みかんの皮捨てないで!                    小林 くみん


わたし達にとって今や身近な存在である「生活習慣病」。

サイレントキラーでもある生活習慣病により自覚症状がないまま体内で動脈硬化が静かに、そして確実に進行し、様々な不調を引き起こす原因となります。 

「生活習慣病」が一因とされる死因トップ3、「がん」、「心臓病」、「脳卒中」。

 

これらの死亡率はとどまることなく年々上昇。「私はまだまだ大丈夫・・・。」

確かに今は大丈夫かもせれませんが、誰も5年後、10年後のあなたの健康を保証してくれる人はいません。

 

放っておくと血栓がつまり、ある日突然、心筋梗塞や脳卒中が起こる・・・。 

自分がそんな危険な状態にいることさえも気づかずに日常を過ごしている人も沢山います。 

 

欧米化された食生活、食生活の乱れやストレスの中で生活するわたし達。

ある日突然起こる脳卒中。

 

後遺症で歩けなくなる、言葉も思うように出なくなる、全ての自由を奪いとられ、寝たきりの生活を余儀なくされる。

ガンはじわじわと体を蝕み、人を人ではない姿に変えてしまいます。痛みとの戦い、薬漬けの生活・・。

 

そんな未来は私たちに起こってはいけないのです。

 

みかんの皮の知られざる効能、漢方薬としても使われるみかんの皮に秘められたパワー。

 

「生活習慣病には食生活の改善や適度な運動が大切。」

 

そう分かっていても、忙しい生活の中、一番大切であるはずの自分の健康を後回しにしていませんか。

家族のため、会社のため・・、日々の生活に追われ、その一歩を踏み出せず、何も変わらずに過ごす日々。 

 

そんな忙しいわたし達現代人の強い味方になってくれるのが、漢方薬としても使われる「みかんの皮(陳皮)」。 

普段は捨ててしまうこの皮に秘められたパワーには、ガン予防から風邪予防まで様々な効果が期待できるのです。

 

みかんの皮に豊富に含まれるβ-クリプトキサンチンがあなたを生活習慣病から守る!その効果とは

 

みかんの実に含まれているβ-クリプトキサンチン。

みかんの皮には、みかんの実の6~10倍ものβ-クリプトキサンチンが含まれています。

 

β-クリプトキサンチンの主な健康効果

・糖尿病やメタボなどの生活習慣病予防

・がんリスクを減らす

・骨粗しょう症予防(閉経後対策にも効果的)

・肝機能障害の抑制

・免疫力を高め風邪予防

・美肌効果

 

糖尿病やメタボ予防についての調査結果:

みかんを毎日3,4個食べている人は、食べていない人と比べて57%糖尿病の発症率が低く、またメタボリック・シンドロームの場合でも糖尿病の発症率は33%低かったというデータが出ています。

 

β-クリプトキサンチンにはインスリン抵抗性の改善、血糖値の安定、脂肪細胞の肥大化抑制などの効果が期待されています。

また、抗酸化作用もあり、血中の活性酸素が健常者よりも多いといわれる糖尿病患者にとって、脂肪を酸化させたり、細胞を傷ける活性酸素の除去の効果があり、病気の進行を抑える効果もあるといわれています。」

 

引用:農研機構果樹研究所

 

骨粗しょう症の予防についての調査結果:

閉経後の女性212人を対象としたに調査において、毎日4個以上食べる人は、骨粗しょう症の発症リスクが92%低いという結果がでました。

 

これは、β-クリプトキサンチンが骨吸収を抑制して骨形成を促進する働きあるためと考えられいます。

引用:(愛媛大学 教授 菅原卓也氏(みかん研究の第一人者))

 

β-クリプトキサンチンはかんきつ系の果物の皮に多く含まれる天然のカロテノイド色素(だいだい色の素)。

私たち、人間の体内ではカロテノイドを合成することは出来ず、食品として摂取しなければなりません。

 

でも、みかんを1日3,4個って・・・、糖分摂り過ぎかな?!と私は思います。

そこで活躍するのが、みかんの実の6~10倍のβ-クリプトキサンチンが含まれるみかんの皮。

 

しかも、みかんの皮にはまだまだ生活習慣病に嬉しい効果が期待できるんです。

 

みかんの実の100倍のビタミンPで生活習慣病を切る!

 

ビタミンPはポリフェノールの一種。

みかんの白いスジに多く含まれます。

血圧を下げ高血圧の予防や脳出血などの病気の予防、そして血中コレステロール値を改善するとして注目を集めています。

またビタミンPは結合組織のコラーゲンをつくるビタミンCの働きを助長するため、毛細血管を丈夫にし、さらに美肌や美白効果も期待できます。

 

 

ビタミンPの主な健康効果

・高血圧の予防

・コレステロール値を下げる

・毛細血管を強化

・壊れやすいビタミンCを守る

・アレルギーに強くなる

・血流を良くして冷えを改善

・美肌・美白効果

 

これからの季節に嬉しい。

みかんの皮に含まれるノビレチンの花粉症予防効果

 

みかんの皮に豊富に含まれるノビレチン。

愛媛大学 教授 菅原卓也氏の研究結果から、このノビレチンには花粉症を緩和する効果が期待できることが判明(ノビレチンには白血球の刺激を弱め、ヒスタミンの放出を抑える働きがあるため)。

みかんの皮には脂肪の蓄積を抑えるリモネンも豊富に含まれているので、ダイエット、メタボ予防も期待されています。

 

 

長い歴史を持つ東洋医学的でも立証済み、みかんの皮(陳皮)の威力

 

薬膳では陳皮は「気」の巡りを良くすることで重宝されています。

この陳皮、調味料の七味唐辛子にも入ってるんです。

・消化や吸収を促進し胃腸の調子を整える。

・新陳代謝を促し、デトックス効果を高める。

・風邪のひき始めに有効な成分が多く含まれる。

・体の余分な水分を出してくれるので、浮腫み予防にも効果的。

 

みかんの皮で手作り漢方薬?!

超カンタン陳皮(ちんぴ)の作り方

道具も、コツも何もいりません!

みかんの皮を適度な大きさにちぎって、乾かすだけ。

いつも捨ててしまうもので、ちょっとした工夫だけで、ヘルシーアイテムの出来上がり!

1.みかんの皮をザルや干し野菜用ネットなどに広げる。

2.日蔭の風通しのよい場所に置き、1週間から10日ほど乾燥させる。

3.カラカラに乾燥したら、密封容器に入れ保管する。

 

ポイント

・できれば無農薬のみかんの皮を使う 。

(みかんの皮はワックスや農薬が心配。

お茶にして飲んだり、お風呂に入れたりするので、できればオーガニックのものや特別栽培のものにしましょう)。

・陳皮は、古いほうが良いとされています。

できたら1年以上乾燥させてみて(湿気を吸わないよう気を付けて保管)。

 

手作り漢方薬、

かんたん陳皮(ちんぴ)の活用術

 

お茶として飲む:

みかんの皮茶の入れ方は通常のお茶と全く同じ。 

 

香りも爽やかで、気持ちも晴れやかにしてくれるみかんの皮ティー。

ミキサーにかけてみかんの皮を細かくし、他のお茶の葉と一緒に急須へ(1~2分程度蒸らす)。

普段のお茶とはちょっと違う、贅沢気分が味わえますよ。

 

みかんの皮症状別活用術

 

風邪の症状:咳・のどの痛み・しつこい痰に。

まさに漢方薬?!生姜と一緒に煎じて飲む

材料:

農薬不使用の陳皮 6g

農薬不使用の生姜のすりおろし6g

水(天然水)500cc

生蜂蜜適宜(良質のものがベター)

 

作り方:

1.陳皮、生姜のすりおろしを鍋に入れ、分量の水を注ぎ、量が半分になるまで煎じる。

2.1にはちみつを少量加え飲む(3服分)。

 

冬の間にお腹についた脂肪はみかんの皮茶で退治?!

みかんの皮に含まれるダイエット効果。

しっかり活かしたいなら、食前のみかんの皮茶。

 

カンタンみかんの皮茶の作り方:

1.乾燥したみかんの皮をミルやミキサーで粉状にします。

(すりこぎとすり鉢で細かくしてもよい)。

2.陳皮小さじ1を急須に入れ、熱湯を注ぎ3~5分蒸らすだけ(一人分)。

 

ダイエット効果促進の飲むタイミングは油を使った料理を食べる前。

空腹時の方がみかんの皮が持つ成分が効率よく使われ、脂肪分の吸収を緩やかできるそうですよ。

 

出がらしはそのまま食べられます(ハチミツやプルーンなどと混ぜると食べやすい)。

みかんの皮に豊富に含まれるビタミンPはビタミンCと同様に胃酸の分泌を促進するので、胃腸が弱い方は空腹時を避けて。

 

胃もたれ、胃炎、胃弱の症状にもみかんの皮の粉末。

カップにみかんの皮の粉末小さじ1と蜂蜜を少し入れ、お湯をそそぎ飲む。

胃が温まり、症状が和らぎます。

 

つらい冷え性にみかんの皮風呂

はじめて、手作りみかんの皮(陳皮)風呂に入ったとき、どっと疲れがでて

「オーガニックのみかんの皮をしっかり洗ったのに・・・、何か体に負担がかかるものが残留していたのかな?!」と思ったほど。

普段、お風呂は長めに入りしっかり体を温めているつもりでいたのですが、みかんの皮風呂にはかなわなかったよう。

 

その日は、ぐっすり眠れて、次の日は体がスッキリしていました。

みかんの皮風呂は体を心から温めることにより、血行を促し、冷え性、リューマチ、神経痛、肩こり、腰痛、疲労回復、風邪予防、美肌効果など、嬉しい効果が期待できます。

 

みかんの皮(陳皮)を煮だしてからお風呂に入れるのがベターですが、粉末にした陳皮をお茶パックに入れておき、お風呂を沸かすときにポンと入れるだけでもオーケー。

 

煮だす場合は陳皮(細かく刻んだもの30gほど)を布袋に入れ、1Lの水で15~20分ほど煮出し、袋ごとお風呂へ。

 

注意:みかんの皮風呂に入った直後は日光を浴びない

(こちらは精油ではなく、またかなり希釈されているので大丈夫だと思いますが、念のため)。みかんの皮は1回使用のみ。

 

あなたの毎日の小さな選択が、未来のあなたを大きく変える

 

自然からの贈り物、自然のおくすり、みかんの皮茶。 

ほんのちょっとの工夫で、今まで気にも留めていなかったものが、「体に優しいおくすり」になります。 

 

ほんのちょっとの工夫と、その積み重ね。 

不自然なものを少しずつ生活から取り除いていったら、きっと何か新しいものがみえてくるはず。 

 

「あなたの毎日の小さな選択が、未来のあなたと、そしてあなたの目に映る世界を大きく変える」 

今のあなたにできること、今日から出来ることは何ですか

 

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放