ミネラル補給                         吉冨 信長


牛や馬などもミネラル補給をいつも欲しています。

モンゴル遊牧民のところでは、常に岩塩を置いていました。

 

野生動物も食性とは別にミネラルを求めて、赤土や金属が溶出した箇所を見つけてはなめています。

 

家畜さんたちもミネラルを欲しています

モンゴル遊牧民は、牛や馬などの家畜らを一時的に入れる柵を用意していますが、この中に岩塩の固まりを入れています。

 

岩塩といっても、とても固く、まるで石のようでしたが、これには塩分をはじめ、マグネシウムなどの重要ミネラルがたっぷり入っているそうです。

 

草原では資源や湖・川が少ないこともあり、ミネラル不足にならないように、家畜さんたちも自分たちのタイミングで、この岩塩の石をよく舐めていました。

食事だけでは獲得できない栄養分を補給する、一種のサプリメントのようでした。

 

野生動物でもミネラル不足になると、本能的に塩分やミネラルを探し求めます。

しかし、私たち人間は動物の勘や本能が薄れてしまうと、その欠乏さえ自覚症状がない状況です。

ミネラル欠乏になると、家畜でも気性が荒くなります。

そうならないように、遊牧民は知恵でこうした石を置いているのでしょう。

 

ミネラルなしではミトコンドリアが活性しません。

ミネラルなしでは体内の酵素が働きません。

酸化ストレスも対処できませんし、免疫もあがりません。

動物は生きるためにいつもミネラルを欲しているのです。

 

自然の中で育った動物はとてもたくましいです。

そのたくましさを保っているのは、食事とこのミネラル摂取にあります。

 

あるモンゴルの資料・文献を見させてもらったのですが、湖が近くにある地域では、その周りの土質に塩基分やミネラルが多く含まれているため、地元住民はこの土質を料理やお茶に混ぜているそうです。

 

日本人の学者がこの土質を調査したところ、1gあたりマグネシウム24,800mg、カルシウム2,380mg、鉄31,100mg、カリウム2,710mg、ナトリウム3,540mgも含まれていたそうです。

栄養面からみれば最強の土質でしょう。

これを経験的に地元住民が食事に利用していたというので驚きです。

 

家畜さんたちもこのようにミネラルを欲しています。

私たちも、意識して摂取していきたいものです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放