クエン酸                                                                       ‎宮嵜 和美


お酢が身体に入ると、酢酸および有機酸は全てクエン酸になります。

これが、ミトコンドリアのクエン酸回路を活性化させてくれるため、細胞が活性化します。

また、そのために酵素は欠かせません。

この細胞活性により免疫力や自己治癒力が高まります。

さらに、人間の身体は全て酸化還元作用で成り立っており、その酸化が身体に良くないなら、還元させればよい。

とても単純なことです。

お酢はアルカリ食品なので、酸化したものを還元してくれます♪

 

 

『クエン酸を毎日飲む。

クエン酸は、神薬です。万能薬です。

しかし食品ですので、病気が治ると宣伝すると薬事法違反で逮捕されかねません。

しかしほとんどの病気はクエン酸を上手につかえばかなりの予防効果と治療効果があります。

殆どの病気の場合、体液は酸性になります。

これを弱アルカリ性にするものがあれば優れた治療薬になりますが、WHOに登録されている約1500の食品、薬品成分表の中で弱アルカリ性にできるのは、ただ一つクエン酸だけであります。

 

かつて、日本医師会のドンといわれたT会長の所にクエン酸の絶大な効果を、長田正松氏(国連政治文化大学名誉教授)が話しにいったところ、T会長は、クエン酸はだめだめ、もしクエン酸が世の中に広まったら、医者も病院も薬屋も廃業するしかない。

クエン酸が一番良いのはすでにはっきりと判っている、しかし安すぎて商売にならんし、第一、医者がいらなくなるので、とんでもないことだ、といったといいます。』

 

乳酸がたまって、細胞や血液・体液が酸化すると病気になります。

乳酸という毒素の蓄積が、現代病の正体です。

しかし乳酸は、水銀などの毒とは違います。

水銀などの重金属は、どうやっても毒です。

水銀は、身体の外へ排出するしかありません。

しかし現代人にとって毒である乳酸は、解毒ができます。

乳酸はミトコンドリアにとって毒であり、エネルギーの源でもあります。

乳酸を毒にしている人は、病気になります。

糖→ピルビン酸→乳酸を、エネルギーに変えている人は健康です。

乳酸をエネルギーに変えるには、条件があります。

クエン酸回路や電子伝達系で必要な栄養素や酸素を、充分に揃える必要があります。

クエン酸回路で主要な働きをする代表格が、ビタミンB1とクエン酸です。

 

クエン酸は酢・梅干し・トマト・レモン・グレープフルーツなどに含まれています。

昔から疲労時にはクエン酸、と言われています。

エネルギー不足や、身体が酸性に傾くと、人は疲労し、病気になります。

クエン酸は、クエン酸回路を回すのに役立つ最も重要な物質です。

クエン酸は酸性ですが、糖→乳酸の代謝を促進するので、血液・体液をアルカリ側に傾けます。

乳酸によって人体は酸化しているので、乳酸をエネルギーに変えて消去してくれる物質は、人体のアルカリ化に貢献するのです。

乳酸を消去すれば、身体は自然にアルカリ寄りになるのです。

その最右翼が、クエン酸なのです。

 

クエン酸が広まると、多くの医者・病院・薬屋が廃業する。

クエン酸が一番良いのは判っているが、医者がいらなくなるのはけしからん!

クズの中のクズです。

多くの医者が失業するという、どうでもいいような小さい問題を取り上げて、多くの人たちが病気で苦しむ事態を巻き起こし続けるとは!

自分たちさえ良ければそれでいい、というクズ医者の醜いエゴが、多くの人たちを犠牲にしています。

その考えがエスカレートして、ワクチンや健康診断で、積極的に病人を増やす悪事まで働くようになっています。

 

ミトコンドリアのクエン酸回路や電子伝達系を、正常に動かせば病気は治ります。

それにはクエン酸・ビタミンB1・ビタミンC・コエンザイムQ10などが、重要な働きをします。

もちろん他のビタミン・ビタミン様物質・ミネラル・アミノ酸なども重要です。

クエン酸は、最も重要なミトコンドリア賦活剤の1つです。

クエン酸回路の大エースであるクエン酸を、酢や梅干し、トマトなどで摂りましょう。

ニンニクなどに含まれるアリチアミン(活性持続型ビタミンB1)と一緒であれば、更に良いようです。

長田正松氏によれば、クエン酸に重曹を添加したクエン酸ソーダ注射で、様々な病気が治るようです。

秋谷七郎博士や今村昌一博士が発表しましたが、他の医者から徹底的に無視されたようです。

 



クエン酸                        Mrs.GAGA


クエン酸のもつ最大の効果。それは、やはり。抗酸化にあるといえます。

特に、がん予防。

 

クエン酸を摂取したら、胃までは、酸として働きます。腸で中和されてクエン酸ソーダとなり、腸から吸収され、血流に乗って、全身に流れます。

そうして各細胞に届きます。細胞では、毎日毎日、休みなくエネルギー産生が行われています。このミトコンドリア。これが、最大のエネルギー産生工場なんですね

ミトコンドリアのなかでは、たんぱく質、脂質、糖質は、まず肝臓で、体で使われやすい形に変えられます。

そして、細胞に取り込まれ、ミトコンドリアがそれをまた、細かく分解して、栄養素をエネルギーにしています。ミトコンドリアが担当している、エネルギー産生のしくみを、クエン酸回路といいます。サイクルが、クエン酸から始まるからです。

 

クエン酸が足りないと、このサイクルは上手く廻りませんから、適切な量をプラスしてあげることは、とてもエネルギー産生が活発化するのです。

だから、クエン酸摂取は、エネルギー産生を活発化するために、とても有効。それとは別の話で、エネルギー産生にはもう一つ、別のパターンがありす。こちらは、細胞質が担当しているといってよいと思います。細胞質が担当しているのは、『解糖系』です。

 

解糖系とは、肝臓が代謝し、使われやすい形に変えられた栄養素。グルコースを、下記のように、細かく分解して、ピルビン酸にまで、変化させます。この分解→エネルギー産生の過程で、『乳酸』という老廃物が生まれる。

さて、このピルビン酸ですが、アセチルCoAに変換されると、クエン酸回路にのることができます。

ここがポイントで、ピルビン酸がアセチルCoAに変換されるためには、酵素が必要で、

この酵素が働くためには、ビタミンB1で出来ている補酵素が必要です。

 

糖質制限しても、ビタミンBがたりなければ、エネルギー産生も頭打ちです。

酸素が十分にあることも必要です。細胞に十分、酸素が届くこと、つまり、血流がよいことも重要なんですね。クエン酸摂取は、ここにも貢献します。

 

エネルギー産生は、ダブルパワーです。クエン酸回路と、解糖系の、ダブルパワーです。

ダブルパワーといっても、クエン酸回路は高分解と言われるのに対し、解糖系は低分解と言われていることからもわかるように、クエン酸回路では、ブドウ糖1分子で、36ATP産生できれのに対し、解糖系では、2ATPしか産生できていません。

 

しかも解糖系は、老廃物として、乳酸を作ります。だから、エネルギー産生は、クエン酸回路をぐるぐる、優勢に回したほうが随分とお得なんです。

 

クエン酸回路をぐるぐる、優勢にまわし、解糖系の分解を穏やかにしたら、体の中に、老廃物である乳酸はたまりにくいです。

この乳酸を溜めない、という視点が、がん予防にはとても重要です。

 

身体の中で、有害な活性酸素ができるのは、人間が呼吸している限り、どんなに避けたくても避けられません。

それは不可避な現象だとして、人間は、この活性酸素と戦う。つまり、抗酸化。これにいかにして取り組むか。

これが、あらゆる病気予防のキーポイントになります。

なかでも、エネルギー産生は、生きる為にはこれまた、絶対に必要な活動ですから、

そのエネルギー産生に伴い、老廃物としてできる『乳酸』と呼ばれる、有害な酸化物質。

この発生を抑える。すなわち、解糖系を、穏やかにする視点が、新しいがん細胞を作り出すことを防ぐ。=がん予防に繋がるということ。

 

◉クエン酸回路を円滑化する

◉細胞の抗酸化を促進する

◉血流をよくする

◉疲労物質(乳酸たんぱく質)を分解する

◉pHを改善して、血流をよくする

◉むくみの改善

◉肩こり、筋肉痛、腰痛、筋肉のこわばりを改善する

◉腸ぜんどうを改善、便秘を改善する

◉腸内の悪玉菌を殺菌する

◉痛風の改善

◉過酸化脂質の生成を抑制

◉糖代謝、糖尿病改善

◉金属ミネラルのキレート作用で吸収アップ

◉二日酔い、乗り物酔いの改善

◉日焼けのダメージを軽減 

◉肌をなめらかに保つ

◉新陳代謝アップ

◉腎臓機能のアップ

◉肝臓機能のアップ

◉胃酸の分泌を活発化

◉美白 乾燥予防

◉肝臓での脂肪代謝を高める

◉白血球の働きを活発化

 

 

<クエン酸 使い方>

3本指で、軽くひとつまみ。これで、2gくらい。1日だとティースプーン1杯。これで、5g。

 

クエン酸の飲み方は、少量の重曹との混合です。

私はクエン酸水は薄くてもすっぱいので苦手。そしてクエン酸を溶かすのも面倒 。カプセルやオブラートを利用するのも面倒。クエン酸を飲んだ後は重曹うがいをしたいので、重曹は準備。

そこで、コップの水にクエン酸2g程度を入れてから重曹0.3~0.4g程度追加。混ぜなくてもシュワーと泡立って、かな~り解けてくれます。

これなら炭酸の爽快さで酸っぱいと思わずにゴクゴク飲めます。飲み終わったら、重曹水を作ってうがいをして終了。

 



酢・クエン酸                                         Kouhara Kumiko


クエン酸で、ガン・糖尿病・骨粗鬆症・リウマチ・膠原病・アトピーなどが治る。

それは様々な難病が、乳酸アシドーシスというガン体質が原因だからです。

 

クエン酸が糖・ピルビン酸・乳酸の代謝を促進して、乳酸を消去する物質だからです。

乳酸を消去してくれる物質や治療法が、万病を治します。 これが病気の本質、治療の本質です。

 

真実を見えにくくさせるために、病気産業は様々なウソやデタラメを織り交ぜているのです。

シンプルに現実を見つめ、ターゲットを乳酸に絞れば、真実が見えてきます。

 

乳酸を含む様々な有害物質(毒)がたまると、ミトコンドリアは活動できなくなります。

◇水銀の蓄積→ミトコンドリア機能不全→乳酸の蓄積

放射性物質の蓄積→ミトコンドリア機能不全→乳酸の蓄積

乳酸の蓄積→ミトコンドリア機能不全→更なる乳酸の蓄積

どんな毒がたまっても、最後は乳酸の蓄積になります。

 

乳酸の蓄積による人体の酸化で、止めを刺されるのです。

被曝対策や水銀対策はもちろん重要ですが、2次被害の乳酸の蓄積を阻止すれば、致命傷にはなりにくいのです。

 

毒の蓄積が病気の根本原因であり、毒だと思われていない乳酸が大量にたまれば、人体は酸化して大変なことになるのです。

 

ビタミン・ミネラル・クエン酸などで乳酸を解毒すれば、病気は治るし悪化が防げます。

 

クエン酸は、口から吸収するよりも皮膚からの吸収率の方が良いと研究が進められています。

飲むクエン酸から、体に触れるクエン酸を使って、上手に血流を改善してくださいね。

 



クエン酸ががんに効く!                       Yoshiko


医食同源をテーマにがんに効くのではという食品を調べていくと、よくクエン酸と重曹に辿り着きます。

私が自然療法を学ぶ「X‐POWER」で仙人さんが「腎臓&肝臓デトックス」として紹介されている「レモン&ライム水」を検証します。

 

まずクエン酸について調べてみました。

クエン酸(citric acid)の化学式はC6H8O7で弱酸性、示性式 C(OH)(CH2COOH)2COOH で柑橘類などに含まれる有機化合物であり、ヒドロキシ酸のひとつ」だそうです。

 

クエン酸の代表である柑橘類の他、いちごやパイナップルなどの果物類、ローズヒップやハイビスカスなどのハーブ類、酢や梅干しに多く含まれます。

 

ちなみに1日の目安摂取量は2~5g、これをじゃがいもデンプン由来の科学精製されたものでなく食物から取ろうとすると…

 

なんとクエン酸を豊富に含む食品第1位がレモン(1個あたり約4g)、そしてライム(1個あたり約2g)です!

※どちらも100gあたりの含有量6g。

これを果物から摂ると、1日の目安分量5gを摂取するためにレモン、ライム各1個を絞ることになります。

 

どちらも免疫力を高め、消化を促進し、デトックス(解毒)効果も高いようです。

 

『Purge du Foie et de la Vesicule』にも、腎臓を助ける食べ物として、「レモンジュース」と書いてあります。

 

朝一番に生水500mlと一緒に飲めば、腎臓デトックスになるだけでなく、体液を弱酸性へと導き、自己免疫力を高めることで、毎日どの人にも細胞分裂の過程で一定量出来ているがん細胞を確実に死滅させることに繋がります。

 

これががん予防の基本の考え方です。

 

レモンは酸っぱいので、「胃が痛くなる」という人もいます。

確かにレモンの果汁は酸性ですが、実は身体の中で消化された後、体内でアルカリ性の働きをする「アルカリ性食品」です。

最近の医学界では、「酸性、アルカリ性なんて考え方、古いんじゃね」という意見が占めているようです。

 

ちなみにクエン酸が属するヒドロキシ酸(hydroxy acid)は、有機生体内に広く分布し、

化学構造式-OHを持つヒドロキシ基を持つカルボン酸の総称で、ヒドロキシカルボン酸、 オキシ酸、アルコール酸と呼ばれる場合もあるそうです。

 

クエン酸<カルボン酸<ヒドロキシ酸なので、「ヒドロキシ基」を調べてみると…

やっぱり有機電子論=物理にたどり着きます。

 

がん羅患率は今で2人に1人、将来は3人に2人と言われているらしいですが、がんは常にできては自然に消えるものという考え方や、身体ががん細胞をつくることで、血液を浄化しようとしている自浄作用という考え方もあります。

 



クエン酸健康法


お金もほとんどといってもよいほどかからず、大変安くできて、しかも老若男女を問わず赤ちゃんからお年寄りまで、誰にでも簡単にできる健康維持、増進法です。

 

健康はお金で買うものではないと思っているからです。

なぜなら、「大いなる存在」が、私たちが生きていくために必要な食べものや、また体調が悪くなったときに回復させる植物(野草)や鉱物(ミネラル)などの必要なものを全て、この世界に用意してくれていると考えているからです。

 

さらに言えば、年間40兆円にも迫る医療費の差し迫った急務の問題は、食料やエネルギー問題と並び大変重要ですが、一人ひとりが「人間だから病気になるのが当たり前」、「年をとったら老化のため病弱になり、病院にかかるのは仕方がない」などと、とんでもない大間違いの“病気呪縛”から解放されて、自分の健康は自分で守るというように意識を変えて、意識を高めていかない限り、この医療費の問題は改善されないと思います。

 

ある方が、「健康こそ最大の社会貢献」と言われていますが、私も全く同感です。

 

これからお話する「クエン酸健康法」は、その医療費問題を解決し、また真に健康になるための素晴らしい可能性を秘めた自然療法の一つに数え挙げられるといってもよいと思います。

まさに人智をはるかに超越した「天の配剤」、「天からの贈り物」と言えると思います。

 

さて、クエン酸健康法ですが、クエン酸とは皆さんがご存知の通り、梅干やレモン、酢などに含まれているもので「すっぱい酸味の元」のことです。

またクエン酸には、結晶クエン酸と無水クエン酸の2種類があり、結晶クエン酸は水分を微量含むため硬くなることがありますので、水分を全く含まない無水クエン酸(粉末)をおすすめします。

 

クエン酸は飲み物をはじめ、料理、美容、入浴剤、清掃などにさまざまに利用でき、安全面で大変優れていますので、安心してご使用できます。

 

また、クエン酸の価格ですが、ネットで少し調べたところ、品質がよくて一番安いと思われる無水クエン酸(粉末)は、1kg ¥750(税・送料込)からありました。

この無水クエン酸は食品用(食品添加物)で、純度99,5%以上というものです。

 

 

 

クエン酸内服こそ治療の原点である          斎木良郎医師

 

1. 長田正松先生との出会い

私は4年前にNTTを退職しましたが、退職する3年前に偶然の機会に長田先生の『酢は神様です』という本にめぐり合い、クエン酸で多くの人が難病を克服されていることに深い感銘を受けました。

 

2. クエン酸内服は正しい療法

それで私自身、長田先生のところからクエン酸を購入し、患者に無料で飲ませました。

飲んだ人はみな全員、非常に体の調子が良くなりました。

クエン酸療法を知った後はクエン酸のとりこになりまして、退職直後に長田先生より、ベターライフクラブの嘱託医となって欲しいと頼まれたときも二つ返事で引き受けました。

 

考えてみると、クエン酸に出会ったことは私にとって一大転機でありました。

今まで当たり前と考えていたことが、そう考えるのが間違いであることを教えられました。

例えば、老齢者は病気がちで当たり前、それが治らないのも自然の摂理であり、やむを得ないことと最初から諦めていたことなどです。

 

そして、クエン酸内服療法という全く思いもかけなかった新しい療法で、治療の道が開けてきたことは実に素晴らしいことと本当に有り難く思います。

 

そして、この7年間に体験したこと、勉強によって得たこと、多くの体験談を聞かせて頂いたことなどにより、クエン酸はなぜ効くのか、病気とはどうしておきるのか、クエン酸はどのように飲んだらよいのかということが自分なりにわかってきたように感じています。

 

3. 病気の原因は酸性体質にある

病気は無数にあり、その一つひとつについてもそれぞれ原因があります。

また、その原因の一つひとつについてそれぞれ原因があります。

そのようにして、原因についての原因がずっとつながりますが、クエン酸を飲むことによって全ての病状が改善されるということは、全ての原因も一つの大きな原因から始まっていると考えられます。

 

そしてその原因は、酸性体質にあると私は考えます。

正常の体質はアルカリ性です。その正常のアルカリ性を酸性に変えるものは疲れです。

従って、「疲れは万病の元」ということは真理であると私は考えます。

 

疲れとは細胞にゴミが溜まること

人間は毎日生きるために活動しますが、そのエネルギーは体内でクエン酸サイクルでつくられます。エネルギーはこれからだけしかつくられません。

労働が激しいほど、このサイクルは激しく回転します。そして次から次へと代謝を繰り返しながら最終的に焦性ブドウ酸となり、それがオキザロ酢酸に取り入れられ、クエン酸サイクルに入りエネルギーをつくります。

 

ここで注意すべきは、焦性ブドウ酸になるまでは酸素が無くてもかまわないのですが、焦性ブドウ酸がオキザロ酢酸に取り込まれるためには酸素とビタミンB1が必要で、特に酸素が必要です。

 

労働しているときはクエン酸サイクルが激しく回転しますが、酸素の供給が間に合わない場合があります。すると、焦性ブドウ酸はオキザロ酢酸に取り込まれないでL乳酸となり、細胞内に溜まります。

 

これが次から次へと溜まっていきます。これが疲れとなって現れます。

 

L乳酸とD乳酸の違い

一般でいう乳酸はD乳酸と言いまして、L乳酸とは成分は同じですが構造は少し違います。

それで働きも全く違います。

L乳酸は別名肉乳酸と言いまして、D乳酸とは全く別のものと考えてください。

 

クエン酸サイクルがゴミ掃除をする

疲れとは、体の細胞にゴミが溜まっているよという、体からの警告と考えてください。

それで休息をとりますと、クエン酸サイクルはゴミ掃除にとりかかります。

 

休息していると酸素の供給も充分なので、オキザロ酢酸は焦性ブドウ酸を取り込みます→すると溜まっていたL乳酸が焦性ブドウ酸になります→それがまたオキザロ酢酸に取り込まれ、クエン酸となってクエン酸サイクルを回しながら燃やされます→こうして次から次へとL乳酸は燃やされて消えていきます。そうして疲労は消えます。

 

また、細胞のほうでも溜まっているゴミを早く消すために血液の中へ排出します。

当然血液は乳酸酸性になりますが、腎臓からドンドン排泄され、こうして速やかに疲労が回復します。

 

若い人はクエン酸サイクルが勢いよく回りますし、また排泄能力も旺盛ですので疲労回復は早いのですが、高齢者や病人となるとクエン酸サイクルの勢いも弱く、従ってゴミの燃やし方もずっと少なくなります。

 

また、生活する以上、エネルギーを作らなくてはならないので、どうしてもゴミは作られるので、一方で燃やしながらまた一方で作られるということになり、なかなかゴミが減らないことになります。

また一方、排泄能力も減退していますので、血液中のL乳酸もなかなか減っていかないということになります。従って、乳酸酸性の体質の状態がずっと続くということになります。

 

4. 治療の第一歩は、傷んでいる箇所へ血液を充分補給すること

血液が乳酸で酸性に傾きますと、血液の粘性が増してきます。従って、ネバネバした血液になります。

 

こうなると、末梢血管の抵抗が多くなります。

末梢血管はようやく赤血球が1個通れるかどうかという広さしかありません。

これより細い血管は、赤血球の変形態が働いて赤血球をいろいろな形に変えて、なんとか通過していきます。

 

それが末梢血管の抵抗が多くなるとスムーズに通過ができなくなり、当然血管を通る赤血球の通過速度は遅くなります。そうすると、赤血球が組織へ与える酸素は当然充分でなくなります。従って、細胞組織への酸素供給が不十分ということになります。

 

組織への酸素の供給が不足するということは、先ほど述べたように焦性ブドウ酸がオキザロ酢酸に取り込まれないでゴミを作るということになります。

従って、ゴミの蓄積→酸性体質→血行不全→酸素供給不足→ゴミ蓄積という悪循環になるということです。酸欠→乳酸→組織の肥厚→血流障害→酸欠→病気

 

こうなると、体は常に疲れやすくなり、非常に風邪を引きやすいということになります。

つまり、抵抗力、自然治癒力が低下してきます。

こうした状態がよく続くとやがて、いろいろな咎(とが)めが出てきます。

それが病気という症状であると考えます。

 

体の調子が悪いから病院や医院で診てもらおうと感じたとき、実はこの悪循環におちいった体になっていると考えます。

ですから、治療の第一歩は、この悪循環を断ち切ることから始めるべきであり、それをしなければ治療はできないと思いますし、また効果はないと考えます。

そして現在では自分でそれをするしかありません。それがクエン酸の内服ということです。

 

クエン酸が悪循環を断ち切る

クエン酸がどうしてこの悪循環を断ち切ることができるかと言うと、まずクエン酸は胃までは酸として働きます。胃から腸へ下るときに腸から分泌される重曹で中和され、クエン酸ソーダとなって腸から体内へ吸収されます。

体内へ吸収されたクエン酸ソーダは、そのまま血流に乗って全身をめぐり、各細胞に吸収されます。

細胞に吸収されたクエン酸ソーダはただちに酸素の働きでクエン酸となり、一部はオキザロ酢酸になり、他は自動的にクエン酸サイクルを回します。

 

そしてオキザロ酢酸になったクエン酸は、焦性ブドウ酸を取り込んでクエン酸となって、クエン酸サイクルを回します。

焦性ブドウ酸が取り込まれますと、溜まっていたL乳酸の一部が焦性ブドウ酸になります。

それがまたオキザロ酢酸に取り入れられ、クエン酸となってクエン酸サイクルを回します。

こうして次から次へとL乳酸(ゴミ)はクエン酸サイクルに入って燃やされ、やがてL乳酸は消失してしまうことになります。

 

ゴミ(L乳酸)の垂れ流しがなくなれば、そのため酸性になっていた体液、血液は正常の弱アルカリ性に戻り、血液も改善されるので、酸素の供給不足も改善され、悪循環は断ち切られることになります。

 

クエン酸ソーダは輸血を可能にする

ここでもう一つ注意しなければならないのは、クエン酸ソーダについてです。

輸血は、必ずクエン酸ソーダを2ml入れます。

そうしないと、血液が凝固してしまって輸血ができません。

これにクエン酸ソーダを加えますと、血液が非常に流れやすくなり輸血が可能になります。

そのクエン酸ソーダが腸から吸収されて、血液の中に入るということは当然血液が流れやすい性状になることを意味します。

今まで乳酸酸性のためネバネバした血液が、サラサラした流れやすい血液に変わるということです。

 

血液が非常に流れやすい状態になると、この悪循環の血行不全の状態が改善されます。

そのことは組織への酸素供給不足が改善されることになり、ゴミの蓄積がずっと少なくなり、それだけゴミの燃焼が促進されます。

これをみてもわかりますが、クエン酸を飲むことはこの悪循環を断ち切ることになります。

 

悪循環を断ち切るには、2時間おきに飲む

クエン酸内服が悪循環を断ち切るのですが、その状態は2時間くらいしか続きません。

ですから1日3回の飲み方では、1日6時間だけこの悪循環を断ち切ることができますが、あとの18時間は悪循環を繰り返すことになります。

 

これを1日6回の服用にしますと12時間、8回ですと16時間(2時間ごと)悪循環を断ち切る状態が続きます。ですから当然考えられることは、悪循環を断ち切る時間が長いほど効果も大きく、かつ早く現れるということです。

事実、1回5gで1日3回服用の方法でほとんど効果が認められない人に、1回量はその半分にして、その代わり1日6回服用させることにより病状の改善をみた人はたくさんいます。

 

病状のある人は必ず、1回量は2gくらいでよいから1日6回以上飲むようにすすめています。

ときには2時間ごとに1日8~9回飲むようにすすめ、それを1ヵ月続けさせます。

1ヵ月というのは、ほとんどの人が必ずといってよいほど、病状の改善を自覚できるようになると確信しているからです。

 

5. クエン酸は弱った自然治癒力を回復させる

人間の体は、体質が正常の弱アルカリ性であるときに、最大限の働きをします。

これはまた、自然治癒力が最も強いときであることを示しています。

酸性体質で悪循環を繰り返しているときは、血液も酸素も必要なだけ供給されないので、体の細胞も本来の働きをすることができず、働き方はドンドン低下していきます。

これは自然治癒力、抵抗力の低下を意味します。

だからこそ病気という症状が現れてくるのだと考えます。

 

病気の治療は本来、自分の持っている自然治癒力が癒すものです。

医者や薬は、各自の自然治癒力が各自の病気を癒すことを手助けする役をしていると言えます。

医者の行う治療の数々はすべて、各自の自然治癒力に期待しているので、自然治癒力の無い人には手も足も出ません。

例えば、高齢者の糖尿病の人には手術をためらいますが、これは手術後の治りが悪いからです。つまり、傷口がふさがらないのです。

 

私が「クエン酸療法が治療の原点」というのは、クエン酸を飲むことによって弱った自然治癒力を回復させることができ、またそれが目的で飲むのだからです。

私は現代の医療が慢性病に手こずるのは、その基本的手段を講じないからだと考えています。

ですから皆さんはこのことをよく理解され、自分の体の中のゴミ掃除に励むよう努力してください。一生懸命ゴミ掃除さえしていれば、後はなんとかなるという気楽な気持ちを持ってよい、と考えます。

 

クエン酸は、血液の流れを良くする

要するに治療の基本は血液の流れを良くして、傷んで不調和になっている組織細胞に血液と酸素を充分に送ることであると断言できます。

 

血液が充分に供給されれば、その中に含まれる栄養や酸素も充分に供給されることになり、自然に弱った細胞も元気になります。

全身の細胞が元気になるということは、全身の細胞が与えられた任務を100%果たすことになり、それは各自の持っている自然治癒力が回復することを意味します。

この自然治癒力が病気を癒すのです。

 

そして、クエン酸療法は、クエン酸を飲むことによって全身の血流を良くし、全身の細胞のゴミ掃除をして自然治癒力を回復させ、その力で病気を癒してもらう真の「原因療法」と言えます。

 

6. クエン酸の効果的な飲み方

クエン酸の飲み方は、どのような飲み方でもかまいません。

ジュースにして甘味料を加え、美味しく飲んでも効果は全く変わりません。

飲んでいる途中で発疹が出たり、胸やけ、胃痛などを感じるようになった場合、1回量を思い切って半分またはそれ以下にして飲み続けると必ず消えます。

それから少しずつ増量していくとよいと思います。

 

胃弱の人の飲み方

胃の弱い人は、少し飲んでも胸やけ、吐き気、腹痛を感じる人が多いようですが、最初はごく少量(0,5g以下でもよい)から始め、慣れるに従って少しずつ増量していくか、あるいは溶液にしてこれに重曹を加え、酸を消して飲むと胃にやさしく飲めます。

 

重曹を入れると胃によくないのではないかと心配する方もいるようですが、この場合の重曹はクエン酸の酸を消すために全部使われてしまいますので、胃には全く影響がありません。

重曹を加えてできたものはクエン酸ソーダですが、もともとクエン酸は体内でクエン酸ソーダになるのですから、体の中でできるものを先に体外で作って飲むだけのことですから、クエン酸内服の効果は全く変わりません。

 

歯や骨が心配になる人の飲み方

クエン酸を飲むと骨がボロボロになるから飲まないほうがよいと、他人に言われることがよくあるようですが、現実に20年以上もクエン酸を飲み続けてピンピンしている人が非常にたくさんいることをみても、このことが全くウソであることがよくおわかり頂けると思います。

 

クエン酸はたしかに胃までは酸として働きますが、胃から腸へ下るときに腸から分泌される重曹で中和され、クエン酸ソーダとなって体内に吸収され、血液の中に入って体内を回り、細胞組織の中に取り込まれます。

このクエン酸ソーダはもう酸としての性質は全くないので、骨に対しても全く影響はありません。

ただ飲むときに歯についた場合、酸として働きますから、長い間歯に付着していますと歯を傷めることはありますので、この点は注意してください。水で洗い流してしまえば問題はないと思います。

 

症状別、クエン酸の飲ませ方

(1).乳幼児のアレルギーの場合

クエン酸(粉末)5gくらいを、水またはミルクに溶いて哺乳瓶に入れて、1日10回以上飲ませる。飲ませる間隔は、2時間以内とする。

 

(2).幼児のぜん息、アレルギーの場合

1日量、クエン酸(粉末)5~10gくらいを6~8回、~10回に分けて飲ませる。

学童の場合は、学校で授業の終わる度にクエン酸(粉末)を1gくらい飲ませる。中学生、高校生も同じ。

下校時は2~3時間ごとに1~2gくらい飲ませる。

 

(3).成人疾患の場合

1回クエン酸2gくらい(5gのプラスチックのスプーンで、すり切りの半分)を1日6回以上飲ませる。

できれば、初めの1ヶ月は2時間ごとに1日8~9回飲ませる。

※2gが無理ならそれ以下でも差し支えない。

 

(4).末期ガンや難病の場合

①.1時間か1時間半ごとに、1,5~2gくらいを1日13~15回、1ヶ月続けさせる。

②.15~20gを800~1,000mlの水に溶いて、1回に盃1杯くらいを1日20~30回、水やお茶代わりに飲むことを1ヶ月続けさせる。

※作った分は、その日のうちに飲み終わること。

 

病気治療のための一般的なクエン酸の飲ませ方

(1).1回2gくらいを1日6回、食後と食間、12時間

(2).1回2gくらいを1日7回、食後と食間、14時間

(3).2時間ごとに、1回1,5gくらいを1日8~9回、16~18時間

(4).1時間ごとに、1回1gくらいを1日13~15回、15~17時間

(5).30分ごとに、1回0,5gくらいを1日26~30回、15~17時間

※理由、クエン酸が体内で働く時間が長いほど効果も大きく現れるため。

但し、1回2gにこだわることはない。自分の飲める量で差し支えない。

                 

①.慣れれば自然と1回量を増やしていける。

②.飲み方はどのような飲み方でも差し支えない。また、効果も変わらない。

③.途中で発疹、胸やけ、胃痛などの症状が出た場合、ただちに1回量を半分またはそれ以下にする。但し、回数は変えない。

④.重症ほど回数を多くする。

⑤.一般的には(1)(2)を使用、ときには(3)の場合もある。

⑥.クエン酸2gとは、(粉末で)5gのプラスチックのスプーンですり切りの半分。

 

7. 急性・慢性の病気でも良い結果が出る

クエン酸を飲用すると、急性の患者にはすぐ効果が出ると思いますが、慢性の病気の場合は、自然治癒力を回復させ、悪化していく軌道を修正させるためには、それなりの長期にわたって飲む必要があるように思われます。

この場合、初めは効果はあまり目立たないかも知れませんが、次第にはっきりとした効果が必ず現れてくるように感じています。

 

肝臓病の患者が、クエン酸を2年にわたり飲んでいますが、最初は自覚症状の改善以外、あまりきわ立った効果は見られませんでしたが、2年後の現在では、今までカサカサしていた顔の皮膚にツヤツヤした光沢が出てきました。

 

7年間にわたる患者への使用経験から、クエン酸を理解して途中で止めずに飲用して頂ければ、必ず良い結果が得られると確信していますので、どうか皆さんも、けっしてあきらめずに飲み続けられるようおすすめします。

 

8. 糖尿病はクエン酸の内服で改善される

糖尿病の原因としては、当然すい臓で作られるインシュリンの不足が考えられます。

細胞にインシュリン受容体という一種の扉がついていて、この扉を通ってブドウ糖は体内にエネルギー源として取り入れられますが、この扉を通過するのにインシュリンの力が必要です。

 

すなわち、インシュリンがこの扉に「戸を開けてくれ」と合図すると扉が開いて、インシュリンとブドウ糖が細胞内に入ることができます。

もしこの扉がゴミがいっぱい詰まって、合図しても開けてくれない場合には、ブドウ糖は細胞内に入ることができず、血液の中でグルグル全身を回るしかありません。

こういう細胞が多くなると、必然的に血糖値が上がるしかありません。

 

実はこうして血糖値の上昇する例は、中高年の糖尿病の90%以上だそうです。

そしてこれは、クエン酸内服によって非常に良く改善されます。

もちろん、クエン酸内服によって、すい臓でのインシュリン製造能力が上昇することも充分考えられますが、糖尿病と言われた人がクエン酸内服によって非常に短期間に症状の改善を自覚できるということは、やはり中高年の糖尿病はインシュリン受容体の故障によるものが圧倒的に多く、その故障はクエン酸によって速やかに改善されるものと考えてよいと思います。

 

9. 高血圧の人はクエン酸でゴミ掃除をする

人間は加齢とともに高血圧になりやすい傾向にあります。

皆さんの中でも高血圧症に悩んでいる方も多いと思います。

しかし、考えてみれば、高血圧とは体を維持するための体の反応の症状だと言えると思います。

体内の状態が血圧を上昇して、すなわちポンプの力を上げて血液を体内の各細胞に送り届けなければならない状態になっているということです。

何らかの原因があって血圧を上げざるを得ない状態になっているということです。

ですから、高血圧の状態を引き起こしている原因を除去するのが、治療の第一歩であると私は考えます。

従って、それをしないでただ単に血圧が高いという症状を抑えるということは対症療法であって、けっして原因療法にはなり得ません。

 

高血圧の原因としては、(1)血管の状態 (2)血液の性状が考えられます。

つまり、血液の流れにくい状態になっているということです。

 

ここで血圧について説明しますと、最高血圧は心臓のポンプとしての働きを示し、最低血圧は末梢血管の抵抗を示しています。

つまり、最低血圧が高いということは、末梢血管を血液が通りにくいということを示しています。動脈硬化症がその例です。

最高血圧が高く、最低血圧が正常範囲という症状は、末梢血管よりもっと太い血管の抵抗が大きいということ。すなわち、通りにくくなっていることを示しています。

そこを通れば、抹消血管はスムーズに血液が流れるので、最低血圧は上昇しないのです。

この症状に対しては、血管拡張剤がよく効きます。

しかし、薬が良く効くといってもやはり対症療法であることは変わりません。

原因療法とはけっしてなり得ないと私は考えます。

 

高血圧の原因療法とは・・・

①血管内や血管壁に溜まっているゴミ掃除をして血管を軟らかく、かつ血液の流れやすい状態にすること。

②細胞内のゴミを掃除して、血液の性状を流れやすい性状に変えることにつきると思います。

そして、この仕事をクエン酸は全部してくれるというので、クエン酸療法は原因療法であると私は言い切れるのです。

 

10. クエン酸を日常の友として自ら健康を守る

現在の医療制度は、素晴らしい制度だと思いますが、反面、高齢者を医療制度の中に安住させてしまい、積極的に自分の健康は自分で守るという意欲を失わせてしまっている点は、否定できないように思います。

老人ホームなどにおいても、70歳以上の人についてはクエン酸の飲用が極端に減少するという事実は、この現象を証明していると言えます。

 

やはり、自分の健康は自分で守り、自分の病気は自分の持っている自然治癒力が癒すのであるという真理をよく理解し、自分のことは自分の責任において処理しようと意欲を持つことが、すこやかに老いるためには絶対に必要であると私は考えます。

そして、高齢者は病弱であることが当たり前という概念を打ち破らなければならない時期にきていると思います。

 

そして、クエン酸はその概念を打ち破るための強力な武器と考えています。

クエン酸を飲んで体の中のゴミ掃除をし、血液の流れが良い状態であるように常に努力していれば、あとは体のほうで全てうまくやってくれると断言します。

 

どうぞ皆さんも、クエン酸が神薬であることを信じて、クエン酸を日常の友として皆さんの健康を守ってください。

そうすれば、すこやかに老いることも絶対に可能であると私は確信しています。

今、その道が開かれつつあることを心から信じています。

どうぞ皆さんも、クエン酸で体のゴミ掃除の効果を信じて飲み続け、すこやかに老いていって頂きたいと心から希望しています。

 

 

*斎木良郎

  内科医師。NTT関東テレコム研修センター健康管理所長。ベターライフ嘱託医。

 



クエン酸で医者いらず                                Ipei Shikama


ガンを引き起こす大きな原因は以下の5項目を含みます。

  

🍎体の酸化(免疫低下)

🍎代謝不良(体の糖化)

🍎血流不良

🍎低体温

🍎低酸素

  

クエン酸は以上の5項目をすべて改善するのでおすすめです。

  

🍎クエン酸は胃に届くまでは酸性で、十二指腸に入ると膵臓から出るアルカリ性重曹と化学反応を起こしクエン酸ソーダになり、血液をサラサラにします♬

 

🍎私たちがブドウ糖からエネルギーを体内で作る場合、ブドウ糖は細胞の中で燃焼して炭酸ガスと水に分解されます。

 

この際、燃焼不良(代謝不良)が起こると乳酸が発生して【酸化】【糖化】などガンの原因になりますが、クエン酸はそれらを防ぎます。

 

🍎クエン酸を摂ると体が弱アルカリ性になります。

ミトコンドリアも活性化され、酸素や栄養が体中に行き渡り免疫力・自然治癒力もUPします🎵

 

🍎また、クエン酸やミネラル・ビタミンを十分にとることで代謝がさらに活性して、基礎体温が上昇します。

 



クエン酸                              Mrs.GAGA


クエン酸のもつ最大の効果。それは、やはり。抗酸化にあるといえます。

 

特に、がん予防。

日本人がかかる病気でやはり、一番多いのは、なんといっても、がんです。

 

では、どうして、がん予防にクエン酸が効果的なのか。

 

がんは、1日に5000個できています

これって、急にたけのこみたいに生えてくるのではなく、もともとは正常な細胞から、がん細胞に徐々に変わるのです。

リンパ球が、新しくできた、がん細胞を攻撃してくれています。リンパ球は、大忙しですね。

 

クエン酸を摂取すると、この数が減らせる、ということですよ。

 

クエン酸を摂取したら、胃までは、酸として働きます。

腸で中和されてクエン酸ソーダとなり、腸から吸収され、血流に乗って、全身に流れます。

そうして各細胞に届きます。

細胞では、毎日毎日、休みなくエネルギー産生が行われています。

ミトコンドリア、最大のエネルギー産生工場なん