ビタミンDのがん増殖阻害                                   吉冨 信長


ビタミンDの抗腫瘍作用は有名ですが、その機序の一つにがん増殖阻害にあります。

 

がんは有酸素下でも解糖系に頼った代謝によってエネルギーを産生したり、増殖を重ねていきます(ワールブルク効果)。

当然、解糖系のためエネルギー産生効率は非常に悪いのですが、代謝システムが単純なため、ATPを産生する速度は非常に速いのです。

 

そもそもがん細胞内のミトコンドリアは数が圧倒的に少なく、機能的な障害がおきています。

この理由にがん細胞ではHIF-1という低栄養や低酸素下でも生き延びれる転写因子が活性化されているからです。

HIF-1が亢進していると、解糖系で得たピルビン酸をアセチルCoAに変換する酵素を阻害します。

 

こうして、ミトコンドリアでのTCA回路や酸化的リン酸化(その中で起きている電子伝達系も)が抑えられ、ピルビン酸は乳酸へと代謝されてしまうことになります。

 

このがん細胞で解糖系が亢進すると、中にはATP産生する途中でペントースリン酸経路を経由する代謝が見られます。

ペントースリン酸経路を経由していても、迂回しただけで結果的にはATPは産生されますが、この経路を通過すると、実に面倒なことが起きています。

 

それはがん細胞の増殖に必要な核酸や脂肪酸の合成、そしてがん細胞がさまざまな酸化ストレスに耐えるためのNADPHを新たに生み出す経路だからです。(Trends Biochem Sci. 2014 Aug; 39(8): 347?354.) 

ちなみにペントースとは5炭糖を意味し、ブドウ糖の炭素骨格(6炭糖=ヘキソース)をもとに得ているのです。

 

さて、このペントースリン酸経路を阻害するのに、多くの栄養素が報告されています。

その一つがビタミンDです。(Tomasz Wilmanski et al.,FASEB J ,2014) 

がん遺伝子を操作した乳房上皮細胞にビタミンDを加えると、解糖系からペントースリン酸経路への分岐を阻害し、増殖を抑えたことが報告されています。

 

また、高用量ビタミンCもペントースリン酸経路を阻害する機序が報告されています。(Scientific Reports 5, Article number: 13896 ,2015)

 

がんは、機能障害となったミトコンドリアを活性化させ酸化ストレスを与えることで、アポトーシス(自殺死)させることが鍵ではありますが、同時にその増殖を阻止していくことも重要となってくるはずです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放