ビタミンDはがんを防ぎ、リスクを半減               藤川 徳美


3,299人の新規研究では、ビタミンDのレベルが高い人ががんで死亡する危険性を半減することが示されています。

 

別の最近の研究では、1日約2,000IUのビタミンDを十分に摂取すれば、乳がんの発生率を半分に減らすことができることが示されています。

 

不十分なビタミンDでは結腸直腸がんの発生率が高いことを示し、「ビタミンD-3の摂取量を1000IU /日に増やすためには、迅速な公衆衛生上の処置が必要である」と強調している。

 

ビタミンDの抗がん特性は非常に明白であり、非常に重要であるため、カナダがん学会は、今年の冬にはすべての成人に対して1日当たり1,000IUのビタミンDを補給することを推奨しています。 

 

しかし、アメリカがん学会は、「がんリスクを軽減するためにビタミンDの摂取量と血中濃度を最高レベルに定義するためには、より多くの研究が必要」と主張している。

 

なぜそんなに長い時間がかかるの

2006年の研究者は、「ビタミンDの補給などによるビタミンDの状態を改善する努力は、がんの発生率と死亡率を低コストで、副作用がほとんどまたはまったくなく、減少させる可能性があることを示唆している」 

 

米国国立衛生研究所のMedlineオンラインデータベース「がん、ビタミンD」を検索すると、5000を超える論文が見つかります。

いくつかは60年近く前のものです。

事実です:ビタミンDを勧めている医師の報告は何十年も無視されていました。

1951年、T. Desmontsは、ビタミンD治療がホジキン病(リンパ系の癌)に対して有効であると報告した。

 

同じ年、57年前に、大量のビタミンDがまた、上皮腫を改善することが観察された。

 

1955年に、皮膚がんは、ビタミンD治療で治癒したと報告されました。

 

1963年、ビタミンDと乳がんについて有望な調査が行われました。

 

その後、1964年に、非ホジキンリンパ管がんであるリンパ節性網膜肉腫に対してビタミンDが有効であることが判明した。

 

アメリカがん学会は、がんの治療薬の発見に夢中になっています。

医薬品研究者はビタミン剤を探していません。

1951年以来、独立したビタミン研究者や医師が継続して行っているが、それを提示されると無視されます。

 

もう待てません。ボストン大学医学部教授のマイケル・ホリック医師は、「ビタミンDを増やすことによってがんリスクを30〜50%低下させることができます。

我々は、マウスの大腸がんにビタミンD3を20日間続け、改善した。毎日1,000 IUのビタミンD3が必要だった」と述べています。 

 

安全についてはどうですか

はい、あまりにも多くのビタミンDを得ることは可能ですが、それは容易ではありません。

「1人の男性が、ビタミンDを1日に100万IU、経口で6ヶ月間摂取しました。

「もちろん、彼は重度のビタミンD中毒の症状がありました。彼の治療は水分補給(多くの水分)で、しばらくビタミンDや日差しを防ぐと、完全に回復しました。

この結果は、the New England Journal of Medicineに報告されました。

 

「私は30年間の臨床経験で、ビタミン曝露で死に至った人の経験はない」。

 

もちろん、その使用に関して合理的な注意がいくつかあります。

 

副甲状腺機能亢進症、リンパ腫、エリテマトーデス、結核、サルコイドーシス、腎臓病、ジギタリス、カルシウムチャンネル遮断薬、チアジド系利尿薬を服用している人は、ビタミンDを余分に摂取する前に医師の監督を受けるべきです。

 

ビタミンD 、定期的なテストが推奨されます。

しかし、ビタミンDの1日1,000IUはシンプルで安全です。

 

一部の当局はもっと多くのことを勧めている。

 

アメリカがん学会は、これよりも少ないことを推奨している。

残念だ。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放