テロメアを伸ばす酵素テロメラーゼ                吉野 一道


テロメアはDNAの端にある一見何ということもなさそうな物質です。

テロメアのおかげで、DNAが端から壊れていったり、DNA同士がくっついたりしないようになっていますから、正常な細胞分裂のためには必要不可欠な物質です。

 

そのテロメアは細胞分裂の度に短くなります。

短くなって、最後は無くなり、細胞分裂ができなくなり、人は死を迎えます。

 

御存知の通り、人の細胞分裂の回数は、細胞によって違いがあるにしても、約50回が限界と言われています。

医学的には、人の寿命は約124歳が限界とされているようですが、思うに、細胞分裂の回数を基にして導き出されたのでしょう。

 

どんなに健康に気をつけても、テロメアを伸ばすことができなければ、すなわち、細胞分裂の回数を増やすことができなければ、約124歳で寿命が尽きることになります。

もっと長く生きることはできないのでしょうか。

実は、テロメアを伸ばす酵素は発見されています。

「テロメラーゼ」です。

 

老いた人間同士で赤ちゃんを作っても、寿命が0からカウントされる新しい個体でなければ、すなわち、親が使った分のテロメアが補充されなければ、誕生してまもなく死を迎えなければならなくなります。

 

何故そうならないのだろうか。

そんな疑問から発見されたのが、テロメアを伸ばす酵素テロメラーゼです。

 

この酵素を使えば短くなったテロメアを伸ばすことができ、細胞分裂の回数を伸ばすことができることがわかりました。

寿命が伸びる。

肌が若返る。

脳細胞が活性化する。

しかし、好事魔多し。

 

残念ながら、通常の体細胞にはこのテロメラーゼは含まれていません。

精子や卵子などの生殖細胞には含まれています。

含まれていなければ子孫を残すことができないからです。

 

それにしても忌々しいのは、がん細胞にテロメラーゼが働いていることです。

がん細胞は自然死滅せず、無限増殖します。

 

何故でしょうか。

テロメラーゼを使ってテロメアを伸ばし、細胞分裂の回数を増やしているからだと言われます。

 

原因があるから結果が起こる。

原因を改善すれば結果も改善される。

そんなプロセスを経て、人は様々な問題を解決してきました。

 

テロメラーゼを使ってテロメアを伸ばせば長寿が手に入ることがわかった。

そうであれば、人は近い将来、その具体的な方法を見つけるのではないでしょうか。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放