アボカドで医者いらず!                    幸せの扉


1日1個のアボカドで医者いらず!  美肌、整腸作用、血行改善、心臓病、脳卒中、がん、老化予防などに効く! 

 

■ アボカドは栄養価の高い果物です! 

美容と健康に良い果物といえば「アボカド」ですよね。アボカドの独特な食感と香りが苦手とする人も少なくありませんが、アボカドを食べることによって得られるメリットは計り知れません。はきりいってアボカドを食べないのは大きな損失です。 

アボカドは、ギネスブックに認定されるほど栄養価の高い果物でして、特に良質な脂質が多く含まれています。また、カリウム、n-3系不飽和脂肪酸、ルテイン、水溶性の食物繊維など美容と健康に優れた効能・効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。

 

アボカドを習慣的に食べることによって得られる主なメリットは以下のとおりです。 

(1)血行改善

(2)生活習慣病予防(血栓症、動脈硬化、糖尿病など)

(3)むくみ予防・改善

(4)整腸作用

(5)がん予防

(6)視力回復

(7)ストレス抑制効果

(8)ダイエット効果

(9)美肌・美白効果

(10)老化予防

  

アボカドは昔から「1日1個のアボカドで医者いらず」、「森のバター」、「食べる美容液」と言われるほど優れた美容と健康効果があるので、1日1個は難しいかもしれませんが、習慣的にアボカドを食べることを強くオススメします。 

 

 

■ 喫煙者にもアボカドがよい 

アボカドは脂肪分が多いと言われますが、このほとんどがコレステロールを下げる働きを持つ不飽和脂肪酸MUFA(オレイン酸、リノール酸、リノレン酸など)で、良質の脂肪であることがわかっています。 

アメリカ心臓協会のクリス・エサ―トン氏の2015年の研究発表によれば、肥満症患者の食事に適しているだけでなく、心臓発作や脳梗塞予防にもなるのだとか。 

さらにビタミンA・C・D・Eを含み動脈硬化防止にもすぐれていて、循環器系の病気を予防できることから、喫煙者にはもってこいの食材といえます。 

そして特筆すべきは、バナナの2倍量含まれているというカリウム。 

カリウムは非常に重要な役割をもっているミネラルで、たとえばナトリウムの排出をうながしたり、高血圧を予防するだけでなく足のむくみをとってくれたり、さらに筋肉・血管を平常に保ってくれる役割を担っているのです。スポーツ選手にもうれしい食材ですね。 

 

■1日1個のアボカドで医者いらず 

そんな健康効果の高いアボカドですが、1日1個、1か月食べ続けたらどんな目にみえる効果があるのでしょうか。ハフィントンポストの記事によると、BMIの減少に大きく貢献するのだそうです。 

NCBI(国立生物工学情報センター)の調査でも、アボカドを良く食べる人ほど痩せている人が多いとの報告も出ているぐらいですから、ダイエット中には積極的に食べたい食材です。 

お腹もちが良いことももちろんですが、食物繊維が整腸作用を持つことからお肌の調子も整えてくれ、アンチエイジングにも役立ちます。 

こんなにも多くの恩恵が受けられるアボカド。個人的にも大好きなので食べはじめたところ、毎日食べるとなるとさすがにレシピが足りず、すぐに飽きてしまうのが難点だと感じました。 

しかし朝食にアボカドを食べることで適度にお腹が満たされ、疲れづらくなるだけでなく、昼にかけて急に眠くなることがなくなります。不思議なことに甘いものも食べたいとあまり思わなくなりましたし、これももしかしたらアボカドのおかげなのかもしれません。 

 

 



アボカド                            平野星良


アボカドが野菜ではなく、果物だということはご存知でしょうか。 その独特な味わいは好き嫌いがわかれるので、りんごやオレンジなどの果物ほど人気はありませんが、栄養価はとても高いのです。しかし、約16%の脂肪分を含み「森のバター」とも呼ばれる程なので、ダイエットにはよくないと思っている人が多いのも事実です。アボカドがもたらしてくれる健康への効果をご紹介します。

 

アボカドは栄養が豊富な果物

アボカドに含まれる脂肪分はみなが思うほど体に悪い物ではないということです。アボカドは、エネルギーを供給してくれ、より質の高いトレーニングをサポートしてくれることから、アスリートが食べることができるもっともよいフルーツの1つです。

アボカドは心拍数を劇的に安定させ、コレステロール値を改善してくれます。アボカドには不飽和脂肪酸、オレイン酸、そして広くω-3脂肪酸として知られるαリノレン酸が含まれています。

 

アボカドはバナナ以上に豊富なタンパク質、カリウム、亜鉛を含むため、筋肉の成長と回復を助けてくれれ、その良性な脂肪分は自然とテストステロン値を改善します。

また、必須脂肪酸とビタミンEの効果によって関節炎を軽減し、軟骨の回復を促進するのです。更に、可溶性繊維と不可溶性繊維が炭水化物の消化を遅らせ、満腹感が継続します。更に、豊富なオレイン酸が大脳を活性化させることで、それが満足感を促します。

 

豊富なカロテノイドは、免疫力を高めてくれます。またルテインと呼ばれる物質は、抗酸化剤としての役割を果たすため、目の病気の予防になります。アボカドの良い所は、生でサラダとしてや、サンドウィッチなどにして簡単に食べられるところではないでしょうか。

 

また、赤ちゃんと妊婦の両方を病気から守ってくれるため、妊婦にとってとても良い食べ物です。なぜなら、妊婦にとても重要とされている葉酸を多く含むため、サプリを飲む必要がありません。子づくりを考えている方は、アボカドをたくさん食べることで体を健康に保ち妊娠に備えましょう。

 

高いコレステロールで悩む患者の方は、アボカドを食べることで悪い低密度リポ蛋白コレステロール値を下げ、体に良い高密度リポ蛋白質コレステロール値を上げてくれます。これは、一般的になりつつある脳卒中などの心循環系の病気に間違いなく効果的です。

 

また、アボカドは肌や髪の老化を防いでくれるなどの美容効果もあります。食用としてのみでなく、フェイスマスクとして使うことで日焼けによるダメージを軽減し、しわを改善してくれます。

バターやマヨネーズの代わりとしても使えるため、ケーキやブラウニー、トースト、サラダのドレッシングなど、様々な用途があります。

更には、医療的効能もあり、精力剤や下痢止めなどの効果もあります。医療的効果を目的に使用する場合、種や葉、皮まで余すことなく使えます。赤痢を治したり、脱毛も防いでくれます。

 

種の使い道

果肉に加え、種まで食べることができます。細かく砕き、生食か調理することで、調味料として使えます。

 

アボカドに含まれるアミノ酸の大部分は種に含まれており、そのオイルがコレステロールを下げ、循環器疾患や心臓発作を防ぎます。アボカドは地球上に存在する全ての食物の中で最も可溶性繊維を多く含むということが研究によって証明されています。

また、下痢や腸の炎症を抑えてくれるというすばらしい効果もあります。いくつかの国では消化器官の炎症の治療にも使われています。

 

アボカドの種はバクテリアやウイルス性感染などの腸の潰瘍炎を防ぐフェノール類を含みます。フラボノールを防ぐため、腫瘍が大きくなることを防ぎます。また、免疫力を高めてくれるので早老などの衰弱による病気を防ぎます。

関節炎などの痛みに苦しんでいる人はアボカドを食べることでその痛みを軽減することができます。アボカドオイルは髪に輝きを与えフケをなくしてくれます。また癒し効果があり、コラーゲンを増やし、しわを防いでくれます。

 

アボカドの種をお茶にして飲むことでぜんそくを治し、穏やかになってエネルギーがでてきます。乾燥させ、すりつぶして煎ることで、サラダやシェイク、スムージーに入れたり、また少し苦みがありますが、そのままでも食べられます。

 

 

命を救う食材アボガドパワー!

 

01.食べても太らない!   満腹感を持続させる

カリフォルニア州ロマリンダ大学の公衆衛生学部で実施された研究データを紹介します。アボカドを含んだ食事をすると、アボカド抜きの食事よりも満腹感が持続することが判明。腹持ちがよく、間食を控えるのにも、日々の食卓にアボカドを取り入れることが効果的と言える結果です。

そもそも、アボカドに含まれる不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにする善玉コレステロール(HDL)を増やしてくれる、いわゆる“体にいい脂肪”。さらには、豊富な食物繊維もアボカドの代名詞。適度に食欲を抑えてくれるのも女性に人気の秘訣でしょうね。

 

02.アミノ酸18+ミネラル 分14+α  栄養素の宝庫

アボカドには、健康を維持するための栄養素がたくさん。不飽和脂肪酸だけでなく、カルシウムや亜鉛をはじめとする18種類の必須アミノ酸。さらには、14種類以上のミネラルが含まれています。これほどの栄養素がつまった果物は他にありません。ざっと書き出してみてもポリフェノール、カロテノイド、オメガ3脂肪酸、ビタミンB、C、E、K…これ以外にもまだまだ!

 

03.カラダと脳が同時に疲労回復できる

脳を活性化させるうえで必要となる栄養素が豊富なアボカド。食べ続けることで、持続的にその成分を脳へと供給していきます。

また、心臓病やがん、肥満のリスクからあなたの体を守るのに適した栄養素もたっぷり。アボカドに含まれる栄養やHDL、食物繊維などが、自然に悪玉コレステロールを低下させ、血糖を整えたり、体と脳の疲労を回復する働きがあるのです。これこそが、スーパーフードと呼ばれるゆえん。

 

04.“命を救う食材”医者にそうまで言わせるアボカドパワー

アボカドが健康に欠かせない“命をも救う食材”であるということ。アボカドを摂取することが、がん予防につながる可能性を示唆しているのです。これを実証させる効果は、オレンジやいちご、人参など、赤い色素の果物や野菜に含まれる成分、カロチンがアボカドにも含まれていて、抗酸化作用で体への吸収を促進してくれるからと、考えられています。

 

 

アボカドは、その抗酸化物質とナチュラルな脂質が、健康や美容へいくつもの効果をもたらす素晴らしい果実です。アボカドの種は様々な健康上の問題を防いでくれ、高い栄養価を持っているのです。アボカドの種に、様々な病気を予防したり治療したりするのに重要な、高い食物繊維質とアミノ酸を含むことは知られていません。

 

コレステロールをコントロールします

アボカドは血中の悪玉コレステロールを調整し、善玉コレステロールを増やす手伝いをします。しかし殆どの人が知らないのは、70%のアミノ酸は実ではなく、ほとんどいつも捨ててしまっている、素晴らしく役に立つ部分である「種」に含まれています。アボカドの種を食すことで、悪玉コレステロールを調整し、後に心疾患を予防することへ繋がります。

 

アボカドの種は、下痢や胃腸の炎症を抑える効果があります。摂取方法は、刻んだアボカドの種をカップ1杯の熱湯に入れて、15分ほど漬けて柔らかくしてから暖かいうちに食します。加えて、アボカドの種は感染症や様々な胃腸障害と闘うのを助けてくれるかもしれません。

 

アボカドの種は、運動を取り入れた健全なダイエットの補足として、脂肪の燃焼をより容易に助ける熱発生作用があります。この利点を活用するためには、カップ2杯の熱湯につぶした種を入れてお茶を作ります。これを1日3回飲みます。

 

免疫力を高めます

アボカドの種は抗炎症作用のお陰で、免疫力を強化し、感染症や呼吸器系の障害と闘います。他の利点として、関節炎や他の関節系の症状を和らげるのを助けます。

 

早期老化を防ぎます

アボカドの種は高い抗酸化作用があるため、早期老化を助けます。加えて、コラーゲンも含んでいるので、シワの出現を予防しお肌を滑らかにします。

 

白内障と防ぎます

アボカドの種は白内障を予防してくれるようです。アボカドの種から出るオイルを、朝と夜の2回、数的目に落とします。バクテリアや汚染を含まない新鮮なオイルでないといけません。

 

髪を輝かせます

アボカドの種に含まれるナチュラルオイルは、オリーブオイルエッセンスと似ています。これは美容の目的に使われています。最も大きな利点の1つとして、フケを防止して、美しく輝く髪を提供します。

 

甲状腺を助けます

ヨーロッパの医学研究によると、アボカドの種には甲状腺の問題を助ける重要な栄養素が含まれており、中でも体重過多の人には特に有益だとみなされています。

 

 

アボカドの種を食べることで得られる薬効

 

 ・抗酸化作用がある

細胞の老化を防ぎます。

 

 ・必須アミノ酸を含み、心臓・血管の病気を防ぐ

余分なコレステロールや中性脂肪を減らし、冠動脈疾患の予防に役立ちます。 

 

 ・免疫機能を向上させ、微生物・真菌・寄生虫が起こす病気に対する抵抗力を高める

痩せ効果と脂肪燃焼効果がある:自然の理により、アボガドの種には、その実が持つ脂質を燃焼させる成分がそなわっています。また、水溶性繊維も含まれていますから、腸の働きをうながし、満腹感も与えてくれます。

 

 ・収斂性がある:下痢や消化管の炎症に効きめがあります。

 ・性欲を高める成分を持つ

 ・疲労やストレスからの回復を助ける

 ・関節・筋肉の痛みを緩和する(塗り薬として)

 ・フラボノールを含むため腫瘍の増殖を抑制する

 ・癲癇(てんかん)を防ぐ

 ・ニキビやおできを乾燥させ、早く治す(塗り薬として)

 ・甲状腺機能異常を調整する

 ・コラーゲンを増やすため、お肌を若々しく保つ(食品および塗り薬として)

 ・喘息の自然療法のためのサプリメントとして役立つ

 

 

アボカドの種の食べ方

アボカドの種は苦くて渋みがありますが、これは薬用成分を含んでいるため。食用にするには、茶色い薄皮をはがしてすりおろします。すりおろしたものを、低温でキツネ色になるまでローストしてもよいでしょう。色は赤みをおびています。これを次のようにして召し上がってください。

 

 ・煎じ汁を作る

  10分間沸騰させたあと、火を止めて5分間ほど置きます。1日を通して飲みましょう。

 

 ・付け合わせにする

  サラダ・スープ・シチュー・ご飯もの・パスタなどにどうぞ。

 

 ・粉末にして保存する

  十分にローストしてから、コーヒーミルを使って粉砕します。

 

注意:アボカドはタンニンを含みますから、食べ過ぎると便秘になる可能性があります。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放