ひまし油湿布とすい臓がん


1本の電話がかかってきました。

 

「14年前に、お父さんのすい臓がんでお世話になりました、(仮)M(お母さん)です。」

 

14年前といえば、後に現在の(一財)ホリスティック・ケア財団になる『伝承健康医学研究所』の事務局長を担当していたときの話です。

まだ、鍼灸学校に通って、「中国伝統医学」を学ぶ前のことです。

 

「いずみ先生のお陰で、すい臓がんが良くなり、今度は胃がんになったので、また、『ひまし油』を分けて欲しいんです。」

 

すい臓がんの食事療法を指導して頂いていたお医者さんから、『ひまし油湿布』を勧められて、研究所に電話をしてくれた方でした。

 

僕は、新しい『遠赤外線ひまし油湿布療法』の方法を伝えました。

 

従来、行われていた「ニクロム線」による『ひまし油湿布』を改善し、オイルの分子が回転・振動する3~40μの遠赤外線の光と、『ひまし油』を組み合わせるこの方法は、体内の毒素と効率よく反応します。

 

これは、安田 吉三が故 幡井 勉先生(東邦大学医学部名誉教授)とインドのアーユルヴェーダを調査研究しているときに、治療で使われていたガンジス川の砂を調べたら、この遠赤外線の波長域が出ていることに気づきました。

 

これが、僕が臨床研究している『遠赤外線オイルテラピー』の始まりです!

 

『ひまし油湿布』を2枚作り、ひとつはすい臓に、もうひとつは右わき腹にそれぞれ湿布をします。

5日間行って、2日間休むサイクルで続けてもらい、就寝前に、EX.オリーブオイルを大さじ1杯飲用してもらいました。

もちろん、お医者さんに相談して頂きながら…

 

そして、14年経って、81歳になられたお父さんとお母さんが、今日(2018年3月16日)、僕が居る「ホリスティック・ケアセンター(杉並区上荻2-7-1)」に訪ねて来てくれました。

本人と初めて逢うことが出来ました。

 

「身体は、ひまし油湿布に遭遇した後のほうが、遭遇する前よりもいっそう良い状態になる。」

                      ウィリアム・マクギャレイ医学博士著『癒しのオイルテラピー』たま出版

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放