ケンカを防ぐ術                         長尾 周格


恋愛関係や夫婦関係においては、実に様々な問題が生じます。

上手く話し合いで解決できれば良いのですが、そこはお互い人間同士。

ついつい感情的になってしまい、ケンカに発展してしまうこともあるでしょう。

 

ケンカはお互い後味が悪く、気まずくなるもの。

そればかりか、破局や離婚にまで発展してしまうことすらあります。

でもケンカを予防する術を知っていれば、お互い仲良く過ごしていけることでしょう。

 

恋愛関係でよくあるトラブルとして、価値観の違い、金銭感覚の違い、趣味の違い、家庭環境の違い、考え方の違い、男女トラブルなどがあり、これがケンカの元となります。

夫婦関係においても、「夫が育児を手伝ってくれない」とか、「妻が家事をしてくれない」などでケンカになることってありますよね。

 

ケンカが起こる原因というのは、お互いの考え方の違いがベースにあります。

男女とも、自分は正しい、相手が間違っていると考えるから意見が対立し、ケンカとなります。

でも、相手からすれば、「お前が間違っているのに認めようとせず、正しいはずの自分を非難するなんておかしい、自分の意見は絶対に譲れない」となり、お互いに譲らないからケンカとなるのです。

 

ケンカを防ぐ術として、言葉遣いに気を付けるだとか、いったんこっちが折れて相手の怒りが収まるのを待つとか、いろいろ言われていますけど、これは全部間違いです。

というより、それでケンカが防げるなら、みんな苦労しないよって話です。

そんな話をするほど、僕は退屈な人間ではありません。

 

そもそも人間というのは、自分の考えが正しいと思っている生き物です。

自分の中に正誤の価値基準があり、善悪の価値基準があり、その基準に疑いを持っていません。

そういう生き物なのだから、そこを変えようとしてもムダ。

変えるべきは相手の価値観ではなく、発想です。

 

例えば「夫が育児を手伝ってくれない」という問題について考えてみましょう。

妻側からすれば、「夫は育児を手伝うべき(=本来あるべき正しい行為)なのに、手伝ってくれない(=やるべきことをやらない悪い奴)」と、育児の手伝いを求める自分が正しい、育児をしない夫は間違っていると考えます。

 

しかし夫側からすれば「育児は本来妻がやるべきモノ(=自分は本来育児をする義務はない)なのに、育児をしない自分が怒られる(=育児をしない自分は正当であり、それを非難する妻が間違っている)なんて理不尽だ」と考えています。

これでは一向にケンカばかりで解決しません。

 

ケンカするのはお互いに自分が正しいと考えていて、間違っている相手を変えようとする(もしくは間違いを認めさせようとする)から。

これを突き詰めて考えれば、自分が正しいという前提があるから、ケンカになるのです。

 

ケンカの相談だって、第三者に自分がいかに正しいか、相手がいかに間違っているかを理解してもらおうとしているだけ。

だからいくら相談しても、解決しないのです。僕は時間の無駄が嫌いなので、こういう考えそのものを変えるべきと提案します。

 

つまり、自分の考えは正しいとか間違っているとかではなくて、自分の(相手に対する)要求であるということ。

同様に相手が自分を非難するときは、相手が正しいか間違っているかではなくて、相手の要求にどれだけ応える用意があるか、という考えをすべきなのです。つまりは、交渉事だと考えようということ。

 

ケンカではなく交渉であるのなら、話し合いの余地はあります。

相手の非を非難するのではなく、相手にどれだけ譲歩させるか、そこに集中すべきでしょう。

育児を手伝って欲しいと妻が願うなら、手伝わないことを非難するのではなく、どのくらいのことなら手伝ってもらえるのか、粘り強く交渉すべきなのです。

 

考えてみれば、お互い人間なのですから、完璧なはずはありません。

自分だって間違うのだから、相手ばかりを非難するのはお門違いです。

そもそも絶対に正しいとか、絶対に間違っているとか、そんなに単純に物事って見れないのが普通です。

それを自分の価値判断を絶対に正しいとして譲らないからこそ、相手も譲らなくなってケンカになるのです。

 

自分の意見と相手の意見が違うのは当たりまえ。

相手を変えようとせず、相手を否定せず、相手のプライドを傷つけずに、自分の意見を聞いてもらえるように、頑張って交渉しましょう。

100%自分の意見が通らなくても、60%通れば上出来と考えることができれば、ケンカすることも無くなることでしょう。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放