アトピーと油                           内海 聡


病気治療に油は極めて重要だと言えます。

コレステロールが悪だというのが既に嘘であり、善玉も悪玉もですし、油は我々の細胞膜、ホルモン、脳や神経細胞を作る最も重要な栄養素です。

 

よくアトピーの人は菜食玄米などに走りがちですが、失敗しているとか一時的に良くなるだけという人が多いです。

これは菜食のデトックス力は生きているものの、基本的な栄養不足を示唆します。

本物の肉、魚、卵、大豆は食べてもいいと思います。

アトピーの人は隠れ栄養失調が多く、といって化学物質過敏症でもあるので、ジビエをおススメしています。

 

ジビエにはいろいろありますが放射能を貯め込みやすいので、汚染地から離れたものがいいでしょう。

そして油の話に戻りますが、動物性の油も摂ることが重要です。

植物性の油は熱で変化しやすいので生でとることが勧められます。

よくω-3が良いとかいわれますが、人類は昔から飽和脂肪酸をとっているので、「きれいな飽和脂肪酸」を意識する必要があるでしょう。

 

魚や貝に含まれる油は積極的にとってもらいたいと思います。

乳製品はおすすめしないが、バターは料理に時として使ってもよいでしょう。

また多くの人がステロイド軟こうや薬の影響で副腎がやられているので、副腎皮質ホルモンが出るように材料を入れていく必要があります。

油だけでなく昔から皮膚によい薬草のアロエベラを、ジュースで飲むなどはお勧めです。

 

アトピーの人は小麦は合わない人が多く、腸がやられていることが多いので避けるようにしましょう。

米を食べるなら在来種の古い米で、農薬の使われてないものがいいでしょう。

最初のコシヒカリやササニシキもしくはそれ以前のものがいいと思います。

解毒は重要ですが解毒ばかりしないで、栄養と排泄の両方を意識しなければいけません。

 

当院では低温サウナやよもぎ蒸しをやっていますが、汗で出すとミネラルも出ていくので補充した方がいいでしょう。

マグネシウム、カルシウム、マンガン、鉄、亜鉛などを補いましょう。

また物質だけでは不十分であり、ストレスを避けてもアトピーは根本的に改善しません。

 

根本的な思想およびトラウマや自分を見つめ直すための、精神セッションが重要だと私は思います。

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放