といいます。

 

もう少し詳しく説明をしますと、10円銅貨のサビは酸素が銅(Cu) にくっついてできたもの(CuO 酸化銅といいます) ですから、酸素を銅から離してしまえば、サビが取れることになります。

酸素を銅から引き離す力を一番持っている、つまり還元力の強い水素ガスの中にサビついた10円玉を入れると、酸素(O) は銅から離れて水素(H2) にくっついて水(H2O) になり、薄汚れた銅(CuO) は元のピカピカの銅(Cu) に戻るのです。

これを体の「酸化」と「還元」の話に置き換えてみましょう。

「酸化」とは、体にサビがつくこと、「還元」とは体についたサビが取れることをいいます。

体のサビも体に酸素がくっついた状態ですから、元のピカピカの体に戻すには、酸素を離してしまえばよいわけです。

そのためには、水素ガスと同じように還元力の強いものを体に入れてやればよいのです。

人間は、水素ガスの中では生きていけませんが、体に害のない物質で水素と同じような還元力の強い物質があれは、人間の体のサビが取れ、病気も治り、若々しくて元気な体を保つことができるということになります。

 

今から25年前に水素の還元力を話していまいた。

今、水素水を売る時代になるとは思いませんでした。

現代社会といっても、あまり、進歩がみられないことですね。

 

 

体の「酸化」とは、体をサビつかせて命を縮める反応。

体の「還元」とは、体のサビが取れて命を延ばす反応。

 

酸化と還元は、人間の生命や健康に関する根本的な生体反応です。

これを理解するかしないかでは、自分の寿命が延びるか、締まるかを決定する重要なカギになります。

このことは大切ですから、くどいようですが、もう一度触れておきます。

 

「酸化」とは人間をサビつかせて、寿命を縮める反応です。

つまり、体にとってよくない状態をいいます。

病気をしないで、若々しく、長生きするためには、体のサビを取るか、サビをつけないようにすることです。

「還元」とは、酸化によって体についたサビを取る反応、または、体にサビをつかせなくする反応です。

 

私たちのまわりには、体をサビつかせるものがあふれています。

それらのものの中で、最も大きなファクターをしめているものが、酸化力の強い水、食べ物、飲み物、薬、化学物質などです。

このような酸化力の強い物質を「酸化剤」といいます。

一方、体のサビを落とすものがあります。

このサビを取るものを「還元剤」といいます。

残念ながら、この還元剤は酸化剤に比べると極端に少ないのです。

 

サビつく力に対して、サビを取る力は、よほど上手に取り入れないと、サビつく力に勝てません。

それでも、少しでも体のサビが取れ、酸化を遅らせることができれば、命の元である生命力(還元力)、即ち免疫力のカウントダウンを遅らせることができます。

それだけではなく、体のサビがきれいに取れ、還元力を十分に蓄えることができれば、ピカピカの赤ちゃんのような元の体に戻れ、若さと美しきを保ち、より長生きのできる理想的な免疫バランスを持つ健康な体を維持することができると考えられます。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放