万病一元、血液の汚れより生ず                ひかり療術院


東洋医学の基本認識「万病一元、血液の汚れより生ず」(すべての病は血液の汚れ=血中の老廃物、毒素が原因)を踏まえて、こうも仰せです。

 

とにかく、癌であろうと、何の病であろうと、一番忘れちゃならないことは、血液を純潔に清淨ならしめること、そして、その方法をしょっちゅう、普通に生きてる場合でも忘れちゃいけないんだ、ねえ。

何の病でも血液が汚いんだ。

 

風邪ひとつだってそうよ。

血液がきれいだったら、風邪ひかないのよ。

あなた方は寒さに当たると風邪ひくと思ってるが、違うんだもの。

寒さに当たって体力が弱ると、体の中のばい菌が猛威をたくましくするんだが、そのときに血液がきれいだと、ばい菌先生、暴れようにも暴れられなくなっちまう。

それが、血液が汚いと暴れ出すんだ。

すると、すぐ熱が出てきたり、頭が痛くなったり。

もっとも、そのときの熱というものは悪い熱じゃない。

ばい菌の暴れたやつを、できるだけ弱らせちまおうと思って熱が出てくる。

 

だから、風邪ひきでも熱の低いやつは困るんです。

いつまでたっても治らねえんだもん。

四十度ぐらいの熱だというてえと、一週間、十日で治っちまう。出るんだか出ねえんだかわからない、まるで、けちんぼが買い物に行ったときみたいにだね、いつ測っても七度五分か八度ぐらいで、ひと月もふた月も丹念に風邪ひいてる人がいる。

そういう人は、いつでもね、もう一遍カーッと熱出させてやります。

一遍もとへ返らなきゃだめ。

それで一気に治しちまわなきゃだめだ。

 

更にこうもおっしゃっています。

考えてごらん、あなた方。

どんなできものでも、それが痔であろうと、ニキビでも、体の中の病的物質が、いいかえれば、病毒が体の外に出ようがためにその現象が出てきたんだ。

だから、おできができたら、「本当にありがたい。うれしい」と思いなさい。

体の中の悪いものが外に出てくれるんだもん。

 

そういう腫物の類を電気の針で焼いたり、メスでもって切ったりする人があるけども、これは病毒の出口をふさいでしまうことになる。

また、出口の出を悪くすると、その恐るべき病毒は体のどこかの部分にたまってしまう。

そういうやつは体の中にいられない身分なんですから、何とかして出ていこうとして、いつかは必ず、組織の一番食い破りやすいところへ行って悪さをするんだ。

だから、痔を手術した人は大抵三年、五年のうちにどこかに病をわずらってくるだろう。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放