インスリンについて                       池澤 孝夫


●「インスリン」はブドウ糖が細胞に入る時の鍵開け係

私たちは、口から摂取した食べ物を、体内で分解や吸収をして、エネルギーを生み出しています。

特に、食事中の炭水化物(ご飯やパン・めん類・砂糖など)は体内で分解されてブドウ糖になります。

そして、エネルギーのもとになるのですが、このブドウ糖を血液中から、細胞の中へ取り込むときに必要なホルモンがインスリンなのです。

 

●「インスリン抵抗性」

ブドウ糖は、ひとりでに細胞に取り込まれていくのではなく、各細胞に鍵穴のような場所があり、インスリンがその鍵を開けてくれて、はじめて細胞の中に入ることができるのです。

しかし、炭水化物を大量に食べると、膵臓は「たいへんだ」とばかりにインスリンを大量に分泌します。

このような食事が毎日続くと、インスリンの大量分泌が続くことになり、インスリンが疲れてしまい、細胞の鍵が開けることができなくなり、細胞の反応も鈍ってきます。

このように、インスリンがうまく働かなかったり、血液中の糖分をうまく取り込めなくなって、結果としてエネルギーを作り出せない状態になってしまうことを「インスリン抵抗性」と呼んでいます。

 

●「高インスリン血症」

細胞に取り込まれなかった糖は、ふたたび血液中に戻ってくると、再度チャレンジということで、またまた大量のインスリンが分泌されてしまうのです。

このように、血液中のインスリンが常に高い状態を「高インスリン血症」と呼んでいます。

 

高インスリン血症の状態が長く続くと・・・

①膵臓のインスリン分泌機能が低下、血糖値上昇⇒糖尿病へ

②遊離脂肪酸・VLDL・中性脂肪が上昇、HDLが低下⇒動脈硬化へ

③血管平滑筋細胞が増殖、血管壁が肥厚⇒動脈硬化へ

④血小板機能亢進、NO産生低下⇒高血圧へ

⑤交感神経活性亢進⇒高血圧へ

⑥遠位尿細管Na貯留亢進⇒高血圧へ

 

・・・と良いことはひとつもありません。

 

このまま治療も受けずに放置していると、網膜症、腎症、神経障害などを引き起こすようになります。

動脈硬化にかかるリスクは糖尿病でない人に比べ10倍も高いのです。

 

成人の中途失明の第1位は糖尿病性網膜症であり、人工透析患者の30%は糖尿病性腎症が占めています。

神経障害は痛みを伝える知覚神経に障害が起きて、進行すると足の切断をもしなければならないのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放