チャコール(活性炭)療法                   日本健生協会


チャコールの広範囲な利用法

福島原発の問題が生じると間もなく、政府は東京都の水道局に、活性炭を通常の4倍の量を投入するように命じました。

この対策からもわかるように、活性炭は放射性物質を取り除く作用があることがわかっています。

 

本文は、米国で最初に活性炭の著書を現わし、また自らの療養所でも多くの患者さんに活性炭を治療に用いている、アガサ・スラッシュ医師の「チャコール」という本から抜粋、要約をしました。

チャコールがこれほど多くの場面で、役立つ事に驚くことでしょう! 

それぞれの項目は、簡単な要約ですので、詳しくお知りになりたい方は、アガサ・スラッシュ著「チャコール」をご覧ください。

 

チャコール(炭)の特性

チャコール粒子には多くの割れ目があって表面積が大きく(縦横5㎜のチャコールのかたまりに含まれるチャコール粉末粒子の表面積ぱ合ゑせて1,000㎡にも及びます)、様々な物質、ガス、異物、老廃物、その他の化学物質や薬物などを吸着し、体の浄化器官の強力な物質です。

しかも完全無害です。

 

特に活性炭は吸着力が倍増

木や骨を調節しながら燃やした後高温の酸化ガス―蒸気や空気―で処理したものが活性炭です。

この処理過程で粒子の内側に細かい孔を更に大がかりな網の目状にすることでチャコールの吸着力が倍増する。

20世紀に入った頃に発明されました。 

 

驚異的なチャコールの吸着力 ストリキニーネを飲んでデモンストレーション

1831年に、15グラムのストリキニーネ(致死的な服用量の10倍)と同量のチャコール - およそ大さじ3杯 - を飲み込んで死を免れるというチャコールの効力のデモンストレーションを、薬剤師 P.F.トゥエリーが、フランス医学アカデミーを前にして行ったという記録があります。 

 

 

 毒物や薬物の吸着

子供が誤って毒性のある薬物(害虫駆除剤など)を飲みこんだ場合、薬物の量の約2倍のチャコールを飲ませることで、体内で毒性が弱まります。(5章) 

 

きのこ中毒など

きのこ中毒や重金属中毒、あるいは灯油や軽油、除草剤などを誤飲した場合、チャコールを飲ませます。

上記の毒物が皮膚に着いた場合は、チャコールを水に溶いたものをスプレーします。

毒性が緩和されて、皮膚や体内での有害作用が防げます。(6章) 

 

コレラなどの急性感染症による下痢

成人には大さじ山盛り一杯を飲ませます。

子供には年齢に応じて減量して下さい。

排便の都度チャコールも排出されるので、その度チャコールを飲んで下さい。(7章) 

 

吐き気と嘔吐

成人の服用量は、1回に粉末大さじに山盛り1~2杯です。

子供には年齢に応じて減量します。

嘔吐するたびにチャコールを飲みます。

もしチャコールが吐き出されたら、すぐに最初と同じだけの量を飲みます。

たいていは、吐いた直後は吐かないので、そのすきにチャコールを飲んで下さい。(7章) 

 

発ガン性物質

チャコールはメチルコラントリンやベンツピレンなどの発ガン性物質を吸着し非活性化させます。

これらの発ガン性物質は、牛肉ステーキを網で焼くときに、脂肪が焦げるためにできるものです。(7章) 

 

ガンによる貧血

ガン細胞が出す有毒物質は骨髄の機能を低下させます。

その結果貧血になりますが、チャコールは骨髄から有毒物質を吸着し、骨髄の機能が再び活性化して貧血が治ることがあります。(7章) 

 

糖尿病

チャコールは腸内でブドウ糖を吸着するので、血糖降下剤やインシュリンの量を減らすことが可能になることがあります。

また、糖尿病によって生じる血管障害からくる「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」などの合併症の症状を弱める効果があります。(7章) 

 

チャコールによる皮膚への酸素供給

チャコール湿布をすることにより、皮膚から酸素を取り入れる事ができます。

糖尿病患者の壊疽部において、皮膚から直接組織に酸素を供給し、周辺細胞に再生のチャンスを与えることが出来ます。(8章) 

 

腸のガス

腹部にガスが生じて不快感を覚える時にはチャコールは最良の治療法です。

腹部の痛みは大サジ1杯のチャコールを飲むと数分で治まることがよくあります。(9章) 

 

チャコールの脱臭効果

冷蔵庫、押入れ、タンスの引出し、ペットの居場所、その他悪臭が発生する場所に、粉末チャコールをカップ半分くらい入れた瓶に、たくさん穴を開けた蓋をして置いておくと、脱臭効果が期待できます。(8章)

 

口臭

口臭の9割は口内で生ずるので、チャコール粉末または錠剤を口に含むか、口内でチャコール水を回すとすぐに口臭が消えます。(8章)

 

腸の悪臭

人工肛門や失禁による悪臭は、チャコール小さじ半分程度を、一日に2~3回、浣腸あるいは経口服用することにより解消できます。(8章)

 

子宮頸ガンの悪臭

子宮頚部を、500ccの水に大さじ2杯のチャコール粉末を混ぜたものを使って洗浄すると、臭いが容易に和らげられます。(8章)

 

潰瘍のバクテリア感染の脱臭 

皮膚の各種の潰瘍がバクテリア感染により化膿すると耐えがたい悪臭を出します。

チャコールを穴の開いた容器に入れてふりかけるか、チャコール湿布を施すと、かなりの長時間脱臭できます。(8章)

 

潜水艦内空気の脱臭やガスマスクのフィルターとしての活用

チャコールは空気中や水中の脱臭にも効果があります。

二酸化炭素を空気中から除去するので潜水艦内の空気清浄化に使用されたり、毒ガス用マスクのフィルターに使用されたりしています。(8章)

 

血液の消化管経由での透析

チャコールは胃、小腸、結腸から毒物を取り除きます。

そればかりか、血液から毒物を消化管へ引き戻して非活性化する、いわゆる消化管透析ができることが近年の実験から解明されています。 

 

蚊、蟻、蜂、毒蜘蛛、蛇に噛まれたとき

毒虫などに刺された場合には、即座にチャコールを使用して下さい。

蚊や普通の蟻などに刺された場合には、ガーゼ付絆創膏(バンドエイドなど)にチャコールをつけて貼ります。

毒蟻、蜂、蜘蛛、毒蛇などに噛まれたり、刺し傷が出来た場合には、ガーゼにたっぷりの固練りのチャコールをつけて貼ります。

毒が強いほど頻繁に取り換えます。

また、蜂の大群によって広い範囲が刺され、全身に毒が回る恐れがある時には、すぐに水を張った浴槽にチャコール粉末を入れて全身をチャコール風呂に浸します。(14章) 

 

目、耳、脳膜炎、脳炎の治療

目の炎症、脳膜炎や脳炎のような症状にはチャコール湿布その他の治療を目に施すことで幾分か好反応を期待する事ができます。

目は脳と密接に関連している組織なので、目の治療は実質的に脳の治療に効果をもたらします。(14章)

 

顔、まぶた、耳の小胞炎はチャコールの湿布で手当すると効果があります。

耳の痛み( 中耳炎あるいは外耳炎)は耳の外側に合うように形を整えたチャコール湿布で治療することができます。(14章) 

 

伝染病

チャコールはバクテリアやウイルス、それらが出す毒素、発ガン性物質、アレルギーの生成物などを吸着します。

チャコールは体表面に出来た傷の分泌物など余分な組織液と炎症の生成物を取り去るので腫れがひきます。(14章)

 

家畜伝染病の一つである口蹄病ウイルスは、大サジ2杯のチャコール粉末を1/2カップの水に溶かした液体を飲ませることによってウイルスは吸着されます。 (14章) 

 

食中毒

食中毒の応急治療にはチャコールが最善の選択です。

食中毒の症状に気がついたらすぐに大さじ1杯のチャコール粉末を飲み、さらに排便の度にチャコール粉末を飲みます。(14章) 

 

肝臓及び腎臓の機能不全(14章)

背中と腹部にチャコール湿布をし、またチャコール粉末も飲みます。

腎臓病患者の腎臓部にチャコール湿布を当てると、8時間後には湿布に強い尿臭がありました。

チャコール浣腸も効果が期待できます。 

 

一般的な痛み

腹部と脇腹全体をチャコールの湿布で覆うと短時間で腹部の痛みが消失することがよくあります。

咽頭炎、耳の痛み、捻挫、関節炎、胸膜炎など、長時間軽減しなかった痛みがチャコール湿布によって10分ほどで軽くなることがあります。 

 

子宮内膜炎

1930年、ドイツのナハマケル医師は。流産後の感染子宮内膜炎を子宮腔にチャコール(鉛筆状に加工)を入れて治療しました。

彼の臨床経験は、毒素とバクテリアがチャコールに吸着され、膿のために出る悪臭もほとんど即時に停止すると報告しています。

彼は又、流産後の熱が子宮内のチャコール療法によって非常に良い効果があったと報告しています。(14章) 

 

歯を白くする

チャコール粉末の中に湿らせた歯ブラシをつけて軽く磨くか、小さな円を磨くように動かして歯を磨きます。

ただし、長期使用による研磨テストが未実施のため、念のため毎日は使用しないほうが賢明です。

(歯のエナメル質が損耗することが考えられるからです。編集部付記)(14章) 

 

ツタウルシ

漆によるまぶたの腫れ、腫れがひどくて目が閉じた状態、指のこわばり、吐き気などは、チャコールの湿布と経口服用により、その日のうちにも改善が見られ、5日程度で完治します。(14章) 

 

チャコールはコレステロール値を下げる

英国のランセット誌の研究報告:

チャコールは血清、肝臓、心臓、脳の全脂質コレステロールと血糖値を下げます。

患者は大さじ1杯のチャコールを1日3回ずつ飲みました。(14章)

 

フィンランドの公衆国立衛生研究所の研究報告:

チャコールがロバスタチンという薬剤と同等のコレステロール値削減効果があったことを示唆しました。 

 

チャコールは、これほどまでにあらゆる諸問題に解決をもたらしてくれる優れものです。

副作用もなく、安心して誰でも利用できるチャコールをどうぞご活用ください。

 

チャコールは湿布として、また解毒剤として多様な利用の仕方ができます。

 

 

チャコール(活性炭)湿布の使用体験

 

チャコール(活性炭)には多くの用途があります。

近年では活性炭を加えた石鹸やシャンプーなども、人気を集めています。

これらは、活性炭の持つ吸着作用の利用です。

欧米にはチャコールを医療目的で活用することが、特に自然療法機関では盛んな国々があります。

また重宝なものでありながら、たとえ効果がそれほど見られない場合があるにしても、ほとんどの場合は安全無害なので、家庭医療の常備品としても活用されてもいます。

以下に紹介するのは、チャコール(活性炭)を湿布として健康上の問題に利用し、良い結果を得た方々の体験です。 

 

チャコール微粉末で作った湿布の体験

★ 足の切断を免れた 【韓国 チェさん】

宣教師として韓国から台湾に赴任していた青年牧師が、伝道集会の準備のために自分の教会の外回りを掃除していました。

そのとき突然、彼の足元に大きなブロックが落ちてきました。

それはかなりの重さだったので、彼の足の親指と人差し指はつぶれ、裂けてしまいました。奥さんはすぐに彼を病院に連れて行き、散り散りに裂けてしまった指は、手術で縫い合わされました。

手術後3日目、縫合した指が2本とも黒くなっていることに気づきました。

担当医は「指が腐ってきたようです。

このまま放っておくことはできないので、残念ながら2本とも切断しなければなりません」と告げました。

そこでチャコール湿布を使用してみました。

食事にも特に気をつけ、1ヶ月で完全に治りました。 

 

★ 腫瘍が縮小、術後の傷の回復の助けにも 【群馬 Kさん】

昨年の夏、ひどく出血をしたことから病院で診察を受けたところ、子宮ガンだと言われ驚きました。

その後、自然食のお店の方にいろいろ教えていただき、菜食に切りかえ、チャコール湿布も始めて毎日3回ずつ貼りました。

10日後の診察で「腫瘍が小さくなっていますよ」と言われ再び驚きました。

チャコールのことは聞くのも使うのも初めてでしたが、その効果には本当に驚きました。

腫瘍摘出の手術後も、傷の上にチャコール湿布をしましたが傷の治りも早かったです。 

 

★ 膝、腰の痛み、熱、咳に  【東京 Sさん】

(1) ある日、出先で膝がカクンとしたかと思うと、膝から力が抜けたようになり、自宅まで足を引きずりながら帰ってきました。

ちょうど主人がチャコールのことを聞いてきたので、自分もしてみたいと思いました。

知人に相談しますと駆けつけてくださり、手際よく湿布をしてくださいました。

膝の裏がいちばん痛かったのですが、彼女はかかとに湿布を貼ってくれました。

そうすると、膝のなんともいえない違和感がなくなりました。

翌朝、自分で、今度は膝に貼ってみましたが、これもまた良く効いて膝の痛みはぐんぐん回復しました。

腰が痛いときにも、チャコール湿布を利用しますが、今では既成の湿布が便利なのでチャコールパックを愛用しています。

 

(2) 小学生の孫が、熱を出して学校から帰って来たときにも、胸にチャコール湿布をして寝かせたら、翌日にはすっかり元気になって登校できました。

孫はまた、よく咳をしながら学校に通っていたのですが、チャコール湿布をして休んだ翌日には、咳もしないで登校していることに気づきました。 

 

★毒素吸着し、ガンの腫瘍が縮小  【岡山 Aさん】

母は、診察の結果、印鑑細胞型のガンで胃の中は全て腫瘍のかたまりだと告げられました。

チャコール湿布を勧められ、腹部の周囲全部に湿布しました。

それはものすごく毒素を吸着したのです。

毒素が吸い出されるのが本当にわかるほど、胃がキリキリと引っ張られるような感じがしたそうです。

湿布を取り替えるときにも思わず鼻をつまんでしまうほどの悪臭を放ちました。

そして半年後には、手のひらほどの大きさで、お腹に硬く盛り上がっていた腫瘍が見えなくなり、お腹も軟らかくなりました。

体重も32.4kgまでに落ちていたのが、チャコール湿布を始めてからみるみるうちに増え37.8kgにまでなりました。

 

★ 胸水が引き、痛みも改善  【東京 Sさん】

入院先の病院で転び、肋骨3本を折り、肋骨が肺に突き刺さって胸水がたまり、全身が弱って衰弱状態になっているという方に、チャコールと亜麻仁の湿布をしました。

1日に何度か取り替え、1ヶ月経ちますとその方の胸水はなくなり、足のむくみも引いて元気になってきました。

痛みがあって身体も動かせなかったのですが、チャコール湿布で痛みが取れ、元気いっぱいに家の中を歩けるようになりました。

赤くなっていた皮膚も本当にきれいになりました。 

 

★ 五十肩の痛みが軽減  【滋賀 Nさん】

五十肩のような、なんともいえない痛みがあった方にチャコール湿布をしました。

すると、2~3日のうちにも痛みが楽になったと喜んでくださいました。

それまでも、市販の湿布で肌がかぶれるし、鎮痛剤も好まれなかったとのことですが、チャコール湿布は本当に喜んでくださいました。 

 

★ 卵巣嚢腫が消失【東京 Sさん】

30歳の姉が卵巣嚢腫になり、直径6cmくらいの大きさで発見されました。

6㎝の大きさで手術をしなければならなかった人を知っていましたので、姉の場合も手術ということなるだろうと思いました。

(通常5㎝を超えると手術が勧められます。)

そこで「これはチャコール湿布だ」と思い、亜麻仁とチャコール粉末を混ぜた湿布をしました。

そして1週間後に検査したところ、腫瘍は2cmになっていました。

その翌