ボーブロスで胃腸を癒す                    池澤 孝夫


「ボーンブロス」が優れた「たんぱく質源」とするなら「消化吸収」に必要な時間が短いこと、また「25g負荷」での実験からわかるように「追加インスリン分泌」が「スパイク状」に起こるものの「ケトン体濃度」の急回復が起こることから「インスリン作用時間が短い」ことがあげられよう。

 

実際、卵やステーキのみでも「胃もたれ」を起こしやすい方でも、食後1時間足らずでいの不快感や膨満感は解消している。

 

たんぱく質量が25gというのは、成人の一食の摂取量としては平均的であり、これをベースに「個人個人に適した糖質」を必要量追加し、バターや生クリームなどの「脂質」を加えることで「適量のインスリン量」で、しかも「短時間」で「食べたもの」を処理できる可能性が高い。

 

「コリンエステラーゼ(ChE)」が低値で「たんぱく質代謝」が低下している方にとって「ボーンブロス」を「たんぱく源」の中心に据えて「卵」「肉」「魚」を適宜加える食事法を試みることが「たんぱく質不足」を改善する「切り札」になるかが課題になる。

 

一方「胃腸に優しい食事」であっても「腸内細菌叢」が正常でなければ「インスリンやインスリン拮抗ホルモン」の分泌にも影響してくるだろう。

 

したがって「乳酸菌」「ビフィズス菌」などの「プロバイオティクス」を積極的に摂取すること、また「野菜」「果物」「豆類」「芋類」「海藻」などの含まれる「食物性繊維」や「ファイトケミカル」にも注目して、これまでの「エネルギー代謝」を意識しすぎた食事法からの脱却をはからなければならないだろう。

 

「腸」が「栄養の入り口」であり、そこで働く「無数の細菌たちにアウトソーシング」している「ヒト」にとって、彼らが働きやすい環境を「食事」や「サプリ」から提供していくことも忘れてはならないとうことだ。

 

「ブドウ糖」は「過剰」であっても「不足」してもいけないものだ。

だからこそ「代謝回路」の中で「中間生成物」として存在しているともいえる。

おそらく「ケトン体」という脂質由来のエネルギー源とも協調して「恒常性」を保つ仕組みになっているのだろう。

 

「恒常性」を保つためには「たんぱく質」で出来た「多くの酵素」が機能してくれることが必要だ。

「たんぱく質不足」が原因で「酵素不足」になって「代謝」が上手く行われていないことを考えれば「画一的な食事法」で根本的な解決が出来ないことは明らかである。

 

インスリン負荷が少ない「ボーンブロス」という「たんぱく質源」を新たなアイテムとして取り入れ「胃腸を癒す」ことから「代謝の正常化」に取り組んでいきたい。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放