万能酵母液                          nancy/富岡奈々


万能酵母液とは、玄米にいる酵母菌から作った液体の事です。 

万能酵母液は、飲むことで腸内環境を整え体質改善され、身体のバランスを取り戻してくれるスーパードリンク。 

万能酵母は玄米酵母とも呼ばれています。

飲用の他、直接肌につけてもよし、料理やお掃除にも使えるといった万能さから、万能酵母と呼ばれています。

 

酵母とは、自然界の植物、樹液、花蜜、果物など、いろいろなところに生息する「菌」つまり「微生物」です。

酵母は、有機物(=食物)を利用して分裂しながら成長します。この状態が「発酵」です。

私たち日本人は古くからこの自然の力を利用してお味噌、漬物、納豆などを作り、これらの発酵食品から酵母を取り入れてきました。

 

酵母が体内に取り込まれると、以下の様な働きをしてくれます。

・発酵作用(糖分を食べ、アルコールと炭酸ガスを排出)により、糖質の吸収を抑制・腸内で善玉菌のエサになり、善玉菌として働き、腸内環境を整える

・酵母の持つ食物繊維が腸の動きを活発にする

・酵母に多く含まれる以下の栄養素

β-D-グルカンが、マクロファージやNK細胞を活性化

ビタミンB群が、たんぱく質や脂質の代謝を助け、エネルギーに変える

たんぱく質(酵素)が、栄養の消化・吸収の働きをするなどがあります。

 

さらに、

玄米酵母には、

DNAの遺伝子情報の初期化「本来あるべき姿」に戻すDNAの補修剤としての働きを持っており、他の酵母と比べ非常に強力なパワーがあるという事なのです。

 

3.万能酵母液の効果

 ・便秘解消

 ・デトックス効果

 ・体臭がなくなる

 ・免疫力を高める

 ・疲労回復

 ・若返り

 ・お肌のシミが薄くなる

 ・アトピーが改善する

 

4.万能酵母液の作り方

万能酵母液をつくる時は、350ccのペットボトルでつくると分かりやすいです。

 

【材料】

 玄米 20g

 さらさらした黒糖 65g *黒い粒粒が残ってないもの

 自然塩 7g

 水道水(浄水したもの) 200cc

 

上記をボトルでミックスし振って材料を溶かす。

 

 

①【原液をつくる】

 ★保温管理・30~45度の環境で、16~18時間(一晩ほど)、安置

   または

 ★室温(25度を目安) 夏は24時間、冬場は48時間

 

*これはあくまで目安です。

  玄米は使うほどに発酵の時間が短縮されてゆきます。

  元気な玄米は上記の時間より早く発酵します。

 

発酵の目安

 ★キャップを開けると小さく「プシュ」という音

 

 

②【希釈1回目】

 玄米を濾して、3リットルの水を追加 → 24時間ほど安置

 

③【希釈2回目】

 さらに3リットルの水を追加 → 約1時間安置 → 6リットル完成

*このときに自然塩25gを加えると、発酵止めになります。あってもなくてもよい。

  

 

 

・濾した玄米は【冷凍保存で】繰り返し10~15回使えます。

  (崩れてボロボロになったら交換)

・保存は冷蔵庫が安心。気温が高いとさらに発酵が促進されます

 

 

【温度管理、工夫あれこれ】

 ・風呂を沸かしたら、一晩ボトルを湯船に浮かべる 

 ・炊飯器で充分温まったら、ペットボトルホルダーやアルミシート→毛布やフリースでくるむ

 ・ヨーグルトメーカーあれば大活躍

 ・最初から温水を入れない。常温からじょじょに温めることが大事。

 

 

【原液に追加する水の目安は[原液の13倍]】

 一気に大量に~が困難な時は、小分けにして、残った分は冷凍保存が無難

 ★たとえば最終的に2ℓボトルを目指すとすれば

  (希釈①原液80ml×13倍=1040ml ) × 希釈②で2倍 

 

 

【使い方あれこれ】 

 ・ドリンクとして飲むなら、一回に300cc、一日に800ccまで

  それ以上は摂取しても排出されてしまう。

 

 ・料理の隠し味

  ご飯を炊く時は、通常の水の半分くらい

  煮物にちょっと足すと風味増します。

  スープに、粉の水溶きに、水がわりになんでもあれ。

  ストレートに飲用OK!ハーブティや野菜・フルーツジュースにミックスしたりスムージーにも

 

 ・入浴時

  お風呂には最低100cc もちろんそれ以上ホントは推奨。

   → ぽかぽか芯から温まります。なんてったって、お湯や優しい柔らかい感触になります

  肌も髪も柔らかく健やかになります。石鹸・シャンプーがわりに。(じょじょに慣れてきます)

 

 ・お掃除・洗濯に

   窓ふき、床掃除、台所用品のしつこい油汚れに

   洗濯は柔軟剤が必要なくなります。

 

 ・ペットにも安心。飲用、スプレーしてブラッシングに。はみがき出来たらお口臭くなくなるかも

 

 

【希釈はなぜ必要】

玄米菌力が強過ぎると、好転反応も強く出やすいので、安心して活用するための工程と希釈割合。

時間を置くのは菌を安定させるため。(PH値を整えます)

 

【浮遊物・沈殿物・】

菌が生きてる証拠です。トロミが出ることもあります。

*泡が出始めたら過発酵。そのまま発酵が進むとアルコール、そして酢になります。

  味的に「ん?」となっても捨てずに掃除や入浴剤として活用しましょう。

 

【黒砂糖と塩について】

 ・黒糖は、黒いツブツブがないものを選ぶ。沈殿物として余計な菌を発生させてしまう。

 ・ 岩塩より海からの塩を選んでください。

 

*工程③で加える塩は、以降の発酵を抑制するため。

  ミネラル分の補給も出来ます。味的に風味も増します。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放