マグネシウム欠乏の人が増えています               吉冨 信長


もともと日本の土壌にミネラルは少ないため、マグネシウムをきちんと摂取するというのは、実は困難です。

さらに、現代の日本人は食事内容や生活習慣があまりよくないため、胃や腸内環境が悪化している人が多く、これによって吸収が上手く出来ず、深刻なマグネシウム欠乏になっていることでしょう。

 

マグネシウムは基本的に血液検査では状況把握が難しいため、どうしても見逃されてしまうミネラルの一つです。

体内の多くの酵素反応に関与しているため(特にミトコンドリア内)、マグネシウム欠乏により多くの種類の不調が起きてしまいます。

ところが、一般の病院では原因不明となり、最終的にはマグネシウム摂取を無視した対症療法による薬漬けなどが始まってしまうという悪循環が起こっています。

 

マグネシウムは多くの植物性食品から摂取できますが、農薬や化学肥料の使い過ぎで土壌のマグネシウムは作物まであまり届かず、現在の野菜の栄養価低下をもたらしています。

さらに、海藻離れ、小魚離れ、大豆離れ、加工食品の増加などが決定的となっています。

 

また、食品添加物の多くがマグネシウムを損失させます。

外食の多い人や加工度の高い食品に依存している人は、慢性的なマグネシウム欠乏に陥り、体内のすべてにおいて影響があるため、マグネシウム摂取を開始しても改善するのに時間がかかります。

有名なのは加工肉で使用されるリン酸塩です。

これはマグネシウムと結合力が非常に高いものです。

 

過剰な糖分からも多くのマグネシウムが取られてしまいます。

ある説では、グルコースの1分子を代謝するためには、少なくともマグネシウムの8~20分子を必要とするそうです。

過剰な精製糖質の摂取は避けるべきです。

他にも多くの医薬品はマグネシウムと結合します。

 

重金属曝露によるマグネシウム欠乏もあります。

水銀、銀、カドミウム、銅、鉛などが体内に多く蓄積されていると、マグネシウムの吸収が低下します。

まずはこれらをデトックスすることも大事です。

特に日本人には水銀やカドミウムの曝露が多いのが現状です。

逆にマグネシウムをしっかり保持している人はこれら重金属を解毒する酵素がきちんと働きます。

よってまずは重金属をデトックスし、その後マグネシウム保持が安定するようになれば、重金属曝露からも比較的逃れられるかもしれません。

 

他にも、インスリン分泌、骨粗鬆症、歯周病、筋肉痛、心疾患、などなど挙げればきりがないくらいに関わっています。

 

まずは、体内にマグネシウムをきちんと復活させ、亜鉛・鉄も取り戻し(または維持させ)、ミネラルのチームプレーを蘇らせましょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放