アルツハイマーにならないために                 幸せの扉


脳は鍛えればいつでも若返る!

アルツハイマー型認知症は、認知症の中で最も多く、男性よりも女性が圧倒的に多いのが特徴です。

しかも、他の認知症がほぼ横ばい状態にありながら、アルツハイマー型認知症は依然として右肩上がりで増えています。 

 

ちなみにアルツハイマー型認知症は、軽度、中度、高度の三段階に分かれていまして、高度アルツハイマー型認知症までいくと言語障害がかなり進んでしまうため、会話やコミュニケーションがとれません。 

 

高齢化が進み、高齢の夫婦二人だけで生活しているケースが増えています。

このため夫婦のどちらかがアルツハイマー型認知症を発症してしまうと、高齢者が高齢者を介護する形となってしまい、介護疲れで介護していた側の人間に先立たれてしまうケースも珍しく無い状況にあります。

 

そうならないためにも40歳を過ぎたら認知症予防が重要になるわけですが、脳老化が進むと脳の働きは悪くなりますが、ちょっとした物忘れは年齢的な問題で仕方ないと、放置してしまうケースが非常に多いです。 

 

しかし、脳というのは筋肉と同じで鍛え方によっては、今よりも脳を活性化することができます。

脳はいつでも若返るんです。もちろん年を取って定年してから何もしなければ脳の働きはあっという間に低下します。

 

しっかり脳を鍛えることで脳老化が進むのを抑えるだけでなく、より脳の働きがよくなります。

実際に70歳を過ぎてボケ防止のために取り組み始めた英語をマスターされた方が沢山います。

 

アルツハイマーになるのを避ける! 今から始める「4つの行動」 

 

1.週に3時間以上運動する 

体を動かすことは、脳に物凄くよい働きをします。

今、現在の脳に与える好影響はもちろんですが、これからの脳にもよい影響があるのです。

専門家は1回の運動で、心拍数をあげた状態をキープするために少なくとも20分は運動することを推奨しています。  

ある研究では3週間、毎日10~40分歩き続けたところ、脳の海馬(記憶や空間学習能力に関係する器官)が2%も広がっていたそうです。

これは2~4歳若返ったのと同様の効果です。 

 

2.1日10分、瞑想する 

「副腎皮質ホルモン」のひとつ、コルチゾールが多すぎると、海馬が小さくなってしまう確率が上がります。

コルチゾールはストレスがあるときに放出されるホルモン。 

コルチゾールを減らすには、瞑想がよいそうです。

方法としては、まず背筋を伸ばして、あぐらをかいて座り目を閉じます。5つ数えながらゆっくり息を吸い、5つ数えながらゆっくり息を吐き出します。これを、5回繰り返します。 

呼吸と数を数えることに集中しながら行いましょう。

1日に2回、ストレスが溜まっているときなどにはもっと多くしてもよいです。 

 

3.n-3系(オメガ系)不飽和脂肪酸を、1日1,500ミリグラム以上摂取 

魚などに多く含まれるDHAやEPAを多く食べている人は、食べていない人に比べて大きな海馬を持っているそうです。

DHAは「ドコサヘキサエン酸」の略称。青魚、まぐろやかつおに多く含まれるn-3系不飽和脂肪酸です。

EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称。 

いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれるn-3系不飽和脂肪酸のひとつです。

アルツハイマーをしっかり予防するためにも、青魚を積極的に食べましょう。 

 

4.1日、何かひとつは覚えているようにする 

脳を育てるのは、そう簡単ではありません。

脳トレのゲームを少しやったからといって、すぐに育つものではないのです。

それよりも、1日に、必ず何か1つのことを覚えるということを習慣にするのが効果的です。 

医学生が海馬のサイズを、勉強する前と後で比較したところ、勉強した後のほうが海馬は大きかったそうです。

3ヶ月かけて、ジャグリングを勉強した人は、大脳全体を薄くカバーする灰白質が広がったという研究結果もあります。 

脳は様々な刺激を好むため、人と話すことも効果があります。

そして、一石二鳥なのは語学学習や新しい資格の勉強。実生活にも役立ち、脳も育ちます。

 

 

寿命が延びているなか、アルツハイマーにかかってしまっては、人生の楽しみが減ってしまいます。

無理なく4つの行動を生活に取り入れ、今の生活にも、今後の生活にも役立てましょう。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放