温熱療法                        Teruo Kaneko


温熱療法が世界で最も進んでいる国は日本です。

これは日本が温泉の国で、古くから湯治(とうじ)という伝統治療を持っていることや、家庭での入浴の習慣があることも関係しているようです。

実は、入浴の習慣はガンの治療や予防にも とても効果的なのです。そして、日本人に乳ガンが少ないのは入浴と関係があると考えられています。

 

ネズミに発ガン物質を注射するという実験で、2つ以上の群れに分けて、一群を注射後に42℃のお湯に浸けると、毎回お湯に浸けた群れにだけ乳ガンの発生が著しく抑制されたというデータがあります。

ところで、温熱療法には なぜ体に良い効果をもたらすのでしょうか。

人間の体には血液、リンパ液、脳脊髄液、ホルモン、神経伝達物質、生体電流など様々なものが流れています。

これらは通常、熱によって循環したり働いたりしています。

 

近年、多くの医師や研究者が「体を温めれば病が治る」と説いていますが、体を温めることで こうしたエネルギーの循環が促進されて、体の不調部位の血流やリンパ流、脳脊髄液、その他の流れを良好にする効果が大きいのではないかと考えられています。

体温が38.5℃くらいに温まると、人間の体には熱ショックタンパク質(HSP、ヒートショックプロティン)というものが作られます。

このタンパク質は別名、抗ストレスタンパクといって、様々なストレスに対抗して免疫力を増強するタンパク質で、ガン細胞と闘う強力なパワーにもなるのです。

 

この治療法は、愛知医科大学准教授の伊藤要子先生らが提唱している方法で、「マイルド加温療法」と言います。

マイルド加温療法は、ガン細胞を殺すことが目的ではありません。

38.5℃程度に温めて体の中のHSPを増やし、壊れた細胞の修復や体内環境を改善して正常細胞をガン化しにくくすることが目的です。

 

この他にも、病気を治すために体を温める方法は全て温熱療法と言えます。つまり、温灸や温泉、遠赤外線ランプ、サウナなどは、古くから知られている温熱治療法です。

なかでも遠赤外線を発生する機器は、非常に有効な治療器と言えます。

遠赤外線は波長が長くて体の奥まで温まるので、この仕組みがあれば、それほど大掛かりなものでなくても効果が上がる可能性が高いのです。

 

遠赤外線は体を貫通する力が強く、体の表面だけでなく、体の奥を走る血管からリンパ管など、全ての臓器を治療することが可能です。

温熱療法とは簡単に言えば、体を温めればいいだけなので、お風呂や温泉、(遠赤外線の)コタツでじっくり温まるだけでも効果があります。

 

尚、1日のうち人が最も死亡する時間帯は午前3時から5時頃です。これは、体温が低下することで免疫力も低下するためです。

 



温熱療法                           吉野 一道


代謝はエネルギーを消費する生命活動であり、新陳は新しく入れ替わることですから、新陳代謝は細胞が新しく入れ替わる生命活動ということになります。

人間の細胞はしばらく前までは約60兆個とされていましたが、現在は約37兆個とされています。

その37兆個の細胞が新しい細胞に入れ替わる。

これが新陳代謝です。

 

新陳代謝の周期は細胞によって異なります。

肌の細胞は28日周期。心臓の細胞は22日周期。筋肉や肝臓の細胞は約2ヶ月周期。骨の細胞は約3ヶ月周期。

この周期の考え方に従えば、新陳代謝が正常に行われるなら、人間の身体は3ヶ月もすると新しく生まれ変わります。

 

新しく生まれ変わる。ここに自然治癒力の根拠があると言われます。

大気・水・土壌・食品汚染・新型ウィルスによる感染症・・・ 心身を傷めつけるもので溢れているのが現代社会です。

これらから完全に逃れようとすれば、無菌室にでも引きこもるしかありませんが、そうもいきません。

そこで、新陳代謝を活発にさせて、自然治癒力を高める必要が発生する訳ですが、そのためには、適度な運動・適度な食事・ストレスの少ない生活を心掛けなさいと言われます。

 

多分、それらのどれもが適切であり、有効なのでしょう。

しかし、それでも時々、「話はわかった。ところで、めんどくさがりで横着な私のような者でも、簡単にできる効果的な方法はないものだろうか」と問われることもあります。

そんな方法があるのでしょうか。あります。それも極めて簡単な方法です。

身体を温めて心地好い生活をすること。

それだけです。

 

身体を温めれば、筋肉が弛み、血管が拡張し、血液の流れが良くなります。血液の流れが良くなれば、身体の隅々まで酸素や栄養分が運ばれます。

身体の隅々まで酸素や栄養分が運ばれれば、新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になれば、全身の細胞がスムーズに入れ替わります。

結果、肌はきれいになり、髪の毛はしっかりと再生され、何よりも自然治癒力が高まります。

 

自然治癒力が高まれば、病気の予防だけではありません。

難病の克服も期待できます。

 

冷えは万病の元です。

身体を温める。

たったこれだけのことで、単なる病気予防に止まらず、温かい体内環境を嫌う癌予防にもなります。

 



ハイパーサーミア [温熱療法]       日本ハイパーサーミア学会


ハイパーサーミア "hyperthermia"とは温熱療法のことです。狭い意味では癌に対する温熱療法をさしています。

通常は40~45℃程度の温度を使った治療を意味していますが、広義的には最近開発されたラジオ波(RF波)を使ったより高い温度(70℃~)での治療も含まれています。

癌治療以外でも前立腺肥大症のような良性疾患の一部でも有効です。

また、近年の研究ではハイパーサーミアにより免疫力がアップしたり、運動能力がアップしたりすることがわかっています。

 

周波数30~300MHz(波長100km~1m)の電磁波であるラジオ波を使ったハイパーサーミアでは、生体を挟む対向する2枚の電極間に電流を流してジュール熱で加温します。

ラジオ波は波長が長いためエネルギーの集中性は低いのですが、体奥深くへの加温には適しています。

 

42.5℃以上になると“がん”細胞は死んでいきますが、正常組織では、血管が拡張して血液がいっぱい流れることによって、血液が車のラジエーターのように熱を運び去ってくれるのです。

ところが、“がん”組織の中にある血管は温められても拡張することができないので、ラジエーターの壊れた車のようにオーバーヒートしてしまい、“がん”細胞だけが温められ死んでいくのです。

 

しかし、“がん”細胞もただ黙って死んでいくわけではありません。

当然、熱による障害を軽くしようとする機構が備わっています。温められてタンパク質が変性すると,熱ショックタンパク 70(Heat Shock Protein 70: HSP70)と呼ばれるタンパク質を産生して、熱による攻撃に立ち向かう態勢を作り、傷ついた細胞を修復していきます。

 

HSP70は熱の攻撃だけでなく、様々な攻撃すなわち様々なストレスによって細胞に発現してきます。一回、温熱療法を行なうとHSP70が発現し、“がん”細胞を熱の攻撃から守っていますので、終了後すぐにもう一回温熱療法を繰り返しても、同じような効果は望めません。

このことを温熱耐性と呼んでいます。

そこで、HSP70の発現が減少してくるのを待って、2回目の温熱療法を行なった方が、より大きな効果が期待できるのです。こうしたことから、温熱療法は週に1回から3回ぐらいのペースで行うことが多いのです。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放