エリンギ                           ‎吉野 一道‎ 


エリンギはヨーロッパ南部や中央アジアで自生するきのこで、日本には20世紀末に台湾から伝わり、愛知県の林業センターで栽培が始まりました。

日本では、エリンギの育つエリンジウム属の植物が自生していないためか、すべてが人工栽培です。

鮮度の良いエリンギは、カサが内側にやや巻いていて、軸が太く弾力があり、きれいな白色をしています。

鮮度が落ちているものはカサの裏のヒダが変色していたり、カサに張りがありません。

 

エリンギは熱を加えても成分は失われにくいため、煮込みや揚げ物に活用できます。

長時間煮込んでも型崩れしにくいので、うまみを引き出します。

ソテーやてんぷら、鍋ものやパスタの具材等に利用されているようです。

 

①便秘解消効果

エリンギに含まれる食物繊維は、キノコの中でも特に多く、さつまいもの2倍あります。

食物繊維を豊富に含むことから、便通改善効果があります。

食物繊維は腸のぜん動運動を促し、腸の不要物を外に排出させる働きを持つからだと言われています。

 

②免疫力を高める効果

エリンギに含まれるβ-グルカンは免疫機能をつかさどるナチュラルキラー細胞・マクロファージ・白血球のT細胞・B細胞等の免疫細胞を活性化させるので、免疫力を向上させます。

免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザになりやすいだけでなく、生活習慣病を引き起こしたり、病気を長引かせます。

 

③肝障害を予防する効果

ラットにコレステロールとエリンギを与えると肝臓の脂肪沈着が抑制されました。

脂肪肝は脂肪の多い食事やアルコールの飲みすぎなどによって、肝細胞の30%以上に中性脂肪が蓄積されている状態です。

脂肪肝の状態が長く続くと、動脈硬化等の生活習慣病を引き起こす危険性がありますが、エリンギには脂肪のとりすぎによる肝障害を予防する効果を期待できます。

 

④脂肪の吸収を抑制する効果

中性脂肪は小腸でリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素によって分解され、体内に吸収されます。

従って、リパーゼの働きが弱まると中性脂肪の吸収が抑制されます。

エリンギの抽出物がリパーゼの働きを強めることが実験結果によって明らかにされています。

 

以上の効果が期待できるエリンギは以下の人たちにおすすめです。

 

 ☆便秘で悩んでいる人

 

 ☆風邪をひきやすい人

 

 ☆免疫力を向上させたい人

 

 ☆肥満を防ぎたい人

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放