らっきょう                            アヤネ アヤネ


うちの、らっきょうは、醤油、かつを粉、こんぶ粉、胡麻油、みりんを瓶に入れるだけ。

味噌と醤油少々、かつを粉、こんぶ粉、みりんでも美味しいです。

 

らっきょうの効能

血液をきれいにする

硫化アリルにはビタミンB1の吸収率を高める効果があります。

これにより血液が綺麗になり循環器系の機能が正常に働いてくれるのです。

血液がどろどろですと高血圧症、動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の原因になりますがそれを防止できます。

 

冷え症の予防

らっきょうは冷えを予防して腹痛や下痢も防止してくれる効果が期待できます。

ただ食べ過ぎると逆効果になりますのであくまでも1日4~5粒程度と食べ過ぎには要注意。

 

抗がん効果

硫化アリルすなわちフラボノイドの効果として活性酸素を除去する効果が期待できます。

ある実験結果によればらっきょうのエキスを抽出したところにんにくエキスよりも抗がん効果が強かったことが分かっています。

 

殺菌作用

アリシンという成分には殺菌効果があります。

風邪をひいて体調が悪いといったときなどにもにんにくと同様らっきょうは効果的といえるでしょう。

 

カロリー

らっきょうのカロリーは1粒あたり6kcalとものすごく低カロリーです。

毎日10個は食べ過ぎですがもし10個食べていたとしても60kcalにしかなりません。

以上のようにらっきょうについて触れてみましたが効果効能や栄養価って素晴らしいですよね。

 

らっきょうの栄養は硫化アリル、アリシンです。

これにより 殺菌、抗酸化効果でわれわれの体を発がんや菌、ウイルスから守ってくれます。

自然の硫黄をふくんでいるので、放射能の解毒効果が期待できます。

体調が悪い時は少しだけ、らっきょうを食べるのは良いですね。

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放