ブロッコリーの天日干し


ブロッコリーといえば、ビタミンやカロテンはもとより、ミネラルや食物繊維も含まれるなど、多くの栄養成分を含んでいることでも知られています。

多くの栄養分を含んでいることで有名なブロッコリーですが、中でもビタミンCの含有量については、その豊富さが際立っています。

ビタミンCの重要性については、取り立てて説明することもありません。

身体を病気から守ってくれる免疫力を高めることで、人々の身体を風邪やガンなどの病気に罹りにくくしてくれています。

ビタミンEについても、重要な役割を担っています。

活性酸素から私たちの身体を守る働きをしています。

動脈硬化や脳卒中などに罹るリスクを回避してくれているのです。

カロテンは、抗酸化作用を持つ成分です。ガン予防には一定の効果があります。

 

ブロッコリーには、クロロフィルも豊富に含まれていることを忘れてはいけません。

クロロフィルは、血中のコレステロール値を抑制する働きがあり、善玉コレステロールを増やしてくれます。

また、ルテインと呼ばれる成分も含まれており、紫外線から目を守ってくれています。

 

栄養をしっかりキープー『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

ブロッコリーの栄養価の高さについては、特に説明する必要もない程に多くの人に浸透しているのではないでしょうか。

食物繊維やタンパク質、ビタミンにカリウムなどと数え切れないほど豊富です。

ビタミンCはキャベツの3倍以上ともされており、緑黄色野菜の中でも突出しています。

鉄分や亜鉛などのミネラル分も含んでおり、優秀な野菜と呼ばれる理由がわかります。

 

スルフォラファンという物質をご存知ですか

スルフォラファンは、毒素作用や抗酸化作用を持っており、がん予防に効果的とされます。

ブロッコリーには、このスルフォラファンが含まれています。

ブロッコリーを多く食べることで、アンチエイジング効果が期待できます。

抗酸化作用を持つビタミン類やポリフェノールが多く含まれているからです。

美容やダイエットが気になる女性に人気があるのも頷けます。

 

これだけ多くの栄養を持つブロッコリーですが、熱や水に弱いという点があることも覚えておきたいものです。

茹でる時などには、茹ですぎることがないようにすることも大切です。

せっかくの栄養が失われないようにしましょう。

 

保存の仕方を学ぶ

ブロッコリーの保存については、常温では適さないので注意が必要です。

生のまま保存する場合には、葉を取り除き少し湿らせた新聞紙やキッチンペーパーなどで全体を包みます。

その上でラップをするなどして冷蔵庫の野菜室で保存します。購入してから基本的には2日以内に湯がくなどする方が良いといえるでしょう。

黄色くなってきたら、栄養価が下がってきたサインです。

早めに食べきるようにします。

いずれにしても生のままで保存した場合には長期保存はせず、速やかに使いきる方が無難です。

 

ブロッコリーの保存では冷凍保存がお勧め

概ね1カ月程度は美味しく食べることができます。弁当のおかずや何か一品欲しい時には助かります。

冷凍保存の仕方についても簡単です。

ブロッコリーを小分けにして茹でるだけです。

茹でる時には少し塩を入れるのがポイント。

茹で時間は30秒ほどでオッケーです。

粗熱を十分にとって冷ましてから、ジップ付きの袋に入れて冷凍します。

使う時には自然解凍がレンジを使います。

 

 

干し野菜とは、切り干し大根やたくあんの下ごしらえや、干し柿や干し芋のように軒先に大根を干したり、柿や芋を干したりして作る、昔ながらの保存食のことです。

干し野菜にすると、野菜は栄養も旨みも凝縮され、ムダにすることがなくなり、調理もラクになる・・・と良いことづくめ。

野菜をつい買い過ぎてしまった時などにも、干し野菜に加工することがとても便利ですよ。

 

ブロッコリー:生活習慣病の予防に効果のある野菜です。

「カロテン」と「ビタミンC」の含有量が多く、キャベツより4倍多いといわれています。

血圧を下げる効果のある「カリウム」

カルシウムの摂取を助ける作用のある「ビタミンK」

糖尿病の予防効果の働きがある「クロム」

貧血を下げる効果のある「鉄」

などの栄養素をバランスよく含んでいます。

 

干し方

・つぼみと茎に切りは離します。

つぼみは小房に切り分けます。

茎のほうは輪切りや棒切りなどに切ります。

3~4時間干して、表面が乾いてしんなりしたら取りこめます。

 

歯ごたえと甘みが増してとっても美味しくなります。

水分も抜けるので炒め物にも良いですね。

 

『干し野菜百科』によると、ブロッコリーを完全にドライ状態にすると、えぐみが強すぎて食べられたものではないらしい。

ドライにする場合は、30秒ほど塩ゆですると書かれている。

セミドライなら生のまま干して良い。

 

試しに、生ブロッコリーと茹でブロッコリーの両方を、セミドライとドライで干してみた。

生のブロッコリーは、陰干しだとなかなか乾かないし、味もそれほど濃くなっていなかったので、途中で中止。

 

茹でたブロッコリーも乾くのにかなり日数がかかるけれど、生のブロッコリーよりは早くしっかり乾くし、味が凝縮されて美味しい。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放