サン・ゲイジング(太陽凝視)                  平沼 載彦


太陽は、太陽系の光・質量・エネルギーの99.86%を支配しています。そして、太陽の光のエネルギーは、ガイヤの全生命活動の源となります。

最近の科学では、太陽と人間の肉体、精神的な関わりについて、かなり解明されて来ています。

 

太陽が作り出す、太陽系と惑星、そして衛星との密接な関係は、太陽自体に高い次元の意識と知性がなければ成り立ちません。

また、太陽自身に生命エネルギーがなければ、地球に生命を宿す事も出来ないでしょう。

故に人類は、古代より、太陽を神と位置付けた事も理解できます。

この太陽の偉大なるロゴスを、日々私達の人生に組み込むことにより、大いなる精神的変化をもたらす事が解ってきました。

 

サン・ゲイジングは訓練です。1日に1度太陽を見つめます。

 

太陽を見つめる時間帯は、日の出から1時間以内、日没の1時間前から日没までです。

可能な限り、裸足で土の上に立って行ないます。(環境的に無理ならば仕方ないが、効果が得られるのが遅くなる)

 

初日は太陽が昇ったら、10秒間だけ太陽全体を見ます。(ただ見れば良い)

瞬きをしても構いません。

眼球を意識して固定する必要もありません。リラックスして見ること。

(特に顔の筋肉)最初の数秒間はとてもまぶしく感じるでしょう。

しかし3秒から7秒の間続けて見ていると、まぶしさは減少し、白光の円が見えるでしょう。 

 

2日目は20秒見つめます。

そして3日目は30秒というように、毎日10秒ずつ太陽を見つめる時間を増やしていきます。

(但し、自分の眼の状態と相談し、常識をもって、無理しないようにして下さい) 

 

3ヶ月経つと、太陽を約15分見つめている事になります。

太陽を15分見つめられる頃には、どのような事が生じるかと言いますと、眼球を通った太陽エネルギー、太陽光線は、網膜の後ろから脳への通路である視床下部の領域に充電されます。

 

目から入った光刺激は、

網膜から脳の視床下部にある視交叉上核(SCN)⇒視交叉上核⇒視床下部室傍核(PVR)⇒脊髄⇒上頚神経節(SCG)⇒松果体の順に伝えられる。

 

ヒラ・ラタン・マネク氏の松果体は、普通の人よりかなり大きいことが、NASAの調査で確認されているそうです。

 

この通路を通してエネルギーを受け取った脳は活性化し始めます。

脳の中にある生来のソフトウエアのようなものが動き出し、私達は変化を感じ始めるでしょう。

その変化は精神的な緊張や不安がなくなるという事です。

私達は自信を持って、人生の問題に向き合う事が出来るようになります。

精神的態度がネガティブなものではなく、ポジティブになるという事です。更に恐怖感がなくなってきます。

 

ストレスに起因するタイプの鬱や不安神経症などの精神的問題は、セロトニン分泌量の低下と深い関係があるようです。

 

脳生理学の見地から、セロトニン・トレーニングとして、目から光を入れながらのリズム運動を推奨している有田氏も、3ヶ月を一つの目安としています。

ただし有田氏は直接太陽を見ることは やめてください、と付記しています。

 

3ヶ月-6ヶ月

 

身体的な病気が治り始めます。

食べ物から合成されたエネルギーの70~80%は、脳によって緊張や心配事に費やされると云われています。

精神的な緊張が消失すると、脳は以前のようにエネルギーを使用する必要がなくなります。

サンゲイジングを継続して、精神的な緊張が減少すると、食べ物を摂取する必要性も減少するわけです。

 

太陽を30分間見つめ続けられる頃には、ゆっくりと肉体の病気から自由になっていくでしょう。

 









          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放