乳がんにならないための予防                   吉冨 信長


自分の身体は自分で守る時代が来たと思う。

これ以上、がんや糖尿病などの慢性病の犠牲者を増やしてはならない、誰しも強くそう思っているはずだ。

 

そこで、今回は乳がんのリスクファクターと予防策をまとめてみる。

※これらはあくまで私の見解である。

それなりに信用のあるデータや医学情報からまとめたもので、当然だが、確固たる基盤となるとは決して言えない。

また、これはあくまで予防の観点であり、治療とは異なるものである。

以下、何かの参考になればと思う。

 

【リスクファクター】

乳がんと関係のあるリスク要因(ファクター)はほぼすべてエストロゲン優勢・エストロゲン過剰といってよい。

リスクファクターとは、確実になるものではなく、「要因として可能性がとても高い」ということ。

つまり、まずはこれらをいかに避けるかが重要となってくる。

 

◎環境ホルモン(エストロゲン様物質)

環境ホルモンとは内分泌かく乱物質とも呼ばれ、人工的に生成された化学物質や汚染物質が体内に入り込み、性ホルモンと似た作用をしてしまい、遺伝子DNAに悪影響を及ぼしてしまう物質の作用のこと。

ダイオキシン、(一部の)植物油、輸入肉や輸入乳製品に含まれる成長ホルモン、プラスチック、農薬、除草剤、排気ガス、毛染め、石油由来の化粧品・マニキュア、溶剤・接着剤、洗剤、(一部の)食品添加物など。

これらが悪性のエストロゲン様作用を引き起こす。

 

◎ホルモン補充療法

一般のホルモン補充療法(ERT、エストロゲン補充)は乳がんのリスクを高めるという大規模な研究結果がある。特に多量の使用は要注意。

 

◎経口避妊薬(ピル)の長期的な使用

経口避妊薬の使用経験のある未成年は、乳がんリスクが3倍であったという統計がある。他にも相関データが多々ある。

 

◎乳房インプラント(シリコンジェル)

シリコンジェルを使用した乳房インプラントは、乳がんのリスクファクターである。

ポリウレタン素材は発がん性が高い。

また、定期的に消毒するためにエチレンオキシドを使用するが、これも乳がんのリスクファクターとIARC(国際がん研究機構)が指定した。

 

◎多量のアルコール

◎多量の喫煙

◎早すぎる初潮、遅い閉経

初潮が早すぎるほど、また閉経が遅すぎるほど、乳がん発症のリスクが高まる。

 

◎肥満

肥満になると、特に腹部の脂肪細胞からエストロゲンを多く生合成してしまう。

 

◎医薬品の大量摂取

降圧剤(レセルピン、アプレゾリン、スピロノラクトン、テノーミン)、抗生物質(フラジール)、バリウム(ジアゼパム)、ベンゾジアゼピン、エラビル、プロザック、ナイトロジェン・マスタード、コレステロール降下剤など、それぞれの多量摂取。

 

◎運動不足

アメリカやカナダの調査では、運動量が少ない人において、乳がん死亡率が顕著に増加することなどわかっている。

 

◎ストレス

http://urx3.nu/Er37

 

【予防策と主な栄養】

栄養素は生理的作用以外に、抗がん作用としての薬理作用も注目されている。

特に乳がんに対して薬理的に作用する栄養素をまとめてみた。

他にもあるが、まずは欠乏してはならない栄養素を取り上げている。

 

◎ビタミンD

血清ビタミンD濃度が充足していると乳がん発症は低下する

http://urx3.nu/Er3e

 

転移性乳がんとビタミンD欠乏の関係

http://urx3.nu/Er3h

 

マグネシウムがビタミンDの代謝に必要

http://urx3.nu/Er3l

 

ビタミンDとガン組織

http://urx3.nu/Er3q

 

ビタミンDのがん増殖阻害

http://urx3.nu/Er3s

 

ビタミンDを活性型にする酵素

http://urx3.nu/Er3x

 

ビタミンDの抗がん作用

http://urx3.nu/Er45

 

◎ビタミンC

スウェーデンの研究では、ビタミンC摂取が乳がん死亡率を低下させるというメタ分析がある。(Eur J Cancer. 2014 May; 50(7):1223-31)

 

◎亜鉛

亜鉛は乳がん予防に必須のミネラル

http://urx3.nu/Er36

 

◎セレン

乳がんとセレンの関係

http://urx3.nu/Er35

 

◎メラトニン

夜間に分泌されているメラトニンの量が正常であれば、乳がん細胞の増殖を抑えるのに十分な量であるといわれる。

 

◎味噌

ラット実験では、発がん性物質を投与し続けたラットにおいて、味噌入りのエサを食べているグループの乳腺がん発症率は低かった。

また、乳腺腫瘍をもったラットにも味噌の量が増すと、腫瘍の成長を抑えたり、腫瘍が小さくなったものまでいた。 (Gotoh T,1998) 

味噌や納豆などの発酵食品に含まれているポリアミンにも抗炎症作用があり、血管や各組織の老化を防ぐ効果がある。

 

◎ヨモギ(適量)

http://urx3.nu/Er3

※他にもいろいろある。

 

 

【神話】

◎寿命が長くなったから乳がんが増えた

ここ30年日本人の寿命は比較的安定しているが、罹患率は2.5倍も増えている。寿命が延びたことが乳がん増加の理由にはならない。

 

◎乳がん発症率は早期発見できるようになったから

乳がんの発症率が急激に高くなったのは、マンモグラフィ検査が導入される「前」からである。日本だけでなく、イギリスをはじめヨーロッパ諸国では大規模検診をしていない国でも乳がんの発症率は増えていた。

 

◎マンモグラフィは転移性乳がんの減少に役立つ

アメリカもスイスもマンモグラフィに効果がなかったことが示されている。

マンモにより発見率が上がったとしても、本来の最終目的としている転移性乳がんの発生はいっこうに減らなかった(Archie Bleyer, N Engl J Med 2012)

 

◎早期発見・早期治療が最善の予防策

検診より予防が大切

http://urx3.nu/Er3c

 

◎乳がんは遺伝性リスクに大きく寄与する

決して遺伝性に関係するとは言い難いデータ

http://urx3.nu/Er3b

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放