ミネラル吸収と体温                       吉冨 信長


ミネラルの吸収効率を上げるには、体温を37℃~36.5℃に維持する必要があります。

体温が下がると、ミネラルの吸収率が大幅に低下します。

 

体温によってミネラルの吸収効率が劇的に変化する背景には、ミネラルの吸収プロセスがタンパク質や酵素活性に依存しているからです。

体内酵素の多くが実に体温37℃前後で活性化されます。

そのため、正常な酵素活性下では、ミネラルの吸収効率があがるのです。

 

また、体温はエネルギー(ATP)活性の指標でもありますので、ミネラルの取り込みはATPにも依存していますので、こうして、正常な体温を維持することは、必須栄養素の吸収に大きく貢献しています。

 

例えば鉄ですが、鉄は栄養素としてはヘム鉄と非ヘム鉄に分かれます。

ヘム鉄の吸収率が非ヘム鉄に比べて高いことはご存じかもしれませんが、そのためどうしてもヘム鉄摂取のほうに注目されてしまいます。

 

しかし、生体の状況によって、それぞれがそれぞれの特有のプロセスの中で鉄の働きを行うので、どちらも重要なのです。

 

ヘムの取り込みは、体温に依存しています。

体温37℃時に、細胞がエンドサイトーシス(細胞が細胞外の物質を細胞膜取り込む作用)によって積極的に取り込むことがわかっています。

 

また、最近ではこのエンドサイトーシス経路とは別に、PCFT/HCP1という輸送体によっもヘムを取り込むことが報告されていますが、この輸送体による吸収率も温度依存性であることがわかっています(World J Gastroenterol. 2008 Jul 14; 14(26): 4101–4110.) 

 

ちなみにこのPCFT/HCP1は、「葉酸」の輸送体でもあります。

 

非ヘム鉄の取り込みは、三価鉄(Ⅲ)の場合、アスコルビン酸(ビタミンC)の還元作用に依存しますが、これも温度依存性です(J Nutr.1995 May;125(5):1291-9.)。

 

こうしたミネラル取り込みの温度依存は動物細胞に限らず、植物細胞においても見られています。

 

しかし、そもそも体温の低い人は、ミネラル欠乏に起因していることが多いのも事実です。

こうなると負の連鎖に陥る感じがしますが、低体温であっても吸収率がゼロということではありませんので、食事療法を取り入れても正常になるまでには時間がかかるということになります。

 

体温は正常なATPが産生しているかの指標であり、酵素活性の指標であり、ミネラル吸収の指標にもなるのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放