ホルモンの世界                      Dr. Mercola


「素晴らしいホルモンの世界」 は、過去10年にわたってホルモンについての分野での医学の大きな進歩を含め、ホルモンの歴史および発見に迫る、人を動かさずにはおかない新しい映画です。

 

内分泌物質がどのように働くかに関する最近の発見は、ホルモンが健康と疾病に果たす決定的に重要な役割についての私たちの理解を変えてきました。

ホルモンは成長から代謝および意欲まで、生命現象のすべての関連する、不可欠な存在です。

すべての多細胞生物、植物、動物はホルモンを使用します - ミミズからシャチまですべてです。

 

単語「ホルモン」はギリシャ語の「hormon,」に由来します。

これは「興奮させる」こと、あるいは、「推進する」ことを意味します。

胎内にいるときから、ホルモンはあなたの身体を形作っています。ですが、ホルモンはこれほど重要でありながら医学では謎として残されてきました。

 

心拍、消化管のぜん動など観察や計量がより容易な他の生物学的プロセスと比較して、ホルモンはわかりやすいものではありません。

ホルモンについての理解は、科学者にとっては、医学の世界の探偵となることを必要とします。

また、フィルム中で詳しく述べられるように、これらの「ホルモン探偵」は、内分泌内科学の分野でのさまざまな紆余曲折を経てきました。

 

 

小さな包装の中に多くのパンチを梱包する

ヒトのホルモンには、80種類を超える種類が識別され、それらは明確に異なる役割を持っています。

ホルモンはそれぞれ特定の標的細胞を持ち、他の細胞では無効で通り過ぎてしまいます。

 

ホルモンがその特定の標的細胞に作用するときは、特定の機能を行なわせるために細胞の挙動を変えます。

例えば、アドレナリンというホルモンは心拍をより速くします。

また、ある食品を食べる場合、ガストリンというホルモンは胃に胃酸を分泌させます。

 

ホルモンは、非常に少量で細胞に影響を及ぼします  あらゆる分子1つ1つがはインパクトを持つのです!

このため、BPAやフタル酸塩のような内分泌撹乱物質は微量であっても非常に危険なのです。

いくつかのホルモンは、他のホルモンの放出を刺激するためにあります。

一部は体の全体にわたって影響を及ぼしますが、別のホルモンは組織の小さな局所的なエリアにのみ作用します。

一部のホルモンはまさに劇的効果を持っています。しかし、別のホルモン影響はより微妙です。

 

ホルモンの種類 ―基本

ホルモンは作用に基づいて、4つのカテゴリーに分類することができます。

ステロイド、ペプチド、アミノ酸誘導体(アミン)およびエイコサノイド。

ステロイド・ホルモンは性ホルモンと副腎ホルモンを含んでいます。

 

ペプチドは、ヒト成長ホルモン(HGH)、インシュリンおよびメラトニンを含む種々様々の化学的メッセンジャーです。

アドレナリンはアミンです。

また、プロスタグランジン(炎症に関係する)はエイコサノイドです。

ホルモンは複雑な機序で安定した状態に保たれています(ホメオスタシス)。

 

またホルモンの分泌は3つの主要なメカニズムが引き金となって起こります。

 ・血液中の特定の分子(例えばフィードバックメカニズムとなる無機質あるいは栄養素)

 ・他のホルモンによる刺激(これは予測可能なパターン中で増減し、典型的にはホルモンの 周期的 放出に結びつきます)

 ・神経系(これは典型的にはアドレナリンのようなホルモンのショートバーストに結びつきます)からの信号による刺激

 

ホルモンは内分泌腺あるいは外分泌腺から分泌されます。これは分泌の場所の違いです。

 ・内分泌腺: ホルモンは、無道管腺(脳下垂体、副腎、甲状腺、卵巣、睾丸、膵臓など)から血流へ直接放出されます。

 ・外分泌腺: ホルモンは、胃の中や唾液腺あるいは胃腺のような、管やルーメンに放出されます。

 

腎臓、膵臓および生殖腺のような一部の器官には、内分泌腺・外分泌腺の機能があります。

「内分泌系」は一般に胎盤のような、妊娠中にエストロゲンとプロゲステロンを分泌する他の組織および器官ではなく、ホルモンを分泌する8つのシステムを指します。

 

「肥満ホルモン」の発見は内分泌内科学を覆しました

「満足ホルモン」レプチンが脂肪細胞によって作られることをロックフェラー大学の分子遺伝学者ジェフリー・フリードマンが発見した時、内分泌内科学の分野は1994年には天変地異が起こりました。

それまで、体脂肪は内分泌器であるとは考えられていませんでした。

また、 肥満は 一般に内分泌腺の問題とは考えられていませんでした。

ホルモンであるレプチンによって、いつ食物を止めるべきであるかが脳に伝わり、すなわち脂肪細胞が多かれ少なかれ脳を「コントロールする」という発見が全てを変えました。

 

ロックフェラー大学によれば

「レプチンは血流の中への脂肪細胞から分泌され、食物摂取量とエネルギー消費を調整するために脳に作用します。

脂肪が減ると、血漿レプチン・レベルも下がり、脂肪が回復まで食欲を刺激し、エネルギー消費を抑制します。

脂肪が増えれば、レプチン・レベルは体重が減るまで食欲を抑えるために増加します。

このシステムでは、脂肪組織がホメオスタティック・コントロールを維持しています。」

 

問題は、脂肪細胞と脳の間のこのフィードバックループが誤動作する場合があり、その結果レプチン・レセプターの感度が失われる場合があるということです。

より多くの脂肪細胞を持っているほど、レプチン・レベルは高く、より多くの"「レプチン抵抗」が発生します。

これは慢性的にインシュリン・レベルが高いことから起こる、インシュリン抵抗性と同様です。

インシュリンおよびレプチン抵抗の両方が肥満と 2型糖尿病 に関係し、慢性消耗疾患のほとんどすべての根本にある問題です。  

 

薬物療法はインシュリン抵抗性には効果がなく、逆効果となってしまします。

また薬物療法は恐らくレプチン抵抗も解決しません。

レプチン抵抗を修正する理想的な方法は食事です。

よい脂肪を多く摂り、血糖スパイクを回避する自然食品は、インシュリンおよびレプチン感度の両方を改善するでしょう。

 

ホルモンが乱れる場合

老化、ライフスタイルおよび環境要因のような多くの要因が、ホルモン機能に影響する場合があります。

これらの変化はホルモン生成、ホルモン物質代謝、および標的細胞のホルモン・メッセンジャーへの反応性を変えます。

年齢関連の変化 はほぼすべてのシステムの中で観察されました。

 

他に、内分泌機能に悪影響を及ぼすと知られる要因は下記を含んでいます。

 ・遺伝:先天性の出産時欠損および突然変異(染色体が見当たらないあるいは破損した染色体)

 ・疾病、感染、自己免疫疾患、アレルギー反応および他の健康状態

 ・トラウマ、重病あるいは怪我を含むすべての種類のストレス 

 ・手術、放射、化学療法、薬および他の医療手技

 ・内分泌撹乱物質(EDC)

 

ホルモン混乱は、様々に影響する場合があります。

受胎率低下、免疫反応阻害、およびストレスに対処する能力を縮小する神経学的な変化などです。

食事とライフスタイルの選択はホルモンを調整するうえで重要です。

しかし、さらに、内分泌撹乱物質を避けることも非常に重要です。

 

有害な食品、運動不足およびビタミンD不足とあわせて、内分泌撹乱物質(エストロゲンに構造に類似し、大部分はプラスチック製品から見つかります)は、性早熟症や癌の要因となります。

 

手軽なホルモン・リファレンスガイド  

< ホルモン 作られる場所  一次機能 >

I. ステロイドホルモン : コレステロールに由来し、性ホルモンと副腎ホルモンを含んでいます。

 エストロゲン 卵巣、胎盤、胸、肝、副腎、脂肪細胞、視床下部、 その他 女性の性的発達、胸の発達、月経、妊娠、記憶、老化防止。

 プロゲステロン  卵巣、胎盤およびCNS 女性の性的発達、胸の発達、月経および妊娠

 テストステロン  精巣と卵巣 男性の性的発達、性衝動、精子生産、および筋肉および骨密度

 DHEA (デヒドロエピアンドロステロン) 副腎 と脳 体脂肪率、骨密度、免疫、心臓の健康およびストレス抵抗性

 プレグネノロン  副腎 記憶とストレス抵抗性

 コルチゾール 副腎 ストレス抵抗性、エネルギー生産、抗炎症および冗長安定

 ビタミンD (1,25 ジヒドロビタミン D またはカルシトロール) 皮膚、肝および腎臓 骨および筋肉の健康、心臓の健康、免疫、物質代謝、

                                        脳の発達、細胞のコミュニケーションほか

 

II.ペプチド・ホルモン :  しばしば「前ホルモン」形態を取り、アクティブに作用するには別の処理段階を経ます。

 HCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン) プラセンタ 胎児の発育のための子宮内膜形成を支援(プロゲステロンを刺激)

 HGH (ヒト成長ホルモン、あるいは成長ホルモン/ソマトロピン) 脳下垂体  小児から成長期の成長促進、成人の身体の組成、

                                     組織拡大および代謝調整の支援

 メラトニン  松果腺 睡眠;支持物脳健康、心臓健康、免疫系および癌予防

 インシュリン 膵臓 細胞の中への血液から血糖を移転させる信号、脂肪調節

 グルカゴン  膵臓 肝臓に血液へブドウ糖を分泌させる信号

 プロラクチン 脳下垂体、胸、子宮、前立腺、皮膚、脂肪および免疫細胞  乳汁分泌、結合および300を超える再生、同化作用、

                                     免疫・他の機能を促進する。

 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)  脳下垂体 コルチゾール分泌を刺激

 レプチン 脂肪細胞  脂肪の調節

 グレリン 胃と膵臓  飢餓感を刺激

 副甲状腺ホルモン(PTH) 上皮小体 骨格と血液中のカルシウム量の制御

 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH) 視床下部 TH体液因子を分泌するために甲状腺を刺激

 (例えばサイモシン) 胸腺 健康な免疫系の発育

 

Ⅲ.アミノ酸誘導体ホルモン(アミン) :  チロシンとトリプトファンに由来し、甲状腺ホルモンとカテコールアミンを含んでいます。

 アドレナリン 副腎 「戦うか逃亡」の反応:心拍数を増加させて、血管を拡大し血糖を増加させます。

 甲状腺 ホルモン(TH) 甲状腺 器官発展および物質代謝

 

IV.エイコサノイド・ホルモン :  脂肪酸(アラキドン酸)から作られる;非常に短命で主として局所的な組織に影響を持つ。

 プロスタグランジン  人体中のほぼすべての細胞 子宮収縮、気管支拡張、炎症などを含みます。

 

食事とホルモン健康の間のつながり

加工食品を避けることは、自然なホルモン機能を維持するための最良の戦略のうちの1つです。

精製された炭水化物および損傷を受けた脂肪はエストロゲン・レベルを正常値の倍にまで引き上げます。

これがまず第1に更年期症状の主な原因です。

加工食品はさらに他の決定的に重要ホルモン・レベルを下げて、健康を損なうことがあります。

砂糖(特に果糖)のような成分、遺伝子組み換え、トランス脂肪、処理された塩および他の化学添加物などがあてはまります。

 

他方では、全粒粉の有機食品、高品質の蛋白質および脂肪を多く摂ることは、特に効果的な フィットネス・プログラムと組み合わせた時、年を取るとともにホルモンの平衡を保つために有効です。

概して、脂溶性ビタミンは性ホルモンに有益な効果があります。

ビタミンAが豊富な食事はプロゲステロン生成に役立ちます。

 

Hertoghe博士の健康なホルモン・レベルを維持するために推奨される食事の簡便なリストがあります。

 ・新鮮な有機野菜および発酵食品を多くした、パレオ食を食べる。

 ・急速な血糖スパイクはホルモン分泌を妨げるため、新鮮な果物ジュースを含めて、砂糖や果糖を避ける。

 ・濃い緑の葉物野菜はマグネシウムが豊富で、性ホルモン生産を促進します。

 ・定期的なアルコール消費を回避します。成長ホルモン生成を低下させるためです。

 ・発芽していない穀物を避けます。

 ・穀物を摂取する場合は(穀物自体の摂取を避けてください)それらが発芽することを確かめてください。

 ・魚、牧草で育てた赤身の肉および放牧された鶏など高品質の蛋白質を取り、低い温度で調理します。

 

閉経期のホルモン注射治療についての考察

上に概説されたとおり食事を変えても不快な更年期症状が続けば、生物学的ホルモン療法に頼る前に次のことを試してみましょう。

植物性エストロゲン :  閉経期に先立ってカンゾウやアルファルファのような多くの植物性エストロゲン(植物エストロゲン)を摂取する

            ことは、閉経期での分泌低下が仇敵に起こらないよう、日々のエストロゲン・レベルの調整を支援できます。

ビタミンD 摂取量を最適化してください : これは遺伝子調節と健康にとって不可欠のものです。

ポリフェノール :  一部のポリフェノールは欠点のないHRTのような有効性を持つと示されており、心臓病の危険を下げます。

          ロイヤルマカは閉経期の優れたアダプトゲンで、夫人びょうんみm効果があります。

          典型的には、安い変種は効果がないため避けてください。ペルーからの本物の製品を選んでください。

 

動物由来の オメガ-3 脂肪  

クリル酸 :  動物由来の高品質オメガ-3脂肪を含む食品を摂取してください。

サラシナショウマ :  ACOGでは科学的に無根拠とされた一方、 サラシナショウマ 女性の中の体温調整および一過性熱感を和らげる効果

 

このようにホルモンは複雑なテーマですが、強力な役割によって健康に大きな役割があります。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放