なぜガンは増え続けるのか                      北川 高嗣


肺がんになるので、タバコやめよ、と言われつつ多くがヤメたが減ることもなく、二人に1人になった。

(「どうせ二人に一人は癌になるのだから、  放射能など気にしなくて良い。中川恵一」 で有名になった。)

 

それが、三人に二人になりつつある。

おかしいと思わないのか?

受け入れがたいとしてもまずこれを読んでから、考え始めた方が良い。

アフラックに入る前にね。

「抗癌剤は効かない」(儲かるけどね) の次に知っておくべきこと。

癌検診は病人狩り

  ① 人間ドック

  ② 脳ドック

  ③ 癌検診

  ④ メタボ検診

  ⑤ 定期健康診断

これらを五大検診と呼びます。

 

五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。

しかし、実情は巨大医療産業の利益を守るために存在します。

五大検診ビジネスは健常人を病人に仕立てて、さらに検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠・仕掛けなのです。

 

最近、芸能人があいついで癌だと言われているそうですが、生贄にしたてあげられて見つける必要もない癌を指摘され、憐れなことこの上ありません。

 

人間ドックは日本人だけの奇習です。

人間ドック検診で最も恐ろしいのが、レントゲン検査によるX線被曝です。

放射線の一種X線には、強烈な発癌性があります。さらに催奇形性もあります。

いずれも、放射線エネルギーが遺伝子 DNA を破壊してしまうからです。

一度でもレントゲン検査を受けると、発癌リスクは高まります。

癌を防ぐための検診が、逆に癌を増やしているのです。

人間ドックは癌患者製造施設なのです。

 

定期健診には、病気を防いだり、寿命を延ばす効果はありません。

欧米では何十年も前から、健診や人間ドックをやっても、寿命が延びないどころか、縮むのではないかと指摘されています。

だから欧米では、行政も企業も定期健診などしていないのです。

定期健診は日本だけの奇習です。

日本では労働安全衛生法で雇用主に強制されており、拒否すると処罰されます。

特に怖いのが、胸部X線撮影を国家が強制している事です。

定期とは言えませんがマンモグラフィーの恐怖の検査の代表格です。

 

人間ドックなど、放射線や電磁波を浴びまくる上に、なんでも病気にされる究極の病人狩りです。

生活習慣病の基準から癌の診断から嘘っぱちばかり。

 

それ以上に最も重要なキーワードは、「早期発見早期治療」と呼ばれるものです。

この言葉は非常に聞こえがいいわけですが、これにひっかかるからこそカモになり、吸い上げられ、奴隷と化すわけです。

 

なんどもいいますが、人間ドックこそが病気を作り、医療化を作り、死人を作り、医療界と製薬業界の利益を生み出しています。

 

癌で死亡したとされる患者の約8割は、癌で亡くなっているのではありません。

彼らは癌ではなく、病院で施された癌治療の犠牲者なのです。

 

大半の患者は、癌以外の死因で亡くなっています。その多くは感染症です。

肺炎、院内感染、インフルエンザ、カンジダ菌感染症・・・ など。なぜ、大半の癌患者が感染症で命を落とすのでしょうか。

 

それは、彼らの免疫力が限りなくゼロになっているからです。

癌患者に大量投与された抗癌剤、大量照射された放射線、不要な手術による疲弊などによる副作用が原因です。

検査で見つかる癌は良性の癌もどきです。

それを抗癌剤、放射線、手術で悪性化、狂暴化させているのが、癌治療の悪魔的正体です。」

 








          たきがみ博士の想い

 

誰でも、自分の中に伝統がある。自分が経験したすべての過去の累積、それが”いま”のわたし。

過去とは思いだすこと、現在(いま)は過去の必然、そして、未来は想い、選択すること。

いまは、変えられない。

しかし、人には明日があり、未来がある。明日は、こうありたいと想いを持つことができる。

 

すてきな明日に向かって、”これからへの想い”を具体化するJourney、しっかり楽しみたいと思います。

そして、”いま、ここ”を丁寧に活きる。

みずからの人生の軌跡を、すてきな笑顔でみつめるために。

 

旬(ときめき)亭 亭主 たきがみ博士
  たきがみ博士


旬(ときめき)亭へのアクセス


 

 

 044-955-3061

 tokimeki@terra.dti.ne.jp

 

 旬(ときめき)亭 亭主  たきがみ博士



 

神奈川県川崎市麻生区

百合丘1-5-19 

   YDM百合ヶ丘ビル 5階

 



☆他人に期待すれば不満になり、

  自分を信頼すれば自信になる 

☆人間関係とは、他人を通して自分自身

  との付き合い方を学ぶ機会なり 

☆自分の短所を受け入れるとき、

  自分らしさという魅力が生まれる 

☆最も空しい人生とは、

  すべてが思い通りになる人生である 

☆幸せは得るものではなく、気付くもの


☆樹木は、上に伸びる前に下に伸びる 

☆他人との対立は、

  自分の心の中の対立に過ぎない 

☆幸せだから感謝するのではなく、

  感謝するから幸せを感じる 

☆孤独を知らなければ、

  本当の繋がりが分からない 

☆内側から生まれてくる至福は、

  失うことがない


天城流湯治法の天健躰操 【始動法】

寝る前、起きた時 3ポーズで5分間

肩こり、腰痛・しびれから解放