ホメオパシー療法                      新発見。BLOG


私の知る限りでは、医学は大きく分けて2つの派に分かれてるようです。

1.症状の抑制を目指す薬物療法、2.自己治癒をベースに心身を整える自然治癒力に重点を置いた療法。

 

現代医学の主流は1.で日本はもちろん先進国の殆どがこの療法ですね。

2. は鍼灸を中心とした日本も戦前まで主流だった東洋医学などが代表であげられます。

ただ、自然療法もいろいろな流派があるようでして、その中に「ホメオパシー療法」というのがあります。

これが日本では異例のバッシング対象でして日本医学会はじめ現代医学に関わる人や一般企業にまでボコボコに叩かれているんです。

そんな、常に変な注目を浴びるホメオパシー療法を取り上げてみます。

 

このホメオパシー療法ですが、明らかに日本では周知されておらず、その名を聞いたことのある人も「非常に怪しい~(横目)」と眉唾的、宗教の壺売り的な目で見る人も多いのが現状でしょう。

ホメオパシー療法というのは、鍼灸治療と同じように世界では一般的に認知されていてイギリスでは保険適用にもなっているれっきとした医療対象の療法にも関わらず、日本では”科学的でなく、効きもしない治療”という全面否定のレッテルを貼られ続け、それを受けてメディアも現代医学ひいき目の報道で「ホメオパシー=変な怪しい療法」という方向へクローズアップしている傾向があるようです。

 

それだけ日本は西洋医学の神格化と異常なまでの現代医学の医者、医療依存の国民に仕上がったということなんだと思います。

効く効かないは置いておいて、ホメオパシー療法がどうにも非科学的で怪しいというネガティブなマインドになるのは完全に洗脳されてしまったからでしょうね。

 

このホメオパシー療法、本当に怪しくないんですね。

なので鎖国された日本!とすら思いました。

だってアメリカ、イギリス、インドでは一般の人は医療のひとつとして公に認知されていますし、スイスでも国民の半分に浸透しているものなんですよ。

その事実を知っている日本人ってまだほんの僅かじゃないでしょうか。

 

なんだかわからない方のために簡単に説明すると、約200年前、ドイツの医師サミュエル・ハーネマンという人がキナという植物の樹皮が発熱、悪寒、腹痛、下痢などマラリヤに似た症状が出ることがわかり、キナを使うとマラリヤ患者を治すことを発見しました。

それを「同種療法」と呼び、その後、様々な物質によってどのような症状が出てくるかを実験し、レメディー大辞典『マテリア・メディカ』を作りました。

それによって多くの病気の症状に対応できる同種療法、ホメオパシー医学を確立し、この療法が現在に至ってます。

 

どうやって療法するかというと、症状を増幅させるときに、ある作用を持つ植物・鉱物・昆虫などを徹底的に薄めた「レメディー」といわれる砂糖玉を飲むわけですね。

これは自然のものを希釈しただけなので、赤ちゃんでも飲める安全・安心な療法として長い歴史を経て現在に至っている自然療法の一つです。

 

冒頭の1.であげたのように、症状の抑制を目指す薬物療法とは正反対の、「症状には同じような症状を出すもの(レメディー)を与えて自己治癒力を増幅させる」という「同種療法の法則」に基づいているわけですね。

 

注目すべきは、有害な薬の大量生産を推奨し、製薬メーカーにどんどん資金を送り込み儲けているロックフェラー家は薬を飲まずホメオパシー療法をしています。

また、薬の有害に気がついている多くの人はこのオプションを取っています。

その証拠にアメリカでは公の自然療法として市民権を得ており、自然食品を売る大手のスーパーの一角に堂々と場所を大きく取ってレメディーの販売をしています。

 

こうした長い歴史のある自然療法を駆逐するに至ったのは、やはり症状が出たらこの薬を飲めば治る(と思わせる対処療法)薬物療法の台頭ですね。

これが世界的に広がり、医療文化としてすっかり根付き、確固たる地位を築いたからですね。

 

日本では過去からいろいろなバッシング対応、記事を目にします

 - JCBが契約解除 「ホメオパシー商品」クレジットカードが使えない

 - ホメオパシー団体が“癒しフェア”で堂々と脱法行為

 - 日本政府公認の日本学術会議からホメオパシーの効果が否定される

 

その日本芸術会議会長のコメントを全面支持するという日本医学会のサイトです。

(以下一部抜粋)

西欧医学を基本に据え、科学的な事実を重視する医療改革を行う中で医学教育からホメオパシーを排除し、現在の質の高い医療が実現しました。

(中略)

日本ではホメオパシーを信じる人はそれほど多くないのですが、今のうちに医療・歯科医療・獣医療現場からこれを排除する努力が行われなければ「自然に近い安全で有効な治療」という誤解が広がり、欧米と同様の深刻な事態に陥ることが懸念されます。

そしてすべての関係者はホメオパシーのような非科学を排除して正しい科学を広める役割を果たさなくてはなりません。

(抜粋終了)

 

東洋医学の代表的治療法の鍼灸って体内にある気の流れを変えて治療していくという非科学的な治療法で基本保険適用外になっていますよね、

でもこうした自然療法が叩かれず、日本で地位を築こうとするホメオパシー自然療法には目くじら立てて西洋医学の人らが圧力をかけるのに不自然さを覚えてしまうんですよね。

 

現代の薬物療法で亡くなったり重篤になったり、後遺症で訴えられている人や医療ミスで亡くなったりしている人が半端ない数なのに、この行為は許されているんですもんね。

これらの圧力は毒薬療法の治らない西洋医学に気がついた人が増えてきて自然療法に流れていく危機感の表れかもしれない、と思うのは私だけ。

 

2008年とちょっと古いですが、今から7年前のマーケティングリサーチ会社の結果で既にブラジルでは58%、フランスでは40%の国民がホメオパシー療法を信用しているという結果で、スイスでは現代医学療法よりも効果的であり、安全で経済的な選択療法である認識にまでなっているようです。

ところが「ホメオパシーはいかなる疾患にも効果なし」とオーストラリア国立機関が発表しました。

この発表に限らず、各国の殆どのアンチホメオパシー側の主張は、”科学的な根拠裏付がない”というわけですね。

正直、個人的にも本当に効くのかどうかという点でははっきりとは分からないですが、こうした主張が何かズレているというか、治療という概念が違うような気がします。

 

レメディーというのは、もともと人が持つ病気を治す自然治癒力を最大化するためのサポートにすぎないですから、弱って体力がない人や致命的な状況の人がドラゴンボールの仙豆のように劇的に回復するわけがなく、体力、免疫力のない人には特に効果が期待できないのではと思うんです。

そういう仙豆みたいな効果を期待してるなら、現代医療の薬物対処療法がいいのではないでしょうかね。

 

薬物の副作用による内蔵、身体の不調を恐れてホメオパシー療法を選んでいるものと推測します。

とは言え、当然、大怪我や緊急措置が必要な状態になったら西洋医学による処置は必要でしょう。

 

ホメオパシー療法というのは、基本的に自己治癒可能な健康体を維持している人が、何か治療を必要とする時に現代医学の毒薬による対処療法ではなく、自分の自己治癒力を促進するためのサポートとして飲むもの、なのです。

ですので、どんな状況でも誰でも飲めばすぐに治るものとして扱って現代医療と比較していること自体が誤りで、そういう視点で報道とか研究、見解がされているように感じるので違和感を覚えるのかもしれません。

 

もし(洗脳されたまま)現代医療の薬とレメディーを同じ領域(同等)医療のものとして扱ったり、評価している人がいるなら、そもそもレメディーという捉え方が根本的に違うのではというのが私個人の考えとしての結論となりました。

 

現代医療に使われる薬の多くは、世界の大富豪である大財閥ロックフェラーが設立した「ロックフェラー医学研究所」の現代医学教育システムから始まっています。

現在は、彼らの金融(金貸し)を通じて世界の大手製薬会社の大株主となり、彼らの支配する石油を使って薬が開発・販売されています。

 

しかし、おかしなことにロックフェラー一族は、世界の現代医療(西洋医学)を牛耳っている現実とは裏腹に、現代医療を信じず、薬は一切飲まないで代替医療のホメオパシー療法を取り入れています。

これには苦笑いしちゃいますが、そのおかげか、一族は長寿です。

いま、アメリカでは、このように現代医学を使わずに代替医療を使う人達が増えています。

 

アメリカでは「代替医療」と呼ばれる現代医療を避けた医療法を選ぶ人は、保険に入っておらず高い医療費を払えない貧困層だけではなく、実は十分な資産を持ち、教養を受けている富裕層・エリート層が積極的であるということを。

富裕層がそうした選択に至るのは、もちろん対処療法の西洋医学の限界を感じていること(例えば様々ながん治療法や治療薬が毎年発表されても、年々がん患者や死亡者数は右肩上がりの状況である事実など)もありますが、統合医療の第一人者であるアンドリュー・ワイル医学博士の存在は外せません。

日本ではイマイチな認知度かもしれませんが、アメリカでは有名な人です。

彼はもともとハーバード大の医学部の学生でしたが、現代医療は単なる対処療法では本当に人の体は治せないことを悟り、人間の体が奥底に持つ驚くほどの回復力(自然治癒力、細胞の再生力)があることを理解し、本質的な治癒法を追求します。

 

そして、心と体を含め総合的に病気の原因をみた「統合医療」を目指さないことには人は完全に治癒しないことを結論づけたのです。

西洋医学の対処療法では本質的解決にならないことを世に示した訳ですね。

彼の考え方は、西洋医学によるマインドコントロールから抜けることが大事であることを暗に訴えています。

 

つまり、病気になったら病院にいけば医者が治してくれる、薬をくれる、という思考パターンをやめ、体に異常がでた理由を自分の責任として考え、原因を探り、人間が持っている自然治癒力を最大限活かすことをまず考えようと言っています。

また、人間の肉体は精神=心と共に存在しているので、病気を体の部位という視点で治療する西洋医療の考え方ではなく、食事、運動、睡眠、住環境、人間関係など生活の全てを総合的に捉えて対処することも重要であると訴えています。

それを踏まえて代替療法として、鍼灸、漢方、ハーブ療法やアロマ療法、ホメオパシー療法などを用いて自然治癒力を最大化していくのです。

 

結局、病気を根本的に治すことに行き着くところは・・・

アンドリュー・ワイル博士は、健康を考えるならライフスタイルの改善、とりわけ食事は少食で加工・精製食品を避けた自然のままのシンプルな食べ物を摂る食生活の重要性にも触れています。

 

甲田光雄先生や石原結實先生が提唱して、昔からも言われている『腹八分目で医者いらず』、それに加え、ヨガ教義では『腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近付く』とある、1日1~2食の食べない健康法の重要性を訴えているのです。

しかし、これまでのアンドリュー博士が提唱する殆どの内容ですが、特段新しい説ではなく、東洋医学に基づく昔からの考え方なんですよね。

結局、人間は昔からある自然の力を使った治療法に勝るものはないという結論です。

 

富裕層・エリート層ほど現代医療だけに任せず、自分の健康に対してしっかり向き合い、セルフケアを怠りません。

彼らはお金にかえられない一番大事なものが健康だと分かっているからです。

 

国民皆保険制度でかつ、保険適用は基本的に西洋医療だけという日本の社会の仕組みでは、代替医療に注目が行くことはないでしょうね。

残念ながらマインドコントロールされ思考停止状態で、現代の社会制度に生きる多くの日本人は、アンドリュー・ワイル博士のようにこの本質部分を追求・理解することはないでしょう。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放