チャコール療法


改めて考えてみると、私たち日本人の周りには実に様々な形で炭が活用されています。

石鹸、洗顔、消臭剤、浄水機のろ過材、暖房器具、マイナスイオン発生材料、農業、畜産にまで使用されており、その活用法はまさに「発想次第」と言えるのかもしれません。

 

しかし、炭が持つ素晴らしい効果については、実はまだあまり知られていない面もあるのです。

確かに、炭は様々なシチュエーションで活躍するものであり、最近でも放射性物質の除去などに良いのではという話が出ていたのは皆さんもご存じではないでしょうか。

 

では、「炭が病気の治療に活用されているという事実」についてはご存じでしょうか。

身の回りで気軽に手に入るものが、一体どのような効果を持っているのかと考えてみると、なんだか気になってきませんか?

 

そこで、今回は「炭が人を健康体へと導く驚異のメカニズム」や「今、日本人が知っておくべき備長炭にまつわる大切なお話」について、ご紹介したいと思います。

 

医師が炭を治療に利用しているって本当、本当です。

炭(いわゆる活性炭)を利用した療法は、実は海外ではチャコール療法と呼ばれています。

また、その数々の事例等については、アガサ・スラッシュ医学博士が「チャコール療法」という自著の中で、記載しています。

 

同医師が提言する具体的な使用方法とは

①炭粉末を服用することで毒素となる物質を吸着・排出させる

②湿布状にすることで皮膚を通じ毒素を吸着させていく

 

と、2通りのものがあります。

これは、患者さまの症状・状態に合わせて、より高い効果が期待できるものを選択していくということでしょう。

 

一方、日本ではいわゆる「薬用炭」と呼ばれる活性炭を、医師が患者さまに処方することもあります。

腸内環境を整える効果が期待できることから、下痢止めや整腸剤として、あるいは治療の難しい慢性腎不全の方へ投与することもあります。

 

また、救急医療の現場においても、劇物等を排出させるために使用されています。

余談ですが、日本の医療現場で使用されているものは「正式な医薬品」として認められており、その原料は炭素に高温を加えて作られた活性炭となります。

 

驚きの記録。致死量の薬剤を炭で排出する実験とは 

先ほど紹介した書籍「チャコール療法」にも記載がありますが、1831年に、薬剤師P.F.トゥエリーがフランス医学アカデミーにて、あるデモンストレーションを行いました。

それは致死量の10倍にもなるストリキニーネ(日本では劇薬に指定されています)と、全く同量のチャコールを同時に飲むことによって、死を免れるというもので、もちろん成功を果たしています。

 

炭の吸着力に関しては話題として取り上げら事が多いようですが、まさかここまでの効果があるとは、私自身も最近までは全く知りませんでした。

なお、同書籍には「炭は何十種類もの化学物質や毒素(発ガン物質やガソリン、殺虫剤、ニコチン、ヒ素、放射性物質など)を吸着することが可能」と記載されていることを、改めて付け加えておきます。

 

「炭が持つ本来の力」、ご存じですか

チャコール療法を実践した医師による具体的事例。

では、医師が実践してきた中で、具体的にどのような実績が出ていたのか。

その内容の一部をお伝えしたいと思います。

 

・血液の消化管経由での透析

近年の実験によると、炭は胃や小腸、結腸等より毒性のあるものを取り除くこと、また、血液中の毒物を消化管へ引き戻し、非活性化させる。

つまり消化管透析ができることが解明されています。

 

・コレステロール値の低下

イギリスのランセット誌に掲載された研究報告によれば、炭は肝臓や心臓、脳など様々な部位に影響を与え、コレステロール及び血糖値を低下さるとのこと。

その際、患者さまは大さじ1杯の炭を、1日3回ずつ飲用されていました。

また、フィンランド公衆国立衛生研究所の研究報告によれば、炭が“ロバスタチン”という薬剤と同等のレベルでコレステロール値を減少させる効果がみられたと示唆しています。

 

・毒物や薬物の吸着

毒性のある薬物(殺虫剤その他)などを飲みこんだ場合には、飲んでしまった薬物の約2倍量の炭を飲ませることにより、体内での毒性を弱める働きがあります。

 

大腸癌、腸閉塞の症状を治めた体験に学ぶ「炭の使用例」

私の周りでは、炭粉末を利用することで腸の状態を改善させた方がいらっしゃいます。

その方は、少し前から大腸がん・腸閉塞の症状を抱えておられました。

血便、ご飯が少量しか食べられない、お腹が張るといった状態でしたが、炭の飲用開始から僅か1-2週間程度で症状が改善し始め、後の検査では癌が消えていました。

 

これは顕著な例であり、にわかには信じがたいことです。

しかし、身の回りで起きた一つの事例として、皆さまにお伝えしておきたいと思います。

 

ちなみに、その方の場合は紀州備長炭の粉末を小さじ1杯程度、コップ1杯の水に溶かし、朝晩1回ずつ飲んでいたとのことです。

 

炭の飲用について、気をつけるべきポイント。

・竹炭や備長炭、麻炭など、様々な種類があります。

ご自身の好みに合わせてお試しください。

ただ、安全の為、食用として認められた活性炭を用いてください。

 

・水分をしっかり摂ることは大切です。

炭の吸着力は高く、水分まで吸着します。

そのため、飲み始めた際に少し便秘気味になる方もいらっしゃいます。

炭を飲用するときは、できるだけ水分をしっかり摂るようにしてください。

 

・飲用する量に気を付けること。

基本的には飲み過ぎても有害性のあるものではないと考えられています。

しかし、良いからといって飲み過ぎると下痢や便秘など、何らかの不調を感じる可能性がありますので、少量から試されることをお勧めします。

 

・飲用するタイミングは大切です。

食事、お薬、サプリメントなどの効果を薄めてしまう可能性があるため、飲用する際には前後2時間程度の間を空けた方がよいでしょう。

 

・飲み始めから2日前後で炭を含んだ黒い便が出始めますが、これは特に異常ではありません。

 

・炭にも色々な種類、品質のものがあります。

できるだけ、原材料や加工に関する情報が明確に分かるものを使用してください。

また、タブレットやカプセルタイプになっているものは、吸着効果が落ちると言われています。

粉末を水に溶かして飲む方法が、もっとも高い効果が得られるそうです。

 

※常用することにより「ビタミンやミネラルの不足を招く」とする説がありますが、科学的な根拠は示されておりません。

活性化された炭素には物質を吸着させるための選択性(分子の大小、イオンの性質等)がありますので、必ずしも体に必要なビタミンやミネラルが吸着されるとは限りません。

炭はあくまでも健康保持を促進させるためのものです。

「ご自身の体調と相談しながら」お飲み頂ければと思います。

 

ちなみに、私はこうやって飲んでいます。

 

小さじ1程度の量。木製スプーンの方が個人的に好みですが、炭がなかなか取れないので注意が必要です。

 

粉末が水に浮くので、浮いた分が少なくなるまで、ゆっくりと混ぜます。

炭粉末はコップにつくので、できるだけ内側が洗いやすいものを使用してください。

 

備長炭にまつわる話。

墨焼き職人は、なぜ健康的に生きることが出来たのか

昔から「炭焼き職人は長生きする」という話が伝わっているのですが、

実はこの話に関しては、「炭焼き職人は炭を削って食べる習慣があった為ではないか」とも言われているのです。

 

私個人としては、炭焼き職人は炭を焼くという作業を日々行っており、毎日しっかりと体を使っていたこと、炭を何らかの形で摂取していたこと、この2点が炭焼き職人の健康を守っていた主な理由なのではないかと考えています。

 

今、国内の備長炭が危機に瀕している。

私は紀州備長炭の粉末を愛用しているのですが、その粉末を扱っているメーカーの方によると、紀州備長炭は流通量が極めて減少しており、今後生産量が増えることはもう無いとまで言われているそうです。

 

その主な理由として挙げられているのが「中国の備長炭が日本に輸入できなくなった」という事実です。

国内で消費されていた備長炭の大半は中国産だったが、それが輸入できなくなったため、白羽の矢が立ったのが国内の備長炭(土佐備長炭や紀州備長炭など)だった、ということでしょう。

 

和歌山では、度重なる台風の影響で負傷した炭焼き職人の多くが引退した、炭窯が使えなくなった、原木となるウバメガシが残り少なくなっている、という問題も発生しており、業界としてはとても深刻な状況です。

 

特に、紀州備長炭は他の備長炭とは異なる性質を持つことから、多くの業界で重用されており、その潜在的な需要は測り知れません。

 

高まり続けるニーズ、枯渇する資源。

近年、よく聞く図式ではありますが、備長炭を取り囲む事情においてもこのような事実があるということを、より多くの皆さまに知って頂ければと思っております。

 

最後に。

ここまで、炭の持つ力などに関してお伝えしてまいりましたが、炭が直接的に症状を癒すわけではありません。

あくまでも体の異常を修復するのは私たちの自然治癒力である、という事実は改めて意識しておきたい所です。

 

現代社会では、様々な物質(化学物質や有害重金属etc)が体内に滞留することにより、自然治癒力がうまく働けない状態となっている方が多いと思われます。

炭は、そんな私たちの生体内活動をサポートしてくれる、最適なパートナーだと言えます。

 

毒素の排出を促すことにより、本来の力を取り戻すことができる。

これこそが「炭が体に有益である」根本のメカニズムだと言えるでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放