インフルエンザとビタミンD                    吉冨 信長


冬になるとどうしても乾燥してきますので、私たちの粘膜組織も乾いてしまいます。

この粘膜組織には生体防御をする免疫システムが待ち構えていますが、いつも湿っている状態でないと、簡単にウイルスや病原菌が侵入してくるのです。

 

6~15歳を対象にした、インフルエンザ感染とビタミンDの関係の面白い報告があります。

6~15歳の子どもたちに12月~3月の間、毎日1,200IUのビタミンD3を投与した群と、プラセボ(偽薬)を投与した群に分けて調査しところ、ビタミンD3を投与した群の方がインフルエンザ罹患率が低かったのでした。

 

粘膜組織を正常化する代表的な栄養素はビタミンD、ビタミンA、マグネシウム、亜鉛です。

特にビタミンDは粘膜の再生や、細胞間の結合を接着させるタイトジャンクションに密接に関係しています(Tissue Barriers. 2013 Jan 1; 1(1))。

 

また、ビタミンDは感染予防の役割として、自然免疫であるマクロファージを活性化することが明らかになっています(Blood 82 : 1300-1307,1993)。

 

病原体がマクロファージにあるTLRと呼ばれる免疫スイッチを刺激すると、マクロファージ細胞内でビタミンD受容体(VDR)の発現が上昇します。

そしてこの細胞内で同時にビタミンDを活性型にし、これがVDRと結合することで抗菌活性が発揮されます。

この抗菌活性によりマクロファージは取り込んだ病原体をオートファジーによって分解するのです。

 

冬は夏に比べてどうしても肌の露出が少なく紫外線量も少ないため、ビタミンD不足・欠乏の状態になりやすくなります。

 

しかし、冬こそビタミンDを充足して、自然免疫を活性化することにより、インフルエンザなどの感染症の罹患リスクを低減させることが大切です。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放