低血糖症とアドレナリン                                      吉冨 信長


米国のジョスリン糖尿病センターによると、「高温多湿な天候が続く暑い夏は体の新陳代謝がいっそう上がるため、低血糖になりやすい時期である」としています。

(ちなみに、このセンターは世界最大の糖尿病研究所。)

 

暑い夏ではさらに清涼飲料水、アイスクリーム、甘い果実など糖分の多い食品を摂取する機会が増える時期でもあります。

これらが相乗して、いわゆる低血糖症を起こしてしまう人が多いのです。

 

砂糖の多い清涼飲料水やアイスなどを一挙に摂取してしまうと、インスリンが過剰に分泌され、余計に血糖を下げるため、低血糖症を起こしてしまいます。

血糖が低下すると、これに反応して脳は脳下垂体と甲状腺を介して副腎にアドレナリン、脳にノルアドレナリンを分泌させ、肝臓にブドウ糖を血中に放出させます。

 

副腎髄質から分泌される「アドレナリン」は心拍数や血圧の上昇などどちからというと肉体や血管への交感神経系が作用しますが、「ノルアドレナリン」は中枢神経系の橋にある青斑核からほぼ脳全域に投射され、怒り、攻撃、イライラ、不安感、強迫観念などの感情面のほうに強い影響を与えます。

 

そして、低血糖によりアドレナリンやノルアドレナリンの濃度が一挙にあがると、キレる、パニックになるという行動があらわれはじめるのです。

さらに血管収縮も起こすため、手足が冷えたり、眼の奥が痛くなったり、偏頭痛や頭の締めつけのような症状も見え始めます。

ノルアドレナリンはコルチゾールというアレルギーやストレスに対抗するホルモン分泌までも刺激します。

 

生体内でアドレナリンの高濃度が持続すると、活性酸素に出くわす機会が増えます(特に心筋で見られます)。

そもそも、アドレナリンが持続する生活をしている人は多くがこうした不摂生であり必然的に活性酸素の多い環境も作っていることが多いでしょう。

アドレナリンが過剰な活性酸素やほかフリーラジカルによって酸化すると、「アドレノクロム」という幻覚作用のある毒性物質へと変化します。

 

アドレノクロムは脳に入ることができ、これが精神毒性となり、最悪は幻覚や錯覚そして精神異常を起こしてしまいます。

 

以上のように、夏は低血糖症を起こしやすい時期でもあり、さらに甘いものを多量摂取することで低血糖状態が続くと、アドレナリンを多量に分泌させてしまいます。

アドレナリンはキレるホルモンであり、さらにこれが酸化してしまうとアドレノクロムという幻覚症状を起こす毒性物質になってしまいます。

 

ビタミンC、E、亜鉛、セレンなどの抗酸化物がアドレノクロムを生成させないという報告もありますが、そもそも低血糖やアドレナリン分泌亢進にならないように、普段の食生活に気を配ることが先決だと思います。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放