アーシングのすすめ                       吉冨 信長


裸足で外を歩くことには生物学的に重要な意味があります。

足の裏の肌が直接地面に触れることをアーシングといいます(グラウンディングとも)。

このアーシングには実は生理学的な意味があります。

アーシングによって、抗炎症効果、コルチゾール過剰の低減、睡眠の改善などが科学的に報告されています。

 

私たち現代人は靴を履いているために、地面と直接触れる機会がそうありません。

しかし、かつての人間は裸足で生活をしていました。

昼は裸足で林や砂浜を歩き、夜は地面の上にじかに寝ていたわけです。

 

これには意味があります。

地面と直接肌が接することにより、地球の表面にある負電荷を帯びた電子を吸収します。

慢性炎症や活性酸素(不対電子を持っている)を吸収した電子で中和させ、体内を正常な電気状態に維持できるのです。

 

ところが、二足歩行の人間にとって、唯一の接点であった足の裏が、現代ではゴムやプラスチックから出来ている靴により地面と遮断されてしまったのです。

たとえ、家の中で裸足になったとしても、床の木材も靴と同様に絶縁体のためほとんど効果がありません。

 

ご存じのように家電のアースも、機械の電気的なショートやショックを防ぐためのものですが、人もアーシングをすることで体内の不要な静電気を除去し、地面からの電子を吸収し、体内の電気的状態を安定させているのです。

 

アーシングとコルチゾールの関係の研究は多数あります。

一つ紹介しますと、睡眠障害や痛みそしてストレスを抱えている被験者らに、8週間アーシングを試したところコルチゾールの概日リズムが正常になったことが報告されています(J Altern Complement Med. 2004 Oct;10(5):767-76.)。

 

また、カリフォルニア大学による研究では、アーシングすることで地面から自由電子を吸収し、身体ので抗酸化作用を発揮することにより、睡眠の改善や痛みの軽減、コルチゾールの概日リズムの正常化、自律神経系を交感神経から副交感神経へのシフト、創傷治癒の促進などを科学誌『公衆衛生ジャーナル』に発表しています(J Environ Public Health. 2012;2012:291541)。

 

私も裸足で外を歩くアーシングを3年前から始め、心身ともに良好になっています。

裸足で歩くというのは、地面の自由電子の取得以外にも、足の裏を強くしたり、足の裏にある多くの神経を刺激したり、自然な歩き方ができるようにもなります。

休日や時間のある時にでも、芝生や砂浜でもいいので、ぜひこのアーシングをやってみてください。

慣れるとコンクリートの上でも走れるようになってきます。

 

ちなみに、降雪の後や降雨の後は地球の表面に負電荷の電子がたくさん供給されているという科学的事実がありますので、ぜひお試しを。

 

裸足で大地を歩くというのは、身体をより自然な電気状態に回復させ、活性酸素や炎症を抑える役割があるのです。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放