ストレスに対処する                      西村 昭彦


ストレスとは元々物理や機械工学の領域の言葉で、外部からの力によって生じる「ひずみ」という意味です。

. 

 ヒトは『交感神経』と『副交感神経』の二つの神経系統が互いに調和を保つことで身体の安定性を支え、生物にとって最も都合のよい安定性を「ホメオスタシス」という言葉で表現しました。

.

『私たちの身体は日々さまざまな刺激に曝されています。この外部からの刺激を「ストレッサー」、そしてストレッサーによって引き起こされる生体の反応が「ストレス」です。

.

 ストレスとは「生体に生じる変化」を指すのですが、私たちはそれを引き起こす「外部からの刺激」も一般的にストレスと呼んでいます。 

.

◆ストレスの種類には

.

①物理的・化学的ストレス

暑さや寒さ、騒音や悪臭、排気ガス、有害物質、大気汚染など。

.

②生理的ストレス

病気や怪我、睡眠不足、過労、栄養不足、ウイルス感染など。

.

③心理的・社会的ストレス

職場・家庭・友人などの人間関係での葛藤や不安、仕事、経済的不安、怒り、欲求不満、恐怖、失望など。

.

◆自覚していなくてもストレスは忍び寄る

.

 現代社会はひと昔前とは比べものにならないほど便利になりましたが、その結果、人間が本来持つべき感情や感覚を保つことが難しくなっています。

 スマホによるSNSの普及により、知人とのやり取りで不快な書き込みから生じるストレス、スマホ依存症という言葉が生まれるほど長時間使用からくるストレスなど、ストレスは多様化して常に身近に忍び寄っています。

.

◆持続する過剰なストレスは重大な健康障害を招く

.

なぜストレスが病気になるのでしょうか。それはストレスによって健康を保つ仕組みが乱されるからです。ストレスは自律神経を乱し、その多くは交感神経を緊張させます。すると白血球内に活性酸素が発生し、T細胞、B細胞などの免疫細胞を機能不全状態にします。

. 

 ストレスが過剰になるとさまざまな病気を引き起こしますが、中でも過剰なストレスが長く続くとNK細胞がその機能を果たさなくなり、ガンの発症へと繋がります。

 ガンを発症した何人もの友人や知人は、全員が仕事や経済的問題で過剰なストレスを長期間抱えていました。そして抗がん剤を医師から言われるままに投与した者は全員帰らぬ人となりましたました。

.

【ストレスの解消方法】

.

◆ストレスの原因は運動不足と睡眠不足

.

 ストレスを強く感じている人の多くは「運動不足」の人たちです。現代社会は仕事や人間関係などで脳はフル回転していますが、それに比べて身体を動かすことは少なくなってきています。そのため、1日の終わりには脳には疲労がたまっているのに対し、身体は疲れていないという疲労のアンバランスが生まれます。

.

 睡眠不足は、身体も心にも疲労を蓄積させストレスにも弱くなります。ひどくなるとうつ病の直接的な原因となります。運動不足が招く疲労のアンバランス、睡眠不足がストレスに弱い体をつくってしまうのです。

.

 また、運動には「自信回復効果」もあります。これは、運動を行うことによって、満足感や達成感などの快感が得られるためです。「前よりも速く歩けるようになった」「距離が延ばせた」「体が軽くなった」など変化 を感じるようになれば、なおさら快感が得られ、自律神経のバランスも良くなるはずです。前回取り上げたウォーキングは絶好の運動だと言えます。

.

◆食生活の乱れ

.

 ストレスを引き起こす生活習慣としては食生活の乱れがあげられます。食事とストレスとはあまり関係がないように思われますが、食事の乱れによる栄養不足は脳にも影響を及ぼします。脳が栄養不足になると当然脳の働きが鈍くなりピンチに陥ります。

 このピンチを全身に知らせる信号が「気分の落ち込み」や「イライラ」といった心の症状なのです。栄養バランスの崩れが解消されなければ、ストレスから慢性の『うつ状態』に陥ってしまいます。

 

運動と食事はその気になれば殆どの人は何とかなります。

ストレスを克服するために運動や食事は出来ても、睡眠に関しては簡単にいかない人もおられると思います。睡眠が十分でなければストレスは消えるどころかよけいに増すかもしれません。自然に眠りに就くために是非とも次のことをやってみて下さい。

.

① 眠りに就く10分前には、運動やテレビ、スマホ、パソコン作業を止めてください。これらは交感神経を緊張させますので、目と心を落ち着かせて副交感神経優位にさせてからベッドに就いてください。

.

② 上を向いて横になって少し落ち着いたら次の方法で深呼吸を始めます。3ストロークありますので順に説明します。

.

 1.約5秒で鼻からゆっくりと大きく息を吸い込む。

 2.約7秒間そのまま息を止める。

 3.約8秒で口からゆっくりと息を吐く。

.

 この動作を8~10回を目途にゆっくりとしてください。秒数は自分に合わせれば良いと思います。交感神経が鎮まり副交感神経が支配してきますのでほぼ眠くなってきますし、睡眠の質も良くなります。何か悩み事があったとしてもこのことだけに集中してください。

.

 「私はこれから深い深い眠りに入る・・・」と黙想し自己暗示の効果も利用してみて下さい。気がつかないうちに意識が遠のいて眠ってるかも。

私はこの深呼吸法を10年以上前から習慣にしています。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放