亜鉛とアトピー                         吉冨 信長


アトピーの原因の一つに亜鉛不足があります。乳幼児の亜鉛欠乏はお母さんの母乳が低亜鉛状態であることが原因であったり、成人の亜鉛欠乏は食事によるミネラル摂取不足などが原因です。

 

亜鉛は300種類以上の酵素が働くときに関与している補因子であり、これが欠乏すると酵素の働きがうまくいきません。

 

例えば、抗炎症作用を発揮するオメガ3系の脂質代謝において、亜鉛が不足しているとアトピーを抑えるプロスタグランジン(3)が産生されません。α-リノレン酸からEPAに代謝されるには、デルタ-6-デサチュラーゼやデルタ-5-デサチュラーゼという酵素が必要ですが、これらは亜鉛がないと活性化しません(Lipids.1982 Mar;17(3):129-35)。ちなみにこのデサチュラーゼの活性には、亜鉛以外にマグネシウム、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンCの補因子が必要です。

 

また、亜鉛はタンパク質の分解酵素(胃酸やプロテアーゼなど)を生成・分泌するのに不可欠なため、不足してしまうとタンパク質の未消化物が残ってしまい、アレルギー反応を起こしてしまいます。

 

同時に白血球による活性酸素の大量発生により、炎症が持続してしまうわけですが、これを消去するSOD酵素にも亜鉛は重要な因子として関与しています(細胞質のZn-SOD)。

 

亜鉛には腸の内壁を正常化にする働きがあります。アトピーの多く人が腸の状態が悪く、ミネラルの吸収が悪いわけですが、亜鉛を多く投与するごとに、それだけ吸収率が上がり、効果が表れます。これは亜鉛の持続的な多量摂取により、腸の粘膜の再生力が向上し、炎症も低下したことで吸収率が上昇したことが考えられます。

 

他にも亜鉛欠乏はさまざまなところで生体に関与しています(ホルモン代謝など)。亜鉛摂取はアトピーに対する栄養療法の一つとして、非常に重要な因子であると考えられます。

 

※治癒目的の亜鉛過剰摂取は、必ず銅の摂取も考慮しましょう。

 


浜御塩の海水にがり 170ml
浜御塩の海水にがり 170ml
沖縄のミネラル海塩 ぬちまーす 250g
沖縄のミネラル海塩 ぬちまーす 250g








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放