テロメアで老化の速度は変えられる                井村 政子


テロメアが短くなると老いていく。

テロメアの長さを保つことを意識した生活が健康で長生きの秘訣

「テロメア」は寿命を司どり、加齢とともに短くなるとされてきたが、最新科学によれば生活習慣次第で、長さを保持したり伸ばすことは可能ということが証明された。

 

テロメアをご存知でしょうか。

テロメアは染色体の端に存在しDNAの束を保護する役目をしています。

 

このテロメアは染色体のキャップみたいなもの。

靴ひもをイメージしてください。

 

靴ひもの両端はテープのようなもので止められ、紐がほつれないようになっていますよね。

テロメアはDNAがほどけないような働きをしているらしいのですが、このテロメア、老化とともに短くなってしまう性質があるというのです。

 

靴紐の先がボロボロになれば、その靴紐は使えませんよね。

細胞にも同じことが起こっているわけです。

 

テロメアがあまりにも短くなると細胞分裂を止めてしまいます。

細胞が老化する原因はテロメアだけではありませんが、テロメアの短縮が細胞老化の大きな原因の一つと考えられています。

 

ちなみに、染色体、DNA、遺伝子は役割の違いがわかりずらいですが、簡単にまとめると、染色体はDNAを入れる入れ物。

DNAは「体の設計図」このDNAの情報に基づいて細胞や器官、臓器が作られます。遺伝子はDNAから子孫に受け継がれる因子のことを言います。

 

 

年齢におけるテロメアの長さの変化

もちろん年齢によっても長さは変わります。

 

<年齢>   テロメアの長さ(塩基対)

新生児      10,000

35歳       7,500

65歳以上     4,800

 

生まれ持ったテロメアの長さやテロメアの短縮スピードには個人差があるが、私たちが自らの思考と行動でテロメアの長さや強さをコントロールできる

 

身長や髪の毛の色、肥満体質、生まれ持った病気や障害。

これらを変えることはできません。

 

ただ、嬉しいことにテロメアの長さは自分で変えることができるのです。

テロメアが短くなると老化の方向。長くなると若返り、健康の方向です。

 

自分の意思でテロメアが短くなったり、長くなったりする。面白いですよね。

もちろん、老化しない人は世の中にはいません。

誰もが衰えていくことからは逃れられませんが、老化スピードをゆっくりすることは可能です。

いつまでも自分の足で歩き、食べ、人生を楽しむことが出来る。

 

そんな人生を送りたくないですか

 

同じ60歳でもAさんは見た目も行動力も40代。

元気いっぱい人生を謳歌している。

 

 

Bさんは見た目はシワシワ。

足元もおぼつかなく、ガンもできている。

 

年を取れば取るほど、この差は広がってきます。

 

あなたは、AさんにもなれるしBさんにもなりうるのです。

どちらの人生を選びますか

 

人生をどう生きるかは自分が決める

残念ながらテロメアを意識しなければ、確実にBさんの人生が待っています。

現代社会で普通の生活をしていれば、確実に病気になります。

 

電磁波がたくさん飛び交い、空気や水は汚れ、スーパーで売っている食品は添加物や農薬だらけ。

仕事や人間関係のストレスが自律神経を乱れさせ、私たちは多くの不定愁訴に悩みます。

 

そして、最終的には病気になるのです。

 

「病気になるのは嫌。健康になりたい!!」と強く皆さんが思っているので、これだけ健康食品業界が盛り上がり、TVや雑誌でも多くの健康情報が出回っていますよね。

 

でも、実際のところ、国の医療費は増える一方ですし、老衰死する人の割合は1割に満たない現状です。

現在では遺伝子の影響よりも、その後の生活環境、生活習慣が健康に及ぼす影響が大きいという説が主流です。

 

では、なぜ、多くの人々が健康になりたくて多くの情報を得て、努力もし、お金も時間もかけているのに、病気になるのでしょうか。

 

生まれた後の生活環境や生活習慣は大切です。

しかし、遺伝子も重要であり、その人の人生で起こる運命の変転、その変転への対処の仕方、思考全てが健康に関わっている、ということが証明されつつあるのです。

 

 

「遺伝子には銃が積まれている。そして環境が引き金を引く」(by肥満研究者 ジョージ・ブレイ)という言葉がありますね。

 

もともと銃がなければ、環境の影響は受けません。

銃があっても、環境を整えれば、引き金はひかれないとういうことです。

 

ですから、遺伝子も重要な要素であり、これも考慮しつつ、自分に合う健康情報を取捨選択していかなければいけないのです。

 

テロメアを長くするために私たちがするべきこと

 

何をすればテロメアは長くなるのでしょうか。

特別なことをしなくてはいけないのと思っていましたが、調べてビックリ!!

 

実は一般的に健康に良いとされることをするだけなのです。

 

IN YOUでこれまでも度々お伝えしてきていることを実践するだけです。

 

少し拍子抜けしてしまいますが、健康に良いとされる食事、運動、睡眠、ストレスケア、マインドフルネス、思考癖を改善することでテロメアは長くなり、いつまでも健康で若々しくいられるのです。

 

それでは、具体的に何をすればいいのか見ていきましょう。

 

マインドフルネスと瞑想

まず、一番に行っていただきたいこと。

それは、「今、この瞬間を大切にすること」今自分がしていることに意識を集中している人は、そうでない人よりもテロメアが長いことがいくつかの実験で証明されています。

 

マインドフルネスや瞑想は難しく感じるかもしれませんがトレーニングをすることが大切です。

使い古された言葉かもしれませんが、「今この瞬間」ここに集中できることが大切です。

今は出来なくても、集中しようと意識することで徐々に集中することが出来るようになります。

 

ストレスをどう対処するか

同じ環境でもストレスを感じない人、ストレスを過剰に感じてしまう人がいます。

様々な要因がありますが、一つの例として、「脅威反応」と「チャレンジ反応」が考えられます。

 

同じ環境でもそのことが「脅威だ!!どうしよう!!」と過剰に思ってしまうこと、またマインドフルネスにも通じますが、起こってもいないことに対して、「どうしよう」と常に不安に思う思考回路が問題です。

物事に関して「脅威反応」を示してしまう人は、もちろんテロメアは短くなります。

 

「チャレンジ反応」を示す人は、何か問題があっても「よし!!やってやろう!!」と前向きに考えます。

結果テロメアは長くなる傾向にあります。

 

どのくらいのストレスがテロメアを短くするのか

一か月程度であればどんなに強いストレスの高い危機的状況に置かれていても、テロメアへの影響を心配する必要はありません。

しかし、ストレスが長期にわたり、生活の一部になってしまうとテロメアは短くなる。

 

また、どのような種類のストレスが影響するのかもすでに研究されていて、家族の長期にわたる介護、仕事のストレスによる燃えつき、子供時代のトラウマ、レイプや虐待、家庭内暴力、長期にわたるいじめなどです。

 

そうは言っても、長年染み付いた思考パターンは意識していてもすぐに変えることは難しいですよね。

まずは、自分がストレスを感じている時、感情が沈む状況はどんな時なのか、それはなぜなのか。

 

掘り下げ観察していくことが大切だと思います。

そうすると、自分の思考パターンが分かってきます。

 

もし、わからなければ、カウンセラーさんの力を借りてもいいでしょう。

むしろ、客観的に見てくれる存在が必要です。

 

気づくことで大きく思考が変わり、ストレスを受けづらくなります。

そして、マインドフルネスや瞑想がストレスを大きく軽減してくれるでしょう。

 

どのくらい運動するといいのか

健康のために運動を日課にしている方も多いと思いますが、テロメアの観点からいくとどのくらいの強度でおこなえばいいのでしょうか。

中程度の有酸素運動を45分、週に3回のペースでおこなう。

 

鼓動が激しくなるような短時間の強い運動と回復期を交互に繰り返すインターバルトレーニング(HIT)

 

これらの運動がテロメアには良い影響を与えるとあります。

もちろんこれ以外の運動もテロメアには影響しないかもしれませんが、他の利益をもたらすのでご自分の好きな運動を続けることが大切だと思います。

ハードなトレーニングをしても、テロメアに良い影響を与えますが運動をすればするほどテロメアが長くなるわけではありません。

 

テロメアを長くするのに、食事のカロリーは関係無し

テロメアのためにカロリーや体重を意識する必要はありません。

嬉しいですね!

 

体重よりもお腹の脂肪を減らすことが大切です。

そして、カロリーよりもGI値を意識した食事をする事が大切です。

もちろん食べすぎはいけません。

 

今は本当にお腹が空いているのか。身体の声を聴いて食べる事を楽しむこと。

ここでもマインドフルに食べる事がポイントです。

 

長いテロメアに相関性ありの食材

全粒穀物・野菜・ナッツ・豆類・海藻・果物・オメガ3脂肪酸を含む魚(鮭・サバ・イワシ等)・緑茶・種子・コーヒー

 

短いテロメアに相関性ありの食材

牛肉・豚肉・加工肉・精白パン・甘いソーダ・飽和脂肪酸・オメガ6多価不飽和脂肪酸・アルコール(1日4杯以上)

 

<テロメアにオススメのpickupアイテム>

●天然わかめ

●無農薬野菜

●無農薬玄米

●無農薬フルーツ

 

睡眠時間は7時間が良い

睡眠不足や質の悪い睡眠がテロメアの短縮と相関関係があります。

もちろん、睡眠が大切で多くの人々はもっと寝なくてはいけないことを理解していると思います。

 

改善すべきは、睡眠よりも他のことを優先してしまうことや、よく眠れる方法を見つけ実践できるかではないでしょうか。

 

睡眠の重要性をおさらい

◆睡眠は「細胞の清掃活動」ダメージを受けた分子の除去やDNAの修復をおこなう

◆食欲のコントロールに役立つ。睡眠がとれないと、コルチゾールやインスリンの値が高くなり、空腹を強く感じる。

◆記憶の定着や感情の安定に役立つ。睡眠不足は全ての感情を強烈にする。

 そのため過剰にイライラしたり、些細なことでも笑ってしまったりする。

 

睡眠時間は7時間が良いと研究で分かっています。

ただ、時間だけに固執するのではなく、質も重視していきましょう。

同じ時間に就寝起床するとか、睡眠時無呼吸やいびきび治療を行いましょう。

 

化学物質と住環境

もちろん化学物質はテロメアを短くします。

洗剤や化粧品も自然素材の物を積極的に使用していただきたいです。

飲み水もきちんとろ過装置を使ったり、プラスチックの容器は使わないようにしましょう。

 

住宅環境においても、幹線道路沿いに住む妊婦さんの胎盤のテロメアが短いとう研究結果が出ています。

また、草木が少ないとより大気汚染レベルが上がるため、緑の多い環境に住むことが好ましいと言われています。

 

子育てとテロメア

妊娠中の母体の過剰なストレスや葉酸不足は胎児のテロメアに影響します。

子供時代の深刻なトラウマはテロメアの短縮に相関関係があります。

 

子供の頃のトラウマにより、思考の歪み、人間関係を良好に気づけないなどの影響が大人になってからも続く場合が多く、テロメアが短縮し続けるという危険性がある。

もし、大人になり、思考の歪みなどに気づき改善することができれば、幼少期のトラウマがテロメアに悪影響することを和らげることができます。

 

親は子供の感情に寄り添い温かい子育てをすることで、子供は安定しテロメアも強くなっていく。

子供はそれぞれ個性が違うので、親が思わないところでストレスを感じてしまったりする場合があります。

繊細なお子さんをもつお母さんは特に気を付けることが重要だと思います。

 

テロメアを意識した生活を送る

具体的にやるべきことは、皆さまも普段気を付けていることばかりだったと思います。

中には、「こんなの全部できない」と思われる方もいるかもしれません。

 

「やるべき」はストレスになりますので、全ていきなりやろうとはせず、出来ることから、一つづつやってみてください。

 

「テロメアを長くするために、白砂糖を使うのはやめよう」

「イライラしたらテロメア短くなっちゃうから、もう寝ちゃおう!」

 

このように、自分の日々の行動がテロメアに影響することをイメージしながら、ぜひ日々の生活を改善していってください。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放