人体に巣食う寄生虫、カンジダ菌              トンプソン 真理子


現代人の食事は、この50年で劇的に変わりました。

砂糖食品があふれ、砂糖の入っていない食品を探すのはスーパーでは難しいほどです。

忙しい生活のために、加工食品、缶詰、冷凍食品もどんどん開発され、ファーストフード、コンビニ産業は花盛り。

小麦製品もその他の炭水化物食品も、巷にはなんでもござれです。

 

しかし、人々の健康はそれとは反比例して、どんどん悪くなっていっています。

病気が増え、気分も悪くなり、肥満も増え、昔と比べて寿命こそ延びていますが、日本では健康寿命と言われるものは実質短くなっています。

これはなぜでしょうか。

どうして、これからも慢性疾患の割合は増え続けると言われているのでしょうか。

 

その答えは、意外なところにあります。

それは、常在菌のカンジダ菌(カンジダ・アルビカンス、カビの一種)です。

カンジダ菌と言うと、性交渉などによるカンジダ膣炎を多くの方は想像され、普段は関係ないと思う人が多いようですが、この通常はおとなしい日和見菌は、一定の条件が揃えば恐ろしい存在となってしまいます。

 

健康な人の腸では、善玉菌の割合が80%、悪玉菌が20%というのが良い例ですが、ここに、カンジダ菌の好きな精製砂糖、精製炭水化物、加工食品、人工甘味料などが立て続けに入ってくると、それらはカンジダ菌の好物ですので、彼らは爆発的に増えていきます。

それが、最初は胃だけだったのが、腸全体に広がり、それから体のあちこちまで運ばれていって、体内の各器官で悪さをするようになっていきます。

 

それらの進行はゆっくりですし、本人は気づいていないことがほとんどですが、やがて以下のような症状で顕在化してきます。

 

ー 慢性疲労、全身倦怠感

ー 食品・化学物質過敏症、アレルギー

ー 性欲の減退

ー アトピー性皮膚炎

ー 乾癬

ー 水虫、爪水虫

ー 免疫機能全般の低下

ー 喘息

ー 花粉症

 

[消化器系]

ー 口腔カンジダ症

ー 腹痛

ー 腹部膨満感、ガスが溜まる

ー IBS(過敏性腸症候群)

ー 下痢や便秘を繰り返す

ー 慢性的な膀胱炎

 

[婦人科系]

ー カンジダ膣炎

ー 生理不順

ー PMS(月経前緊張症)

ー 甲状腺機能異常

 

[神経系]

ー 鬱

ー イライラ、焦燥感

ー 集中力の欠如   (などなど、本当はもっとありますが)

 

そして怖いことに、カンジダ菌が一旦腸を占拠すると、それは、糖をもっと入れるようにと信号を送り、脳を再プログラムしていきます。 

脳がハイジャックされると、人の味覚やホルモンが変わり、人はもっともっとこんな食べ物が欲しくなります: パン、麺類、ピザ、精製砂糖、精製炭水化物、清涼飲料、デザート、お菓子、揚げ物、ファーストフード、インスタント食品・・ 

 

もし今まで、私はこんなにこれらのものは好きではなかったんだ、何でか分からないけど止められないんだ、という人は、それはあなたのせいではなく、カンジダ菌が「もっとエサをくれ!」と要求していると思って下さい。

 

実際、2014年末時点でアメリカ人の80%がカンジダ菌による何らかの不定愁訴、慢性疾患で悩まされています。

アメリカの一般的食事であるSAD(Standard American Diet、皮肉にもこう呼ばれています)はこんな食べ物ばっかりですから、何も意識しないと、必然的にこのようになってしまうのです。

日本人も、70%ぐらいはそうだと言われていますね。

 

ここで何かを気づきませんか? 

この症状は、全くリーキーガットの症状そのものなのです。 

カンジダ菌は、勢いを増すと、長い根を伸ばして、それが腸を覆っている粘膜に文字通り”穴”をあけていきます。

それが、腸の透過性を増して、未消化の食べ物、毒性物質、ばい菌などを血流に漏れ出させてしまうのです。またカンジダ菌自体も、増殖するとマイコトキシンという毒性の老廃物を出して、免疫系をさらに弱め、弱った腸はさらに透過性を増す(もっと穴だらけになる)といった悪循環に陥ります。

 

腸を、口に例えればわかりやすいでしょう。 

例えば、あなたが何週間も何か月も歯を磨かないとどうなるでしょう。 

食べ物カスで歯垢は溜まり、口臭は増え、歯周病にもなり、挙句の果てには虫歯で歯を失うでしょう。

それと同じことが腸でも起こっているのです。 

入れる食べ物を意識しない人の腸は、あちこち老廃物がこびりついて、悪玉菌は増殖し、食べ物は腐敗して有毒ガスを出し、それがさらに腸を悪化させていきます。

腸をメンテナンスすることがどれだけ大切か、分かってもらえますでしょうか。

 

それでは、一旦増えてしまったカンジダ菌は、どうすればいいのでしょうか。 

どうしたらまた、80/20の良い腸内環境に戻すことが出来るのでしょうか。

 

それには、カンジダ菌を一気に除菌しようとする必要はありません。

良い食べ物を食べて、いい菌を入れてやればいいのです、そうすれば自然に良い菌がカンジダ菌を押し出す感じで増えていってくれます。

 

その良い食べ物とは、 

それは、本物の、加工されていない食べ物を丸ごと食べること。(野菜、肉、魚、卵、など)

一方で、カンジダ菌のエサとなっていた砂糖、精製炭水化物、パン、加工食品、人工甘味料の入ったダイエット食品などを食べるのをやめることです。

 

そして、もう一つ大切なのは、発酵食品(プロバイオティクス食品)を摂ること。

その例は、ヨーグルト、ザワークラウト、キムチ、納豆などです。

これらを食べて、悪い食品を遠ざけていると、自然に腸がまた80/20バランスになっていきます。

しかし現実問題、この現代に全く外食もせず、友達の家のパーティーに呼ばれても、悪い食べ物を全く食べない、なんていうことは不可能ですよね。 

そういう時は便利なことに今の世の中、サプリメントでもプロバイオティクスはありますから、それを食事と一緒に摂ればいいのです。

ちなみに抗生物質も、良い菌も殺してしまいますから腸内環境を著しく悪化させますが、どうしても摂らなくてはならないなら、この時もプロバイオティクスの錠剤で補ってやります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放