ミトコンドリアは母親由来                    池澤 孝夫


エネルギーの産生工場である「ミトコンドリア」は母親から受け継がれます。

日本人女性の大半は「非筋肉質」であり、もともと少量のインスリンで血糖値をコントロールできる「グルコジェニックモード」を得意としています。

 

したがって、生まれてくる子供の多くは「グルコジェニックモード」を得意としているはずなのですが、妊娠中にお母さんが「妊娠糖尿病」を発症してしまうと、胎児は「高血糖状態」から逃れるために「インスリン」を過剰に分泌するようになります。

 

「妊娠糖尿病」という診断基準に当てはまらなくても「間食」によって一時的な「高血糖状態」が繰り返されると同じようなことが起こることもあると考えられます。

また「空腹時血糖値」や「随時血糖値」に異常がなければ「食後高血糖」が見逃されている妊婦の数は結構多いのではないでしょうか。

 

つまり、母体が「高血糖状態」だと、子供の「ミトコンドリア」は「グルコジェニックモード」が得意なのに「すい臓のβ細胞」の「インスリン分泌能」は高くなってしまいます。また「すい臓のα細胞」の「グルカゴン分泌能」は低下してしまいます。

 

こうなると、生まれてきた子供は「糖質」に対して「インスリンの過剰分泌」が起こりやすくなり「インスリン感受性が高い体質」とあいまって「血糖値の上下変動が大きくなりやすくなる」ことが予想されます。

 

「グルカゴン感受性が低い」と「機能性低血糖症」を起こす原因になってしまうかもしれません。

「インスリンレベルが高くなること」「血糖値が急激に下がりやすくなること」は「過食」や「間食」につながり「糖質過多」への悪循環が続いてしまう原因になります。

 

そういう意味で「太りやすい子供」だけでなく「体調不調の子供」が目につく原因は、母体の妊娠中の不用意な「精製糖質」の摂取過多による「高血糖状態」と言えるのかもしれません。

 

また、大人の場合にあっては、自分の母親が「中年太りになってきた」だけでなくても「糖尿病になった」「がんになった」など「エネルギー代謝の異常」が関与する「病気」があれば「母親と同じミトコンドリア」を持っているのですから、糖質にまみれた母親を「反面教師」として自らの糖質の摂取を控えることに気づくことが大切です。

 

【Q】ミトコンドリアが母性遺伝する理由を教えてください

【A】卵が受精する際、精子はその核だけを卵内に手渡します。

よって受精卵のDNA以外の部分(細胞質やミトコンドリアなど)は純粋に母親由来です。

 

もちろんこれらはDNAによって作られますので細胞が分裂していくうちに両親の遺伝を引き継いだものと取って代わられますが、ミトコンドリア(と、植物なら葉緑体も)だけはミトコンドリア内部に独自のDNAを持っていて、増殖が核に支配されません。

 

よって初めに受精卵にいた、母親由来のミトコンドリア達が増殖を繰り返し、子のミトコンドリアとなるわけです。

 

実はこれによって母方の直系がたどれるので、「人類の母」は誰なのかという疑問の解決に役立つのではないかといわれています。

 

現在有力説の一つである「アフリカのとある女性」も、このような理由から「ミトコンドリア・イヴ」と呼ばれています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放