五十肩                             中家 隆司


五十肩ー腕が痛くて上がらない・背中が洗えない!!

 

人生50年と言われた時代は遠のき、今や人生80年の時代となりました。

 

しかしながら、40,50歳の人は社会では第一線で活躍し、経験をつみ、頭脳も冴えわたっていたとしても、肉体の方は確実に老化が始まっています。

 

その最たるものが五十肩といえます。

五十肩は平均1年、長い人で3年以上続くことがあります。

あまりの痛さ不自由さに、1日も早く五十肩から解放されたいと訴える人が大勢おられます。

 

五十肩は疲労による筋肉の低下ですので,一般には長期施術が必要とされています。

 

要は、肩の関節を取り巻く袋状の腱や関節の変性、断絶、癒着などとともに、腱等の炎症、石炭化によって、腕を上げ下げする時に肩の関節に痛みを訴える疾患です。

 

症状としては、いつともなく、肩にいただるい感じがあらわれ、しだいに強くなるとだんだん動かなくなる状態になり、物を取ろうとしてうっかり腕を伸ばしたり、着物の袖を通す、髪の手入れをする際に痛みを訴える人もいます。

 

確認のため、次の4つの動作をしてみましょう。

 

1.ベッドなどに腰掛けて徐々に上に上げてみて、上がらないか、上がっても痛みが伴う場合は五十肩です。

 

2.手をうしろへ上げ見て、痛みがある場合、または上に上がらない場合は五十肩。

 

3.1.2.の症状がない場合は手を横に突き出し上げて、痛み・上がらない場合は肩鎖関節のズレの疑いがあります。

 

4.1.2.3.の症状がなく手をひじのところで曲げ、勝どきスタイルで前方へ突き出したり、曲げたりしていたみのあるときは肩関節のズレの疑いがあります。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放